否定脳(旧観念)からの脱却
20055 社会運動の自己欺瞞
 
四方勢至 ( 老年 編集 ) 02/01/05 PM05 【印刷用へ
3.近代の社会運動
近世・近代に至って市場拡大という現実(自我・私益の拡大)の可能性が開かれると、現実否定の感応観念の内部に自我・私益が取り込まれ、倒錯観念は自我・私益を正当化した欺瞞観念(恋愛・人間・自由・個人etc)に姿を変えた。とりわけ、「権利」とはただ要求することを正当化した架空観念である。
しかし、近代思想家は古代宗教家と同じく、現実そのもの(=自我・私益・力そのもの)を直視しようとはしなかった。なぜなら、それらの都合の悪い本質部分は、あくまで否定すべきものとして捨象したからである。そして、開かれた現実の可能性を、欺瞞観念(恋愛・人間・自由etc)の実現の可能性だと都合良く錯覚した。これは、明らかに「現実」のスリ代えである。
しかし、(スリ代えられたものであっても)「現実」の可能性が開かれた以上、その出口を塞いでいる身分制度を解体すれば、「当然」新しい社会を実現することも可能に見える。こうして、社会運動が登場した。

●しかし、都合の悪い現実を捨象している限り、意識と存在が断絶した自己欺瞞の運動になることは、古代の思想運動と変わらない。(注:半ば現実に開かれているが故に、その欺瞞性がより強く意識される)

●また、都合の悪い現実を捨象している限り、現実から乖離した思想(or社会)が実現される事は有り得ない。

●社会変革と云いながら、社会の構造については(あるべき社会の空想図以外)殆ど何も考えていない(注:これも古代以来の現実否定⇒現実捨象の倒錯思考の故である)。
そこにあるのは、単に自らの欺瞞観念の出口を塞いでいる身分制度や資本制度を破壊せよという要求だけである。つまり、単に自分に都合の良い要求をつきつけることを、「社会を変えよう」という言葉にスリ代えただけである。

●つまり、「社会変革」という言葉それ自体が、欺瞞観念なのである。だからこそ、人々は「社会運動」の奥に、何かしらいかがわしさを嗅ぎ取ってきたのであろう。又、だからこそ、「社会変革」の旗の下には、壮士〜活動家に至るまで、(ごく少数の例外を除いて)自己欺瞞の強い不満分子しか集まらなかったのである。(注:この点は、現在、ネット上で社会系サイトに発信している者たちも、大半が同根である。)
 
 
 
 この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_20055

 この記事に対する返信とトラックバック
251524 より良い社会とは? むむむ 11/05/16 PM11
251521 原発や放射能が危険なのは、もう皆わかっている。「これからどうする」という可能性に皆の意識は向かっている 匿名希望 11/05/16 PM10
251017 みんなで「現実直視」は可能性! 田中絵梨奈 11/05/07 PM10
239641 社会運動の自己欺瞞 【幹図解】 塩貝弘一郎 10/10/20 AM11
【シリーズ:新しい認識だけが、現実を変えていく】(3)〜社会運動の総括1 現実否定の自己欺瞞〜 「金貸しは、国家を相手に金を貸す」 10/10/20 AM02
235906 現実逃避に終わってはいけない 小走 可成 10/08/10 PM00
235670 欺瞞観念は結果としてではなく、意図的に作られた 西村典綱 10/08/05 AM00
235646 社会運動に可能性を感じないワケ 加賀野宏 10/08/04 PM01
234121 【幹図解】社会運動の自己欺瞞 平野令 10/07/03 PM05
234107 現実を対象化してこそ実現できる 匿名希望 10/07/03 AM09
『次代を担う、エネルギー・資源』 環境問題・新エネルギーをめぐる観念パラダイムの逆転? 「地球と気象・地震を考える」 10/06/11 PM11
224876 社会正義も欺瞞観念 志水満 10/01/22 PM10
223645 【図解】社会運動の総括1,2 磯貝朋広 10/01/07 PM07
223640 そもそも変える意思がない「社会運動」 あわわ 10/01/07 PM05
218018 「倒錯観念⇒欺瞞観念」の本質 匿名希望☆ 09/10/24 PM08
217823 自己欺瞞の社会運動に取って代わったのが現在のマスコミである。 志水満 09/10/22 AM09
217794 根底的パラダイム転換下での突破口は、男原理だけでは見出せない 越見源 09/10/21 PM09
217776 すり替えはもはや不可能? 匿名希望 09/10/21 PM06
217715 「開かれた現実の可能性」と、「現実のすり替え」 Rivet16 09/10/20 PM10
216466 みんなの意見を聞くことが、こんなにも自分の思考を整理できるとは、、 中村淳子 09/10/04 PM09
213500 “本音の付き合い”から、“答えの付き合い”へ 西知子 09/08/24 AM08
213489 「社会変革」という言葉それ自体が、欺瞞観念 たっぴ 09/08/23 PM10
209522 近代200年間、市場だけでなく観念さえも金貸したちに支配されてきた 09/06/25 PM07
208532 【図解】社会運動の自己欺瞞 09/06/10 PM03
205013 社会運動は近いうちに消滅? 天心 09/04/23 PM06
203548 現実も自己も欺瞞だらけで社会変革はありえない 山田徹 09/04/04 AM09
201179 社会変革に期待しても無駄 高橋幸香 09/03/01 PM11
201169 自由と言う言葉=欺瞞観念の本質を見極める時が来た 宮本昇 09/03/01 PM10
200835 【図解】社会運動の総括1・2 社会変革は自己欺瞞 松下晃典 09/02/26 PM03
199779 現実直視しないともったいない! 鈴木康仁 09/02/15 PM00
199719 商品ストーリー=付加価値 百姓百輝 09/02/14 PM08
199712 「社会運動の自己欺瞞」の共認形成が重要 匿名希望 09/02/14 PM06
199367 誰が悪い→自分に何ができるか 孫市 09/02/09 PM10
199276 倒錯観念と欺瞞観念の違い。 09/02/08 PM05
195502 現実とは人々の潜在思念が土台であり、それに応える観念、制度、運動が現実を構成する。 Rivet16 08/12/22 PM07
190549 欺瞞観念に引力があるのはなんで? 加藤弘行 08/10/24 PM05
190525 胡散臭く感じてしまう「社会活動」 高橋智彦 08/10/24 AM09
190364 「自由」「人権」「平等」「民主主義」などを訴える集団は胡散臭い 道楽 08/10/22 PM02
189553 「社会変革」から「新しい社会を創ろう!」への認識転換 松本幸二 08/10/12 PM06
189227 社会を変えるエネルギーがまだ感じられない magarimame 08/10/08 PM08
189002 可能性収束のすごさ 山本豊 08/10/05 PM09
188997 メーデーから感じたこと 八代至誠 08/10/05 PM08
188996 金融破綻で、スリ代えの化けの皮が剥がれた。 中村英起 08/10/05 PM08
188993 【幹図解】現実否定の自己欺瞞+社会運動の自己欺瞞 コスモス 08/10/05 PM07
188991 都合の悪い本質部分が先に揺らぎはじめ消えてゆく わっと 08/10/05 PM07
185750 不全発では破壊を招く 匿名希望 08/09/15 PM05
184775 【図解】社会運動の自己欺瞞 北村圭太郎 08/09/05 AM03
184723 「リサイクル」は偽の社会運動の典型! 松本浩徳 08/09/04 PM05
183144 古代の思想運動と近代の社会運動の違いとは 土屋範明 08/08/12 AM10
181331 有史以来、真の社会運動は存在したのであろうか? 和田哲郎 08/07/16 AM02
178336 権利の必要のない社会 千葉裕樹 08/06/04 AM09
177685 気持ちの持ち方が、大事。 西村登志子 08/05/28 PM01
177629 社会運動では何も変わらない りん 08/05/27 PM10
177591 社会運動とは 山田哲也 08/05/27 PM03
177027 みんなが「現実を直視する」、「構造化する力を身につける」ことが大事 せんべい汁 08/05/21 PM00
177021 「ただの要求」を正当化した観念=「権利」 おおさかじょん 08/05/21 AM11
176938 「社会変革」・・・の前に、ほしいのは「納得」である。 キン肉バスター改 08/05/20 PM00
176883 【図解】社会運動の自己欺瞞〜近代の社会運動〜 川上真奈美 08/05/19 PM09
176429 【図解】社会運動の自己欺瞞 中野雅之 08/05/14 PM09
お題が熱い!! 臨時大阪駅前交差点・天神橋筋商店街露店 「なんで屋GEOGRAPHIC 2008」 08/04/19 PM00
173195 【幹図解】社会運動の自己欺瞞 宮本昇 08/03/29 PM04
173172 見極める目 スガイク 08/03/29 AM03
170747 ず〜っと自らを欺いていたんだ! かおり♪ 08/02/12 PM07
170193 社会運動は実現されたことがない 松井英仁 08/02/02 PM00
167407 私権時代の歴史は断絶の歴史。来る本源時代は、統合の歴史。 彗星 07/12/19 PM09
166891 意識の乖離は大きくなっている ギニュー特戦隊 07/12/11 PM10
166885 諸悪の元凶はやはり支配階級の観念支配にある パンダマン 07/12/11 PM09
166765 近代欺瞞観念の誕生 渡辺卓郎 07/12/09 PM02
166756 欺瞞観念を隠れ蓑につくられたマネーシステム バスケットマン 07/12/09 AM11
166603 悪い現実=活力! 山田翔吾 07/12/06 PM10
166551 「社会変革」という欺瞞観念 こうた 07/12/05 PM11
166535 社会変革・・・その言葉自体が欺瞞観念という構造 彗星 07/12/05 PM08
164236 社会運動=要求運動 星埜洋 07/10/27 PM05
164057 「100人の地球村」に見る現実のスリ代え 坂本日出夫 07/10/24 PM06
164053 欺瞞観念の終焉 岸良造 07/10/24 PM05
164045 欺瞞観念でつくられたアメリカという社会 野田雄二 07/10/24 PM01
164032 個人消費の押さえ込みは環境改善の切り札 今井勝行 07/10/24 AM02
161790 環境系社会運動の欺瞞性 一力広明 07/09/21 PM09
161760 身分の逆転が起こっている?! のんた 07/09/21 PM01
160859 「社会変革」ではなく「認識変革」 HAYABUSA 07/09/09 AM05
160848 【図解】社会運動の総括2 社会運動の自己欺瞞 浅見昌良 07/09/09 AM00
160845 人々の認識が変わって社会が本当に変わる 新川啓一 07/09/08 PM11
156804 社会運動が欺瞞である根拠 だるま 07/07/14 AM01
156708 観念発で生まれた社会運動 前上英二 07/07/12 PM09
155713 社会構造を追及せずして社会変革を叫ぶ資格は無い 衛藤信義 07/06/30 PM03
155359 社会変革って格好よく聞こえるけど自己正当化にすぎない 池田有希 07/06/27 AM03
155353 先日のサロンでの気づき 長畑園子 07/06/27 AM01
155285 【図解】社会運動の自己欺瞞 07/06/26 PM00
155265 旧い社会運動は最早一部の人の保身運動でしかなくなっている 柳瀬尚弘 07/06/25 PM11
152827 マスコミは「事実」よりも「思い込み観念」 匿名希望 07/05/27 PM09
152088 「要求の正当性」から「みんなが必要とすることを実現する」へ転換する時代 斎藤一浩 07/05/19 PM11
149474 倒錯観念・欺瞞観念 2U 07/04/15 PM04
149468 私権獲得の勝ち組は現実否定している。 STP 07/04/15 PM02
146802 社会運動が創りだしたもの マー 07/03/09 PM07
145367 倒錯観念と欺瞞観念 胡麻とOFF 07/02/19 PM11
144428 「なんで?」なしの要求運動 匿名希望 07/02/08 PM10
144426 【図解】社会運動の総括2 社会運動の自己欺瞞 大嶋洋一 07/02/08 PM10
144407 政治家に「潮目」はつかめない 田中直人 07/02/08 PM07
143765 自己欺瞞に陥らないために 大西敏博 07/01/31 AM08
141980 意識と存在を繋げる言葉が本源規範 デラウェア 07/01/10 PM11
140317 なぜ自我・私益を正当化するの? 宮崎未帆 06/12/16 PM04
140049 人はパンのみにて生きるにあらず 玉川泰行 06/12/13 PM10
140036 大衆は社会運動の正体を分かっている ケリ太 06/12/13 PM08
139992 近代思想の全面否定 鈴木龍也 06/12/13 PM00
139949 【図解】社会運動の自己欺瞞 鈴木隆史 06/12/13 AM00
137408 納得:社会変革の胡散臭さ シャコンヌ 06/11/14 PM02
137406 【図解】社会運動の総括2 社会運動の自己欺瞞 ふるてぃ 06/11/14 PM01
135931 社会運動は、要求主義者を生み出してきただけ 樫村志穂美 06/10/29 PM11
135913 近代思想は欺瞞の立体構造 鈴木康夫 06/10/29 PM08
135363 【図解】社会運動の自己欺瞞 中野優 06/10/24 PM09
135361 観念と現実の差 匿名希望 06/10/24 PM08
135359 現実を直視する 32 06/10/24 PM08
135329 思考停止の正体は、自己矛盾 ジャック・ダニエル 06/10/24 AM10
135211 略奪闘争の再現を巧みに覆い隠した欺瞞観念 永峰正規 06/10/23 AM00
134571 今の社会運動では何も変わらない 匿名希望 06/10/17 PM02
134561 現実は変えていける √177√ 06/10/17 AM11
134553 【図解】社会運動の総括 藤田公一 06/10/17 AM03
134508 外圧に打ち勝つには対象化するしかない 西田咲季 06/10/16 PM07
132971 現実直視しないと、いつまで経っても変われない るぎあ 06/10/03 PM06
132940 自我や私益の為に欺瞞観念を利用する時代 匿名希望 06/10/03 AM11
132926 【図解】社会運動の自己欺瞞 石野潤 06/10/03 AM02
128812 「もったいない」は既成運動と全く異なる運動! STP 06/08/23 PM01
126796 構造認識がないって、意味不明 西知子 06/07/26 PM10
126733 社会運動の真の意図は性を中心とした自我・私権の拡大にある 木橋哲夫 06/07/25 PM10
126717 娯楽番組、ニュースでも、現実否定の倒錯思考回路を刷り込まれている。 新井弘 06/07/25 PM07
126691 全ては「現実捨象」という、逃げが実現不可能にしている 佐藤晴彦 06/07/25 AM08
104930 意識と存在の断絶した社会運動から真の社会活動へ 岡本誠 06/02/01 AM00
104835 「現実の直視しているか!」を問いつづける事は共認社会実現の近道 田野健 06/01/30 PM06
104442 自分の要求実現のための団体に対し、しっかり不要であることを示す。 √177√ 06/01/23 AM00
102566 現実の本質 吉国幹雄 05/12/14 AM03
100918 目先収束による弊害 塩貝弘一郎 05/11/16 AM00
99485 ジレンマは倒錯観念のバロメーター 高田敦 05/10/21 AM09
99094 差別ってあるの? 関谷啓太郎 05/10/14 PM07
98264 過去の社会運動と今回の選挙の共通点 多田奨 05/10/01 AM04
94074 "力"に屈服していた近代の社会運動 佐藤晴彦 05/07/07 PM09
93013 誤魔化しでは答えが出せないから 久保田彰子 05/06/20 AM01
92932 変わらないのは当事者性の欠如 谷崎俊文 05/06/18 PM10
91198 労働者運動の本質 吉川明博 05/05/21 PM11
88031 社会主義思想、その他の観念について 高利 05/03/28 AM10
86071 既存運動を変える 中野泰宏 05/02/21 PM01
85952 現実を突き詰めれば存在意義を失うだけの団体 √177√ 05/02/19 PM01
85167 百科事典に「社会運動」が載ってないのはなんで? 宇津義和 05/02/05 AM03
85008 旧観念の枠から抜け出せていない 関英治 05/02/01 PM11
84991 現象(結果)の背後にある観念・思想を変えることが不可欠 浅野雅義 05/02/01 PM09
84748 「社会運動」・「社会変革」を真正面に打ち出すこと 亀若雅弘 05/01/28 AM11
83896 意識と存在の奇妙なる一致〜目先の秩序収束と旧観念支配の親近性 山澤貴志 05/01/11 PM11
83894 意識と存在の断絶〜現実を対象化すれば近代思想は必然的に狂気に至る 山澤貴志 05/01/11 PM11
83844 可能性発の社会運動 井上緑 05/01/10 PM05
83817 時代は、「社会を変える」から「社会を創る」に転換した。 松本幸二 05/01/09 PM06
83228 既成運動の欺瞞性が可能性を摘んでいく 内山竜太郎 04/12/26 PM09
82825 既成の運動も捨て去られていく存在 永峰正規 04/12/19 AM11
20340 弁証法という、否定を正当化した論理 石野潤 02/01/09 PM01
20161 「現実直視こそが突破口」 森島靖一 02/01/07 PM10
20160 現実の変革を実現してきたもの 冨田彰男 02/01/07 PM10
20157 改めて感じた 柳瀬尚弘 02/01/07 PM10
20144 『反』から『和』へ 木村友昭 02/01/07 PM09
20138 いかがわしさ 宇津義和 02/01/07 PM00
20130 「現実否定」からの脱却は「現実そのものを直視すること」から 大木康子 02/01/06 PM06
20125 欺瞞が生む錯覚 田中健太郎 02/01/06 AM02
20101 「社会運動」と一概に言うけれど 西村秀彦 02/01/05 PM11
20098 現実直視は凄い。既成の否定がそのまま実現に繋がってる! 立石裕美 02/01/05 PM11
20091 認識の転換 岸良造 02/01/05 PM10
20084 「本源」発の可能性でなければ社会は動かない。 石川笑美 02/01/05 PM10
20083 マスコミ文化人は『芸能人』 新井弘 02/01/05 PM10
20081 反のエネルギー 小刀 02/01/05 PM10
20080 「社会変革」という言葉は欺瞞観念だったのか! 前山修司 02/01/05 PM10
20065 短い射程のなかで考えていたのでは、深い答えはでてこない。 竹村誠一 02/01/05 PM07

  [戻る]  


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、42年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp