いい女って、何? いい男って、何?
198828 仕事をする上で重要な、「男であること」「女であること」。
 
中瀬由貴 ( 26 社会人 ) 09/02/02 AM04 【印刷用へ
仕事をし始める前は、仕事する上では男も女も一緒と思っていた。
だけど、「最前線で闘う男の人」や「場の空気を明るくする女の人」を見ていて、やっぱり得意なものがそれぞれあって、男女で役割分担しているんだなぁと思った。
また、自分自身も女への期待(「笑顔でおかえりなさい♪」って迎えてほしいなど)を素直にしてもらえて、「女っていいなぁ〜♪」って思うようになった。また、それと同時に、「男の人ってすごい、有り難い」という気持ちがとても強くなった。

また、仕事をし始める前は、会社にはどんどん頭が凝り固まっていくお局様がいるらしいと聞いていた。
だけど、私の働いている会社にはいなかった。
十何年も働いていても自分のしている仕事のことを本当に楽しそうに話しているし、後輩の成長を自分のことのように喜んでくれるし、むしろ後輩達から学ぼうとしているし…。
年を重ねるほどに楽しそうで、ますます明るくなって、どんどんやわらかく、可愛らしくなっていいく。男の人たちにもとても可愛がられている。

「女」という役割を感じているから、女の先輩たちはあんなに明るくて、やわらかくて、可愛らしいいい女になっていくのだろう。
「男」という役割を感じているから、男の人たちはとことん追求して、ぎりぎりまで考え抜いて、話し合って、どんなことがあっても前線に立って闘い、そして、女の人を可愛がってくれるいい男になっていくのだろう。

仕事をする上で、「男であること」「女であること」がこんなに重要だと思わなかった。
次の春に、新しく増える仲間たちもこんな気付きに共感してくれたらいいなぁと思います。
 
 
  この記事は 97371 に対する返信です。
 この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_198828

 この記事に対する返信とトラックバック
278054 男として、女として動いていったほうが「うまくいく!」程度では甘い。。。 スガイク 13/06/29 AM08
もっと男心を知っていきたい☆今年一番の自慢編〜仲間を仲間として頼り、乗り切る事ができた!〜 「女の職場話」 11/12/27 PM03
女は何をしてても充足を生産できる♪ 「女の職場話」 11/03/20 PM00
247519 女として成長させてもらえたのは、みんなの期待があったから☆ はん 11/03/19 PM11
235111 逆境、どうする? 川井孝浩 10/07/24 AM00
234489 なんでやサロンの「男と女」に参加して 今川 彩恵子 10/07/10 PM09
225008 素直に湧き上がる感謝の気持ち 山上勝義 10/01/24 PM00
224890 男であること、女であること ヨネ 10/01/23 AM00
224813 言葉がないから動けない R 10/01/22 AM00
224812 男であること女であること、潜在欠乏が評価される(顕在化する)ことで、活力UP! 佐藤晴彦 10/01/22 AM00
本格追求シリーズ1 人類の”性”の本質を探る<人類にとって性とは?(2) 極限時代の人類の性(前半)> 「共同体社会と人類婚姻史」 09/10/21 PM08
「農コン」ブームは男女の価値観の大転換を象徴している 「新しい「農」のかたち」 09/10/04 AM10
女達の喜ぶことを追求する男は、必然的に闘争に向かう。 「女の職場話」 09/07/27 PM05
“男と女”を知ることで…♪ 「女の職場話」 09/05/22 PM04
いつになってもカワイイ女 「女の職場話」 09/05/06 PM02
204902 常に女でありたい☆ 高橋幸香 09/04/22 AM01
204557 外圧を感じるほど “男”のすごさ、“女”のすごさを感じる 嶺山志保 09/04/17 AM07
203400 「女」として素敵になりたい☆ 神原由佳 09/04/02 PM00
女性の働き方☆ 「これからは探求の時代」 09/02/14 PM07
いい男に触れて、女は磨かれていく♪ 「女の職場話」 09/02/07 PM05

  [戻る]  


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp