日本人と縄文体質
208446 日本人は”単一民族” 共認内容が「民族」を規定する
 
小暮 勇午 ( 31 路上人 ) 09/06/08 PM11 【印刷用へ
206596 路上でも「日本人の起源と可能性」が求められている1
----------------------------------------------
日本人って、縄文人も弥生人も大陸の地殻変動や気候変動に伴って日本へ流入してきた人々なんです。そして支配階級と呼ばれる人たちも、徐福伝説に代表される南方からやってきた没落貴族と、騎馬民族征服説に代表される北方から流入してきた没落貴族です。日本は単一民族というのは間違いで、実はものすごく雑多な民族が混血して出来上がっている民族なんですよ
----------------------------------------------

日本人は「単一民族ではない」のか?

確かに、混血している=多様なDNAが混ざっているという点には疑う余地がない。ユーラシア大陸からの多様なDNAが混ざり合い、”日本人”のDNAを構成している。(西日本出身部族と朝鮮半島出身部族のDNAはかなり近いことが確認されている。)

ところで、人間の意識は本能機能、共認機能、観念機能の三層構造となっており、動物時代に獲得した本能機能、サル時代に獲得した共認機能、初期人類が獲得した観念機能それぞれが、現在形においてその全てが作動している。その中でも、初期人類が著しく進化させた共認機能、そしてその土台に上に獲得した観念機能が、本能以上に人のあり様を規定している。

この観念機能(特に言葉)は、サルが頼りにする表情や身振りによる共認よりも、遥かに多様で容易な共認を可能にし、共認内容の無限の組み替えを可能にしてきた。我々が「文化」と呼んでいるものも、民族毎の「共認内容」のことを指している。共認内容が民族を規定しているのであって、本能(=DNA配列)が民族を作っている訳ではない。
(歴史を振り返れば、DNAだけに着目した”民族論”が、優生学が生み出し、ナチスドイツに代表される”民族衛生””絶滅政策”へと繋がっていった。)

日本民族内には多様なDNAが存在しているが、日本に根付いている共認内容は他国とは違う固有のものであり、日本民族共通の基盤として持っているものである。そうである限り、日本民族はやはり「単一民族」であると言うべきだろう。
 
 
  この記事は 206596 に対する返信です。
 この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_208446

 この記事に対する返信とトラックバック
日本人の起源を探る 6 〜日本列島ではなぜ多様な人種が存続したのか 「共同体社会と人類婚姻史」 11/04/13 AM00
アイヌは縄文人の末裔か?(4)〜「東北蝦夷とアイヌ人の関係を見る」 「縄文と古代文明を探求しよう!」 09/12/13 AM03
215479 日本を読み解くキーワード、<女性><太陽><大地> 斎藤幸雄 09/09/20 PM07
日本人形成のシナリオ〜研究の進捗状況 「共同体社会と人類婚姻史」 09/07/05 PM09
弥生時代の争いは「戦争」であると言えるのか? 「縄文と古代文明を探求しよう!」 09/06/15 PM07
208561 みんな一緒⇒闘える民族になるには? 金木洋平 09/06/10 PM11
208549 日本には、なぜ本源性の強い共認内容が根強く残っていたのか? ぴのこ 09/06/10 PM08
208548 「みんないっしょ」 匿名希望 09/06/10 PM08
208467 日本と韓国朝鮮の同一性と差異1 山澤貴志 09/06/09 PM00

  [戻る]  


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp