食糧危機は来るのか?
202615 農林中金問題の考察の行き着くところは「食料問題」A〜農林中金の今後の損失予想と農業の混乱
 
猛獣王S ( 30代 営業 ) 09/03/21 PM06 【印刷用へ
202614の続きです。
『農中問題の考察も、行き着くところは「食料問題」』(相場のネタ&儲けのタネ)リンクより転載します。
----------------------------------------------------------------
W < 農林中金の今後の損失予想 >

@.ABS(資産担保証券)2兆8805億円……おそらく90%は損失
A.RMBS(住宅ローン担保証券)7554億円……おそらく70%は損失
B.CMBS(商業用モーゲージ担保証券)6701億円……おそらく90%は損失(下落は始まったばかり)
C.CDO(債務担保証券)2兆4416億円……おそらく100%損失
D.その他752億円……中身分からず不明
E.GSE債券 3兆4568億円……米政府次第、不明
上記のほか、国内債券や内外株式の評価損も加わる!

X < なにが起こる? >

・農中の破綻=公的資金の注入=国債発行増加による国内財政の悪化
・傘下の農協の経営悪化を通じた農業の混乱=農作物の減少
・国内金融機関が持つ証券化商品総額は9月末で「22兆円」であり、問題は農林中金にとどまらない(図)
・2008年9月時点での金融機関の実現損と評価損の合計は「3兆2730億円」しかなく、同じく70%損失で計算すると約15兆円の損失が隠されている
・ナンピン買いが続かなくなった現在、3月末に向け「減損」が迫るため、金融機関の損失の拡大が起こり、国内金融機関が溶ける
・「証券化商品」の元、米不動産価格は上昇するか? 否、サブプライムどころかプライムローンもデフォルト上昇に加え、商業用不動産の下落が激しくなっており、その評価損額はこれからもっと増える
・国内金融機関の状況も、「時間とともに悪化」すると考えられる

Y < 注意すべきことは? >

・「金融不安」は「通貨不安」に……金融不安を押さえ込むための「公的資金注入」や景気回復のための「財政政策」はともに「国債の増発」と「通貨増刷」を通じて「通貨不安」を呼ぶ
・「通貨不安」は「食料不安」に……決済機能をもつ通貨に不安が走ると「貿易が滞り」、物資の輸入が停滞するため「食糧事情が悪化」し、「食料不安」が起こる
・鳥インフルエンザ問題も「食料不安」に……人や物資を運ぶ人が、鳥インフルエンザを広めるが、その人達は「流通を支配」する人達であり、鳥インフルエンザの広がりに「スーパーの店頭から商品が消える」
・農林中金の破綻・完全国営化が拍車……農協、信連、農林中金というJAグループの金融構造が、最終的には、農業経営者の経営悪化をもたらし、結果として「農作物の減少」を招く
・世界で起こっている金融恐慌も、国内金融機関の経営悪化問題も、鳥インフルエンザ問題も、行き着くところは「食料問題」であり、ここから半年以内に「食料の確保」を図ることが重要!
----------------------------------------------------------------
 
 
  この記事は 202614 に対する返信です。
 この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_202615

 この記事に対する返信とトラックバック
214527 銀行基礎信用力「C+」の農林中央金庫が経営危機!? 猛獣王S 09/09/07 PM09
206017 農林中金:経常赤字5千億〜6千億円規模 過去最大 村上祥典 09/05/07 PM10
202626 揺らぐ「農林系統金融システム」〜農林中金によるアジア最大の巨額損失で日本の農業や漁業に大打撃 猛獣王S 09/03/21 PM08

  [戻る]  


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp