日本人の起源(縄文・弥生・大和)
199993 天皇騎馬民族説の進化C 百済と日本の秦氏は辰王朝の系統
 
井上宏 ( 40代 建築コンサル ) 09/02/18 AM10 【印刷用へ
江上氏の騎馬民族説の続き、日本に巨大な足跡を残している秦氏について、・・・・
天皇騎馬民族説の進化(2) リンク 半月城通信さんより
//////////////////////////////////////////////////////////
さて、「夫余隆の墓誌銘」にもどりますが、ここには江上氏の騎馬民族説
にとってきわめて重要なことが書かれていました。
「公、諱(いみな)は隆、字(あざな)も隆、百済辰朝の人なり」
江上氏がかねてから主張していた辰(秦)王朝の実在がここでも証明され
たのでした。これと倭とのかかわりは、前回すこしふれましたが、これを整理して江上氏は座談会でこうのべました
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
(随使)?世清の紀行では奈良の飛鳥の都のことを「秦王国」と言っており、その国名は倭国王の出自が三韓時代の南部朝鮮半島の大半を支配したという辰王朝にあったことを示唆しています。
というのは、倭国での「秦」の字は中国側の記録ではすべて「辰」字で表
されており、そのことは倭の五王の上表で三韓の中の辰韓が例外なく秦韓と記されている事情からも明らかです。

したがって、倭国王の都した大和の国を「秦王国」というのは、「辰王
国」と解するのが至当であって、倭国王が辰王朝から出自したところからその名を得たものに相違ないのです。
百済の夫余隆も辰朝の出なりと言っているので、同じ辰王家から出た倭国
王の天皇家が、辰王の国(国都)として飛鳥時代まで伝えられていても不思議はないでしょう。百済王家が滅びるときまで辰(王)朝と伝えられているのに相応じるものです。

このようにして、先に掲げた百済王関係(夫余隆)と、倭国王関係がぴっ
たりと並列し、三韓時代の辰王家を共通にしたものとして結びつきますが、それが二つに分かれて、一つは元の馬韓が百済に統一され、そこにずっと居座って百済の(夫)余王家になったのに対し、他方は加羅(任那)に遷って日本列島の征服に乗り出し、まず対馬・壱岐・筑紫などを占領し、さらに数代の後、畿内の河内・摂津に都を遷して倭王となり、最後に大和に入って、そこの土着の豪族と合作して大和朝廷を創始したのですが、その後も倭国は終始百済と緊密な関係を保っており、このことも同じ王朝の分岐したものとして、初めてよく理解できるのです。
///////////////////////////////////////////////////////////
(引用以上)

 
 
  この記事は 199991 に対する返信です。
 この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_199993

 この記事に対する返信とトラックバック
262373 月氏の王と秦氏 彗星 12/03/22 AM10
216627 秦(はた)氏の謎1〜北方→半島の辰(秦)韓を経由して日本へ渡来した技術職人集団?〜 彗星 09/10/07 AM00

  [戻る]  


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
超国家・超市場論1 新しいまつり場は、国家と市場を超えられるか?
超国家・超市場論2 闘争(能力)適応 と 共生(取引)適応
超国家・超市場論3 置かれた環境を貫く 闘争圧力を把握せよ
超国家・超市場論4 同類闘争の圧力と共認統合の限界
超国家・超市場論5 私権闘争・掠奪闘争をどう止揚・統合するのか?
超国家・超市場論6 生存圧力に基づく同類闘争から、同類圧力に基づく同類闘争=認識競争へ
超国家・超市場論7 私権闘争を統合した 力の序列共認
超国家・超市場論8 国家(力の序列共認)と その統合限界
超国家・超市場論9 私権闘争の抜け道が、交換取引の場=市場である
超国家・超市場論10 何をするにもお金がかかる社会
超国家・超市場論11 市場は社会を統合する機能を持たない
超国家・超市場論12 市場の拡大限界は、国家の統合限界でもある
超国家・超市場論13 人類の新たな活力源=圧力源
超国家・超市場論14 外向収束⇒認識収束に応える『認識形成の場』
超国家・超市場論15 『認識形成の場』こそ、新しい社会統合機構の中核である
超国家・超市場論16 ゼロから、自分たちの『場』を作る活動
超国家・超市場論17 新しい社会統合機構が、国家機関を吸収・解体する
超国家・超市場論18 認識形成の『場』を構築することこそ、真の社会活動である
超国家・超市場論19 もう、傍観者=インテリ統合階級は、要らない
超国家・超市場論20 認識形成は遊びではない、生産活動である。
超国家・超市場論21 『認識形成の場』が、なぜ有料化されるべきなのか?
超国家・超市場論22 お金は、現実の必要度を測るモノサシ
超国家・超市場論23 『必要か、必要でないか』という真っ当な判断の土俵が出来てゆく
超国家・超市場論24 必要か否かの『判断の土俵』が、国家と市場を呑み込み、解体し、再統合してゆく
超国家・超市場論28 新しい可能性が顕在化するとは、どういうことか?
超国家・超市場論29 新しい『場』は、古い評価指標の洗礼を受けて、はじめて顕在化する
超国家・超市場論30 実現の論理
判断の土俵と解体・再統合 大学の例
判断の土俵とは、人々の潜在思念が作り出した共認圧力の場
『必要か否か』が環境問題に対する基底的な答えになる
社会統合組織の史的総括 国家と教団
社会統合組織の史的総括 市場と演場
大衆の期待の変化に応じて統合力も変わってゆく
マイナス原因構造とプラス実現構造という両輪
支配階級の私有権は絶対不可侵だが、庶民の私有権は剥奪され得る

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp