経済破局は来るのか?
192077 「国家に金を貸す」筈のFRBが「国家に金を借りている」?
 
田中素 HP ( 42 企画 ) 08/11/13 AM07 【印刷用へ
> この危機下において、なんと!「資産」が増えている機関がある。それが、左上グラフにある米国の中央銀行・FRBだ。191552

9月のリーマンショック以降、膨張を続けているFRBの資産は、11月第2週の段階でついに2兆ドルに達し、今年4〜8月の2倍を超えた。一体その内訳はどうなっているのか?

FRBのサイト(リンク)によれば、資産側で増えているのは「その他債券」「その他資産」という不詳項目だ。これは、186204にあるTSLFやPCDFのように、弱体化した金融機関のモーゲージ資産を担保に米国債や現金を貸し出す新型証券だろう。これが9月以降大幅に増えている。さらに、10月半ばからは、経営悪化した企業のCP買取制度が創設され、これが急増している。

これらを買い取るための原資=負債も同じ金額で急増しているが、その調達のためにFRBは10月以降、新たな2つの方法を取った。

一つは、各金融機関がFRBに預ける「準備預金」に金利を付けるというもの。従来、準備預金は無利子だったが、それでは供給のための資金が集まらないし、銀行間金利も制御できない。そのための措置だ。これが各民間金融機関の現金が悉く金利の付くFRBの口座に「避難」している状態だ。これが9月以降、40兆円ほど増加している。

もう一つは、財務省の特別預金という項目。これは、米政府が短期国債を発行し、調達された資金を丸ごとFRBに新規預金するというもの。これも9月半ばに導入されて以降、60兆円近くに達している。

つまり、FRBが今やっていることは、金利をわざわざ払いながら民間金融機関のキャッシュを預り、それでも足りない分は国債発行で得た金を国家から借りて、次々と民間金融機関の不良資産を引き取っていくというもの。おそらく実際には、救済資金としてFRBから金融機関に供給されたキャッシュも実体経済にも金融市場にも一切回らず、そのままFRBの準備預金として舞い戻ってきているだろう。不良資産のロンダリングだ。

国家に金を貸していた筈の中央銀行が、国家から金を借りる事態となり、なおかつ民間金融機関のゴミ捨て場と化した。あるいは、FRB自身が、米政府が約束した不良債権買取機構になったとも言える。自己資本比率は2%以下。普通の民間金融機関ならすぐに破綻する水準だ。

解せないのは、上記のスキームだとすると、政府がこの間発行している大量の国債を買っているのはFRBでは無く(FRBが紙幣を増刷しているのではなく)別に存在している、ということだ。60兆円もの資金力が米国内勢力にあるとは考えにくいので海外政府が疑われるが、これはタイムラグの問題で米政府からは未発表である。日本か、中国か、中東か?それによって現在の金融恐慌に対する各国のスタンスがはっきりする。もしも何れの海外勢力でも無かったら、政府・FRB・民間金融機関の周辺で、今現在も何らかの巨大なゴマカシが行われているということだ。
 
 
  この記事は 191552 に対する返信です。
 この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_192077

 この記事に対する返信とトラックバック
FRBが直接企業に資金を大量融通している 〜師走のカネを必死に支えるFRB〜 「金貸しは、国家を相手に金を貸す」 08/12/11 PM08
192844 金貸しは、FRB新型証券融資で自らの金融機関の再建に必死か? yooten 08/11/21 AM02
国家紙幣の成否を握るIMF改革 「日本を守るのに右も左もない」 08/11/15 PM09
192276 国家ぐるみ? 匿名_希望 08/11/14 PM10

  [戻る]  


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp