法曹・官憲・役人こそ、社会閉塞の黒幕
204143 「東大出身者は逮捕されない」の神話
 
猛獣王S ( 30代 営業 ) 09/04/11 PM09 【印刷用へ
『「東大出身者は逮捕されない」の神話、本当に崩れたのか』(ゲンダイネット)リンクより転載します
----------------------------------------------------------------
またひとり、犯罪者が「赤門」から輩出された。都内温泉施設で、財布と高級腕時計を盗んで逮捕された元財務官僚で東洋大教授の高橋洋一(53)。霞が関埋蔵金の存在を指摘して話題を呼んだ“異色官僚”である。

高橋は78年に東大理学部を卒業後、再び東大経済学部に進学。80年に卒業し、旧大蔵省に入省した変わり種だったが、今世紀に入ってからというもの東大卒エリートの犯罪がやたら目立つ。

04年に手鏡で女子高生のスカート内をのぞき、06年には電車内で女子高生の下半身を触って再び逮捕された経済学者の植草一秀(48=83年経卒)。06年に証取法違反で相次いで逮捕された堀江貴文(36)は文学部中退組だが、“モノ言う株主”の村上世彰(49=83年法卒)は元通産省キャリアだ。同年には汚職事件で、前福島県知事の佐藤栄佐久(69=63年法卒)も塀に落ちた。

政財界の東大出身者は何をやっても逮捕されないという“神話”も崩れてきた。良くも悪くも国家の命運を担ってきた東大出身者のレベルが劣化しているのだろうか。

東大OB(85年医卒)で、精神科医の和田秀樹氏は「うがった見方かもしれませんが……」と前置きした上で、こう分析した。

「気がかりなのは、逮捕者に“お上の方針”に逆らった人物が多いこと。いざ逮捕されると、明らかな捜査当局のリーク情報が洪水のようにあふれ、世間に“アイツならやりかねない”とレッテルを張られたのも共通項。彼らが冤罪(えんざい)とは思いませんが、権力サイドの異端者を拒むムードを感じるのも事実です。東大出身者が多くを占める霞が関の“論理”を踏み外せば、同じ東大卒といえども許さない。歪んだ排他主義が強化されているようで、私もいつ自分が逮捕されてもおかしくはない、と恐ろしくなります」

ただ、別表のように当局に逮捕された最近の国会議員は東大以外。政界だけはまだ“例外”がまかり通っているようだ。

【2001年以降の国会議員逮捕】
◇村上正邦/拓殖大(政経)/01年/KSD事件
◇小山孝雄/山形大(文理)/01年/KSD事件
◇鈴木宗男/拓殖大(政経)/02年/あっせん収賄
◇坂井隆憲/早大(政経) /03年/裏金・詐欺
◇近藤 浩/米国大(中退)/03年/選挙違反
◇新井正則/日大(文理) /03年/選挙違反
◇辻元清美/早大(教育) /03年/秘書給与詐欺
◇中西一善/早大(政経) /05年/強制わいせつ
◇西村真悟/京大(法)  /05年/弁護士法違反
----------------------------------------------------------------
 
 
  この記事は 202865 に対する返信です。
 この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_204143

 この記事に対する返信とトラックバック
230597 昭和30年以降に逮捕された衆議院議員25名のうち東大卒はゼロ 猛獣王S 10/04/24 AM08

  [戻る]  


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp