思考革命:問題意識発から可能性発へ
203222 日本人の可能性 共同性の差がもたらす東洋・西洋の観念体系の違い
 
小暮 勇午 ( 31 路上人 ) 09/03/31 AM01 【印刷用へ
西洋人/東洋人(その中でも日本人)の民族性の違いは、人間の本性である共同性がどれくらい残っているかによって規定されています。(『人類の本性は共同性にある』128695 128696
東洋であれ西洋であれ、始原人類はこの共同性を育みながら、共認充足を最大の活力源として何とか生き残ってきた存在です。

約5000年前にイラン高原で勃発した人類最初の略奪戦争は、玉突き的に東西に伝播していきますが、皆殺しが常態となっていった西洋に比して、東洋は支配・服属という形が主流となります。特に、日本列島では、大規模な略奪戦争は発生せず、中国大陸の負け組みが渡来人として定着していきました。
この大規模な略奪戦争の有無によって、西洋人、東洋人、日本人、それぞれの共同性に大きな差が生まれ、民族性の違いを生んでいます。つまり、皆殺しにまで発展した戦争を経験した西洋人は周囲に対する警戒心が高まり共同性が失われ、そのような戦争を経験していない日本人は警戒心がそれほど高まることなく共同性が保持されています。

この「共同性」が影響を与えるのは、何も人間関係だけではありません。共同性の根本にある自分と相手を同一視する機能は、観念機能のあり方にも大きな影響を与えます。(対象物である自然との同一視を通じて作り上げられた日本の観念体系と、自然を警戒すべきもの→征服すべきものとして捉えて作り上げられた西洋の観念体系)

この観念のあり方の違いが、その後の文化・芸術の発展過程をも分けていきます。日本では、できるだけ主観や自身の感情を排して対象をありのままに描写する方向で文化・芸術が発展していきますが、西洋では自身の感情を(大げさに)描写する方向で発展していきます。(日本の浮世絵⇔西洋の宗教画/日本の俳句⇔西洋の叙情詩)

1970年前後、ヨーロッパ(特にフランス)において、西洋の(主観的な)言葉・観念のあり方が大きく見直される中、最終的に注目されたのは「俳句」でした。俳句では自然への描写を重んじるだけでなく、先人たちが築き上げた「型」に当てはめることによって、言葉の使い方にまで人間の主観的な要素が入り込まないようにしている様式です。(そして、今ではフランスの中学・高校で「俳句」が教えられています)

自然への同一視、共同性が残っていたため、ここまで人間の主観を排除し続ける観念体系を築きあげることができたのでしょう。このような観念機能のあり方(頭の使い方)によって、現実を直視し続け、その本質をつかみ出すことができると考えています。
 
 
 
 この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_203222

 この記事に対する返信とトラックバック
262917 モノの背後に精霊を見る 櫻井悠 12/04/11 PM01
日本人に可能性はあるのか? 「日本を守るのに右も左もない」 10/10/08 AM02
シリーズ「私婚関係から私権の共認へ−Vol.2」 〜実現論 第二部:私権時代より−?〜  「共同体社会と人類婚姻史」 10/07/15 PM10
日本人の可能性? 〜共同性の差がもたらす東洋・西洋の観念体系の違い〜 「共同体社会と人類婚姻史」 10/07/10 AM10
234367 言語による支配と劣化、そこからの脱出。 火中の栗 10/07/08 PM05
234338 西洋で発展した叙情詩等 向芳孝 10/07/07 PM07
217649 類い稀なる縄文人的精神基盤 彗星 09/10/20 AM00
217617 西洋人は警戒心が先に立つから、人との関係は神様を介して考える。 熊谷順治 09/10/19 PM04
縄文から流れる日本人の本源性の中身とは?− 「縄文と古代文明を探求しよう!」 09/10/17 AM04
217346 日本と西洋の庭園の違いは観念に規定されてたんだ! 匿名希望 09/10/16 PM00
井上清氏の縄文史観〜縄文時代って何? 「縄文と古代文明を探求しよう!」 09/08/30 AM00
井上清氏の縄文史観〜縄文時代って何? 「縄文と古代文明を探求しよう!」 09/08/30 AM00
日本の「人間依存性」、西洋の「人間非依存性」 「共同体社会と人類婚姻史」 09/08/17 PM10
【日本人の可能性】投稿の紹介 「ブログ de なんで屋 @東京」 09/08/11 AM03
206050 日本のことをさらに深く研究すべき時代 ジャック・ダニエル 09/05/08 PM00
204571 だからこそ日本人は可能性収束が早い 鈴木康夫 09/04/17 PM00
古代史を研究する意味 「縄文と古代文明を探求しよう!」 09/04/15 PM04
古代史を研究する意味 「縄文と古代文明を探求しよう!」 09/04/15 PM04
「生卵」を通じて感じた日本人のすごさ 「毎日のありがとう☆.。.:*・゜」 09/04/13 PM11
日本の朝鮮支配の背後で儲けていたのは英米勢 「日本を守るのに右も左もない」 09/04/11 PM09
203765 俳句の可能性について 鈴元仁 09/04/07 AM08
『圓山花宴曲』 「SUZUMOTO HITOSHI'S BLOG」 09/04/07 AM07
203531 国際社会は戦場だ!(1/2) 丸一浩 09/04/04 AM01
203430 東洋と西洋1 因果律で出来事の全てを説明できる訳ではない 小暮 勇午 09/04/02 PM08
203421 西洋の激烈な競争社会 岸良造 09/04/02 PM07
203403 「型」の意味 匿名希望 09/04/02 PM02
203354 東洋と西洋における自然観:「うまれてある」と「つくられてある」の大きな違い@ Mr.Crowley 09/04/01 PM09
203320 「和」の精神(1)〜生命と宇宙の法則〜 復讐の叫び 09/04/01 PM00
婚姻史シリーズ(29)〜村内婚と村外婚〜 「感謝の心を育むには」 09/03/31 AM01

  [戻る]  


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp