企業を共同体化するには?
211502 自主管理への招待(6) 実現思考とは何か
 
岡田淳三郎 ( 60代 経営 ) 09/07/25 PM07 【印刷用へ
【自主管理への招待(6)】

私たちは、こう考える。もし私たちの求めるものが、本当に現実性を持ったものであるなら、それを実現しうる対象的な構造がすでに現存のこの社会の内に実在しているはずだと。私たちが、単なる消費的な欠乏ではなく、日々の労働の疎外を問題にし続け得るとしたら、疎外を克服しうる実現の基盤は、すでに歴史的に用意されているはずだと。人は、対象とイコールに結ばれた主体としてのみ存在するのであって、決して自分だけで生きているのではなく、まして観念だけで生きているのではない。従って、欲望や願望が実現されるためには、それらとイコールに結ばれるそれらの対象が、同時に存在していなければならない。逆に、そのような実現対象が社会的に存在していないとしたら、いかなる価値も理念も決して実現されない。実現対象を獲得し得ない全ての価値意識は、非存在であるにすぎず、いずれ消え失せてしまう。逆に、打ち消し難い課題を自らの内に孕んだ主体は、その実現対象をこの社会構造の中に見出し得るはずである。

私たちは、このような実現の基盤を、採取生産から農業生産へ、農業生産から工業生産へ、そして工業生産から意識生産へと上昇してきた歴史的な生産力の発展に求める。新しい生産様式は、その生産活動に最適の新しい社会関係を求めて、古い生産に基づく社会関係を根底から揺り動かす。いま激動を伴いつつ登場してきた意識生産こそ、新たな社会を担う主要な生産力へと成長してゆく新たな生産様式であり、私たちの根底的な実現の対象である。

教育・情報・サービスの諸産業を中心とする意識生産は、その生産の対象と価値において、過去のあらゆる生産から本質的に区別される。有史以来、すべての生産の主要な対象は、物(自然)であった。それに対して、意識生産の主要な対象は、類(人間またはその関係=社会)である。つまり、従来の生産が主要には自然を対象とする物的価値の生産であるのに対して、意識生産とは、人間または社会を対象として類的価値(関係価値)を生産する活動である。

物的な価値は、専門分化され夫々に固有の領域が拡大される事によって高度化されてゆく。そこでの分化された一つ一つの労働力の内容は、相互に断絶した個々の技術・技能として歴史的に普遍化され定式化されてゆき、従ってその労働力の大部分は、機械に置き換えられてゆく。それに対して類的な価値は、はじめから諸個人を超えた相互の関係そのものの内に生じる価値であって、どこまでも総体的な社会的連関の中につながってゆく。従ってそこでは、労働力そのものの総体化あるいは根底化の程度が、そのまま高度化の程度を規定する。(例えば、教育の高度さは、教育者自身の全人間的価値の程度によって決まるのである。)つまり類的価値の生産においては、たとえどれだけ専門分化されても夫々に要求される能力の根は一つであり、誰もに普遍的に類(人間または社会)総体を対象化する能力が要求される。

それだけではない。意識生産は、工業生産から画然と区別される、一つの決定的な可能性を内包している。工業生産においては、その生産力の主要な担い手は機械であって、人間の労働力は機械の付属物であるにすぎない。実際、そこでの労働課題と労働時間は、機械装置や材料の流れによって分断され、秒刻みに規定されている。それに対して、意識生産における生産力の担い手は、生身の人間の認識と実践だけである。その生産を推進してゆく生産力を、労働力(とりわけ関係能力)として自らの内に具現した意識生産者は、もはや機械を必要とせず、従ってまたその所有者を必要としない。
それどころか、多様な自主判断の過程として日々の労働が営まれ、誰もに総体的な関係能力が要求される意識生産においては、その労働過程から関係性を剥奪して労働者を技術過程だけに閉じ込めようとする私有権力やその体制は、生産を促進するのではなくむしろ生産を妨げる余計な桎梏となる。機械によってではなく、契約をはじめとする様々な社会的関係によって規定され、従って課題そのものが流動しながら数ヶ月にわたって続いてゆくその労働過程は、労働者が自ら生産の全体を把握し、その意味を了解した上で管理してゆく方が適している。何故なら、意識生産において最も重要な生産能力=労働能力である認識能力や組織能力を高度化してゆく最高の教師は、自らの手で生産を管理しさらに会社を管理してゆく事だからである。逆にそこでは、いつも誰かに管理され、与えられた仕事しかやろうとしない古いお抱えの労働者は、もはや生産力たり得なくなる。
(※建築設計という生産活動も、その例外ではない。打ち合せから監理に至るまで、その労働は技術活動である前に、何よりも関係活動である。テクノロジーも又、非定型な社会的諸条件の中に多数の技術を総合的に適用する事である限り、そこでの技術の習得の槓桿を成すのは、社会の習得による諸関係の構成能力と統合力なのである。まして計画の生命は人間と社会の認識であり、それは「建築思想」なる思想?でお茶を濁して済ませるような安易な事柄ではない。)
 
 
  この記事は 211431 に対する返信です。
 この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_211502

 この記事に対する返信とトラックバック
生み出せる人になるために、出来ること 「男と女の職場話」 15/08/25 PM07
284659 認識能力や組織能力を高度化してゆく最高の教師は、自らの手で生産を管理しさらに会社を管理してゆくこと マリー 13/11/30 PM11
279567 自主管理の組織を実現する突破口 吉田達乃鯉 13/07/26 AM00
257685 工業製品の生産を担うにも意識生産と同じ体制や仕組みが必要な時代 本田真吾 11/10/14 PM07
自主管理への招待(6) 実現思考とは何か 「感謝の心を育むには」 11/01/30 AM03
いい男への道 〜喜んでもらうための実現思考の組み立て方〜 「これからは共同体の時代」 10/10/29 AM01
238588 人と人との関係価値(類的価値)の生産 三池晴与 10/09/28 AM09
238116 今後いかにして世に広めるか 深井崇光 10/09/19 AM02
238026 対象目線と主体目線、そしてその正確さ 梅原雄介 10/09/17 PM04
237693 「現実」の中に必ず可能性がある! rino 10/09/11 PM05
237585 対象=主体 安原絵梨 10/09/09 PM10
236994 実現するための基盤、構造を追及する=実現思考 DODO1 10/08/29 PM10
236928 国家、宗教という「打ち消し難い」課題 K.G 10/08/28 PM07
232223 実現基盤は欠乏と同時に既に在る! 谷光美紀 10/05/26 AM00
227838 自主管理の実現基盤と共同体企業 汚れなき男 10/03/08 AM00
227633 課題意識を持ち続けること 石橋創 10/03/05 AM08
自主管理への招待(6)〜実現思考とは何か〜 「金貸しは、国家を相手に金を貸す」 10/03/02 PM09
226000 実現基盤が歴史的に用意されているとはどういうことか? mosimobox 10/02/06 PM10
225996 人の力それ自体が生産力になれる時代 とも 10/02/06 PM10
225614 【図解】自主管理への招待(6)生産力の担い手は生身の人間の認識と実践 KOU 10/02/02 AM00
222600 【幹図解】自主管理への招待(6) 実現思考とは何か 山名宏明 09/12/24 PM07
222550 欠乏と実現思考の関係 一力広明 09/12/23 PM10
222517 「実現思考」は可能性を感じ、可能性に向かう思考 コスモス 09/12/23 PM06
222481 【図解】自主管理への招待(6) 実現思考とは何か 大脇正嗣 09/12/23 AM05
222325 【図解】自主管理への招待(6)実現思考とは何か 福田尚正 09/12/20 PM06
222315 意識生産に生産様式が変わった今、経営者の視点を持つことが重要! 末廣大地 09/12/20 PM03
221365 【図解】自主管理への招待(6) 実現思考とは何か(労働の解放に向けて) 田中直人 09/12/06 PM00
220118 「主体の転換」という実現可能性 匿名希望 09/11/20 AM11
219263 【図解】自主管理への招待(6)実現思考とは何か 土屋範明 09/11/09 AM00
219203 『賃金奴隷の解放』が日本社会の重要課題 太刀川省治 09/11/08 AM10
219193 【図解】自主管理への招待(6) 実現思考とは何か ケリ太 09/11/08 AM03
218106 工業生産〜意識生産(農業は?) アグリマン 09/10/25 PM08
218081 ’70年貧困の消滅は、全ての産業にとって、物的生産から意識生産への転換の分岐点だった! 09/10/25 PM01
218075 意識生産の時代、成果とは「応望性や実現力」。自主管理とは、意識転換そのもの。 西田美和 09/10/25 AM10
「自主管理への招待」6〜実現思考とは何か 「これからは共同体の時代」 09/10/25 AM03
218041 農の未来は明るい∩^ω^∩♪ カナ 09/10/24 PM10
217796 ディスカウント(安売り)は不況に対する答えでは無い 匿名希望 09/10/21 PM10
217294 過去も現代も課題は同じ 加賀野宏 09/10/15 PM10
216525 【図解】自主管理への招待(6) 実現思考とは何か マフラーの似合う猫 09/10/05 PM07
216084 意識生産への期待 嶋崎あゆみ 09/09/29 PM10
216057 実現基盤について 従野貴博 09/09/29 PM05
215311 工業生産の下でしか成立しない「労働」と「賃金」 小暮 勇午 09/09/18 PM01
215066 「類的存在」ってなに? 匿名希望 09/09/15 PM06
215062 歴史構造を学ぶことは実現思考への導きの糸になる 柳瀬尚弘 09/09/15 PM05
215059 自主管理への招待を勉強して チクワ 09/09/15 PM05
214593 生み出すということ 埜中賢悟 09/09/08 PM11
214229 人間そのものが生産力になる時代だから、活力をもって活動すること自体も意識生産になり得る 矢野悟 09/09/03 PM09
213082 物的生産から意識生産時代への変化により技術追求の意味は大きく変わった 大嶋洋一 09/08/17 PM11
211797 「労働疎外」という言葉が風化していく 竹村誠一 09/07/30 AM00
211583 自主管理への招待(7) 労働の解放のために:自主管理の原則 岡田淳三郎 09/07/26 PM07
シリーズ【「自主管理への招待」を学ぶ 】 〜第1弾 意識生産・類的価値とは〜 「路上で世直し なんで屋【関西】」 09/07/26 AM00

  [戻る]  


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、42年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp