農村を活性化させる為には?
197332 儲かる農業=幸せになるための農業(有限会社トップリバー)
 
川井孝浩 HP ( 35 設計 ) 09/01/15 PM00 【印刷用へ
カンブリア宮殿という番組をたまたま目にしたのですが、とても興味深い内容でした。ブログ記事を紹介します。

リンク

◆トップリバーの農業

・農業生産法人=会社組織

・農地をレンタルし、野菜を栽培

土地を所有する必要はないという考え。
小作農のようなスタイルで、ある意味パラダイムシフト
(By 村上龍)

・市場に卸さず、企業と直接取引

それにより、中間マージンをぬかれないので利益率が高い。
企業と直接取引することで収益も安定。

※ただし、欠品は許されない。


・非農家の若者を正社員として雇用

17.8万円の基本給も支払っている。
ボーナスは成功報酬として年1回支払う
(400万のボーナスを得る社員も!)

ただし、野菜に合わせて働くため土曜日休みとか、週に1回は休みたい、
自然が好き、都会に疲れた、のんびり農業を営みたいという考えではトップリバーでは通用しない。


・社員が3〜6年後に独立するのもあり。

独立=トップリバーからの卒業。
独立してからも一切関わりがないわけではない。
農業では、家族的な発想が必要。

トップリバーでは企業としてさほど大きくする予定はない。
独立した人がトップリバーの考え方をアレンジしてくれればいい。


◆トップリバーの嶋先社長が言っていたこと

「お客が欲しいものを作れば儲かる」

農家では、「儲かる」ということがタブーだった。
しかし、適正な利益を得るのは自然なこと。

幸せになるための農業を追求していきたい。


毎年10万世帯の農家が農業を辞めていく。
→逆に農地拡大のチャンス。

〜引用終り〜
会社HPはリンク

上記以外にも、印象に残った点が何点かあったので、上記と一部被りますが覚えている範囲で紹介します。

・バイト、契約ではなく社員として雇うのは何故か?
⇒農業は自然の状況に左右される。しかし、気候変動によって不作だったから商品は卸せません、ではダメ。お客様と契約(約束)をしたからには、どんな状況であろうと、必ず商品を納品する必要がある。その為には組織力が必要。組織を作るからには、社員を雇い、働いて貰った分は常にしっかりと給料を払う必要がある。社会保障なども当然必要。そうやって組織を作れば、しっかりと利益も上げられる。

・社長は何故農業をやらないのか?
⇒農業法人だからみんな農業をやる、という必要は無い。それよりも、しっかりと社員が働けるように経営管理をするのが私の仕事。
嶋崎社長は、自ら営業として大手企業との掛け合いを実施。どんな大企業が相手であろうとも、常に対等に話をする。本当に良い商品を届けようと思ったら、相互に協力できる関係を築かなければならないから。また、常に営業先の現場の声・状況もしっかりと視察する。

・実際の仕事状況は?
⇒地域の農地を借り上げて、全部で7班?に分かれて各農地を受け持つ。それぞれが班ごとに農地を自主管理し、契約通りに必ず商品を納める工夫を重ねている。上記にもあるが、決して欠品は許されない。例え不作となっても、他から買い上げてでも納品する覚悟で取り組んでいる。

・都会の若者は良く働く
⇒最初の一年は、地元の若者を雇ったが見事に失敗。翌年、都会の若者を招いたら、驚くほど良く働いてくれた。やりがいを求めている都会の若者を呼込めば成功する、との確信に立ち、今に至る。現在の社員の面々は、元証券マンや大手メーカー営業、フリーターなど様々な経歴を持つ。

・相手の求めているものを作れば売れる!
⇒直接取引きのメリットは、計画的な生産が可能な点。何を何時までにどのくらい仕入れれば良いかを組立て、無駄なく生産を行う事が可能。また、相手の求めている物を作れば、農業で幸せになれる。

以上。ここで言う経営者の「儲かる」という観点は、農業の実質価値見直しの必要性、さらには仕事=期待・応合こそが真髄である事を説いている、と感じました。
 
 
  この記事は 197163 に対する返信です。
 この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_197332

 この記事に対する返信とトラックバック
203673 儲からない=共認充足度が低いこと center_axis 09/04/05 PM09
197507 新成人、何を考えている? 斎藤一浩 09/01/17 PM01
197485 先進農業集団「トップリバー」の次に期待するもの 六文銭 09/01/17 AM01
農業改革〜川上(生産)から川下(流通)までの全ての工程を構築していく〜 「日本を守るのに右も左もない」 09/01/15 PM10
197354 何に応えたいのか分かって働く 倉田慈満 09/01/15 PM06

  [戻る]  


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp