本能⇒共認機能⇒観念機能
19061 思考次元3 本能⇒共認⇒観念の超越思考(構造認識)
 
四方勢至 ( 老年 編集 ) 01/12/21 AM03 【印刷用へ
超越存在たる社会の構造に起因する危機や課題は、超越思考(構造認識)によってしか、把握することも解決することも出来ない。この構造思考の母胎を成すのは、実践思考の実現回路である。
事実、構造思考の求める答えとは、内部意識(欠乏や危機や課題)と状況認識をイコールで結ぶことのできる実現回路を開くことであり、その実現回路が内部意識と外部認識の相方を強化・変容させることも含めて、思考の基本構造は実践思考と同じである。
しかし、実践思考が主要に潜在思念を使う(内部意識も外部認識も)のに対して、簡単に実践できない⇒答えが見出せないが故に必要になる構造思考では、潜在思念の紡ぎ出す構造観念(主体や状況を構造化した観念)を使う。この普遍妥当する構造観念という位相は、社会(超越存在)を対象とする限り、必然的に求められる認識位相である。

しかし、この構造思考には、現代=過渡期に固有のいくつかの厄介な条件が加わる。
A.否定意識や感応観念から脱却できている事。⇒思考の動因は、充足基調⇒本源収束と社会不全⇒社会収束のみであること。
B.既成の底の浅い、かつ誤った観念は使いものにならず、殆どゼロから一つずつ構造観念を紡ぎ出して、それらを統合する必要がある事。しかも、危機が深刻なほど、より深く広い構造観念が求められること。
C.従って、無限大の時間と修練が必要なこと。⇒それは、考える事を専業とするプロにしか一般には出来ない!
しかし、A・Bから、プロの知識人には、新しい実現観念を(断片的な構造観念さえ)作り出せる資質がない。
☆このA・B・Cこそ、答えを出せない(従って、人類が全面閉塞に陥った)窮極の理由である。

D.もちろん、普通の人も少しは考えてみる。しかし、考えても→出来ない・難しい・苦しい・碌な事がないetc否定意識のオンパレードとなり、それが「考えたくない」「理論は敬遠」という拒絶に近い意識を生み出す。
E.他方で、潜在思念の社会収束が深く進行中で、変革期待は強い。そして、潜在思念の一部は、テレビやネットでの事実収集や社会探索として顕現=自分で考えるのは無理だが、答えを与えてくれるのを願っている。
 
 
 
 この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_19061

 この記事に対する返信とトラックバック
237781 可能性発の必要意識から外圧に適応してきた 彗星 10/09/12 PM07
237401 答えを見出すには、自分一人でなくみんなで創る 彗星 10/09/06 AM01
236584 今日の気付き〜思考次元3 本能⇒共認⇒観念の超越思考(構造認識)を学んで〜 ぽちゃ 10/08/21 PM10
236582 結局は… 藤井総一郎 10/08/21 PM10
233247 構造観念の必要な位相 田中素 10/06/15 PM04
233243 みんなで答えを出すことの重要性 橋本宏 10/06/15 PM01
232837 潜在思念からどうやって観念が生まれるの? ゆう 10/06/07 AM00
222189 本能⇒共認⇒観念の超越思考 こうた 09/12/18 PM09
221555 【図解】思考次元3 本能⇒共認⇒観念の超越思考(構造認識) 鈴木隆史 09/12/09 AM09
思考次元3 本能⇒共認⇒観念の超越思考(構造認識) 「日本を守るのに右も左もない」 09/11/05 AM07
218009 実現論勉強会での気づき〜考えるとはどういうことか?〜 Lucky 09/10/24 PM06
216889 普通の人々の意識変化 三上恭平 09/10/10 AM09
214839 実現の思考は、シンプル! 〜可能性は、外にある♪〜 ぴのこ 09/09/12 AM03
214617 【図解】みんなを充足に収束させるには 小林雅志 09/09/09 AM08
213831 社会は可変という確信と少しでも良くしようという実現の意思 天心 09/08/28 PM09
213684 社会の構造化とは? 鈴木康夫 09/08/26 PM11
213138 最近思うことなんですが・・・ 岡田英利子 09/08/18 PM10
212149 マイナス感情の時間をいかに短くできるかがポイント♪ あわわ 09/08/04 AM00
211653 【図解】思考次元3 本能⇒共認⇒観念の超越思考(構造認識) いいじゃん☆ 09/07/27 PM07
211544 実現回路が太くなると、構造認識の必要性も強まる 西田香織 09/07/26 AM01
209615 何事も、構造観念で捉えることが必要。 石橋創 09/06/26 PM11
203159 構造認識で内識を塗り替える 天心 09/03/30 AM01
202944 女は闘える男と接しているかどうか!! 嶺山志保 09/03/26 PM07
202688 変化してこそ適応できる☆ 倉田慈満 09/03/22 PM07
202661 「私も『充足した♪』って言ってみたい」 立石裕美 09/03/22 AM08
202605 【図解】思考次元1〜3 びん 09/03/21 PM05
202517 【図解】思考次元1〜3 外圧認識と反応回路による3つの思考次元の分析 汚れなき男 09/03/20 AM02
202467 相手の潜在思念の欠乏に応えること=構造化することが仕事になる時代 コールスロー 09/03/19 PM05
202449 「答えを出す」とは? 矢ヶ崎裕 09/03/19 AM07
202387 構造認識で社会は変わるのでしょうか? みかみか 09/03/18 PM03
202350 気の利いた事例がでない 桑田真士 09/03/17 PM11
201669 分りやすいマスコミの解説は、思考停止の麻薬です。 猪飼野 09/03/08 AM00
201593 【図解】思考次元3 本能⇒共認⇒観念の超越思考(構造認識) 坂本日出夫 09/03/07 PM01
200553 【図解】思考次元シリーズ 金木洋平 09/02/25 AM11
200078 金融危機を機会に新たな可能性社会を創造する。 今井勝行 09/02/19 AM10
199536 新理論はなんで必要? 金木洋平 09/02/12 AM00
199435 充足基調⇒本源収束とは? ちよ 09/02/10 PM10
198989 構造観念と構造認識の違い 松下晃典 09/02/04 PM10
195154 認識位相の違い⇒実現形態の違い 丸一浩 08/12/18 PM05
195142 図解  思考次元3 本能⇒共認⇒観念の超越思考(構造認識) 鈴木康仁 08/12/18 PM00
194357 実現回路って ゅー坊 08/12/08 AM11
192304 かつて素人は、“超越思考”をしていたのだろうか? 西村真治 08/11/15 AM10
192301 答えが出せないのはなんで? 川井孝浩 08/11/15 AM08
192218 構造思考に向かうには? 山名宏明 08/11/14 AM06
190763 いざ発信っとゆうときに… 櫻井悠貴 08/10/26 PM10
190726 【図解】思考次元3 本能⇒共認⇒観念の超越思考(構造認識) 匿名希望 08/10/26 PM02
190681 構造観念だからこそ「みんな期待」に応えられる 清水昌広 08/10/25 PM11
190680 「会社」と「なんで屋」の構造認識 〜みんなをなんで屋へ連れてきたい〜 中野貴啓 08/10/25 PM11
190676 より多くの人に喜んでもらうには、構造観念が大事なんだ・・・。 眼鏡人 08/10/25 PM11
190664 超越思考は全ての人々に必要 澤根和治 08/10/25 PM10
189607 実践思考と構造思考☆ 宮崎未帆 08/10/13 PM07
189036 外部意識と内部意識をつなぐにも、構造観念が必要な時代 加来野浩史 08/10/06 PM01
189020 【図解】本能⇒共認⇒観念の超越思考(構造認識) 萱間直 08/10/06 AM00
188113 【図解】思考次元3 本能⇒共認⇒観念の超越思考(構造認識) こん 08/09/29 PM07
187831 答えをだすための「構造認識」には、可能性を感じる。 大地の子 08/09/27 PM07
187821 超越思考(構造認識)を使う noah53 08/09/27 PM01
187697 今回の金融危機でも「学者・知識人」の底の浅さが露呈 庄恵三 08/09/26 PM05
187394 実践思考と構造思考の違い 松本幸二 08/09/25 PM05
187033 実現回路を太くする事が世の中を変えていく magarimame 08/09/23 PM00
185086 図解 実現論ヘ 人類:極限時代の観念機能 土屋洸太郎 08/09/07 PM11
185003 内圧=外圧 ⇒ 答え⇔充足 西村真治 08/09/07 AM09
183125 冷静に考えるとはどのようなことか? 酒井俊弘 08/08/11 PM10
178254 自分課題である限り、実現観念は作り出せない 家村和宏 08/06/03 PM00
176814 “自分の時間”が素人の可能性を封鎖していた 樫村志穂美 08/05/18 PM08
175124 みんなで実現回路を開こう☆ 土器☆茶☆ 08/04/26 AM08
174731 【図解】思考次元3 本能⇒共認⇒観念の超越思考(構造認識) 橋口健一 08/04/22 PM04
174717 人々は構造思考を強く求めている 匿名希望 08/04/22 AM09
174693 精霊を見るのも物理法則を見るのも答を導き出すのも基本は同じ 福島健 08/04/21 PM11
174690 伝えることの難しさ 匿名希望 08/04/21 PM10
173569 「自分」が入るからおかしくなる 塩貝弘一郎 08/04/05 PM06
173553 構造観念とは、実践思考を束ねたもの。 たっぴ 08/04/05 PM00
171732 そのままやってみる 本田真吾 08/03/01 PM04
167108 疲れているときこそ、考えれば元気が出る。 匿名希望 07/12/15 AM03
164830 【図解】本能⇒共認⇒観念の超越思考(構造認識) 越見源 07/11/08 AM03
164822 状況認識の重要性 志水満 07/11/07 PM11
164810 状況認識の差が、構造化の差となる 是永恒久 07/11/07 PM08
164807 構造思考と実践思考 近藤文人 07/11/07 PM07
164805 潜在思念と構造化(観念) 斎藤裕一 07/11/07 PM06
164804 本能・共認・観念が繋がることで実現(=充足)する。 彗星 07/11/07 PM06
164223 環境問題も感応観念で歪められる パンダマン 07/10/27 PM03
164129 超越思考で外圧を克服する時代 ぺー 07/10/25 PM10
154612 実現回路という捉え方 前山薫 07/06/17 PM04
154483 構造思考の母胎・・・・とは 渡邊かお里 07/06/16 AM08
153121 宗教⇒近代思想⇒構造認識(が求められれている) 西村真治 07/05/31 PM05
152993 【図解】構造認識って何? 山田渉 07/05/30 AM02
152989 構造認識とは、誰にでも理解できる事実を観念化したもの。 川井孝浩 07/05/30 AM01
152889 潜在思念を頼りに「事実は何?」を追求していく 匿名希望 07/05/28 PM03
152853 人々は徐々に変わりつつある。しかし、本源風観念の影響は意外と重い。 07/05/28 AM01
151549 「めんどくさくて碌な事がないコト」から、「活力の出るコト」への大転換☆ 長谷川文 07/05/13 AM07
151542 普通の人の思考の自浄力 やまと 07/05/13 AM02
150556 「捏造→マスコミ離れ」負のスパイラル りんいちろう 07/04/29 AM02
150545 【図解】思考次元3 本能⇒共認⇒観念の超越思考(構造認識) かかと落とし 07/04/28 PM11
148927 『既成観念を全面的に否定する』ここが出発点 向芳孝 07/04/08 PM01
148482 「ゴマカシは許さない」という白い目圧力 松井英仁 07/04/01 AM11
148475 選挙が盛り上がらないのはなんで? 田中直人 07/04/01 AM06
148123 「理論は敬遠」はもう終わり? ぴんぐー 07/03/28 AM01
147986 “超越存在たる社会”と構造認識 井上宏 07/03/25 AM08
147596 思考の動因は充足基調⇒本源収束と社会不全⇒社会収束!? STP 07/03/20 PM00
147571 【思考次元1〜3】図解化 冨田彰男 07/03/20 AM00
145427 解脱装置の害 渡邊かお里 07/02/21 AM09
143786 【図解】本能⇒共認⇒観念の超越思考 匿名希望 07/01/31 PM02
143780 超越課題と個人・集団課題ではそもそも次元が違う 村田頼哉 07/01/31 PM01
143775 潜在思念を紡ぎだすことの重要性を再認識しました 磯貝朋広 07/01/31 AM11
142025 与えられた枠組みで考えているだけでは答えは出ないのは明らか 大嶋洋一 07/01/11 PM08
141388 仕事において構造観念が必要な地平 田野健 06/12/30 PM11
137906 あとはどれだけ社会状況を感じとれるか。 嶺山志保 06/11/19 AM07
137901 願っているだけでは答えは与えられない 嶺山志保 06/11/19 AM02
137848 若者には、超越思考への可能性は十分ある 山崎許子 06/11/18 PM07
137606 実践思考の塗り重ねが超越思考 鈴木龍也 06/11/16 PM04
137602 中高年の壁 鈴木隆史 06/11/16 PM03
137599 「素人」による構造思考実現の場 「るいネット」ファン 06/11/16 PM02
137403 共認形成力が求められる時代 KOU 06/11/14 PM00
137362 【図解】本能⇒共認⇒観念の超越思考 川上真奈美 06/11/13 PM08
137054 思考次元3 本能⇒共認⇒観念の超越思考(構造認識)【図解】 新大阪駅 06/11/10 PM05
132881 すっきりしないのは… 米澤祐介 06/10/02 PM08
132874 超越思考という最終兵器 鈴木康夫 06/10/02 PM07
132863 超越思考でしか社会を捉えられない理由 本田真吾 06/10/02 PM05
127317 穴だらけの仮説であっても、実践する 根木貴大 06/08/03 AM11
125621 必然的に求められる認識 匿名希望 06/07/12 PM06
124671 超越存在たる社会 細田卓司 06/07/03 AM11
124668 超越存在たる社会の危機に対峙できるのは・・・ 熊澤敬輔 06/07/03 AM11
124568 根概念は構造的につながっている 岡本誠 06/07/02 AM01
124279 本能・共認と観念を繋ぐために 加藤俊治 06/06/29 PM09
117040 「感情」と「実感」の違い 小林千春 06/05/29 PM05
116324 目にみえない圧力(期待) 阿部佳容子 06/05/26 PM10
109386 加速する若者の目先収束をどう捉えるか? 大森義也 06/04/20 PM11
107331 収束不全の状況認識が、次代の人類を人類たらしめる可能性 麻丘東出 06/03/14 AM03
103708 「見事な解釈」と「構造分析」の違いは「実現の意思」にあり 藤岡聖子 06/01/06 PM10
103038 潜在思念と構造思考をつなぐもの 雪竹恭一 05/12/22 PM11
102904 普通の人が実践思考から構造思考にも変えないのはなんで 佐藤晴彦 05/12/20 PM08
100076 実現思考とそれを可能にする仲間関係 前山薫 05/10/30 PM11
100050 突破口は、社会収束・実現思考 佐藤賢志 05/10/30 PM01
91371 再度再度「事実の追求」とは 谷光美紀 05/05/24 PM10
85732 みんなに広めたい理由 阿部佳容子 05/02/15 PM05
85327 構造認識には万人の参加が必須 匿名希望 05/02/08 PM00
85289 今求められている答えとは。 リバーバンク 05/02/07 PM06
82717 プロではなくやはり普通の人からおこるもの 琵琶湖 04/12/17 PM03
82715 自我発の潜在思念では実現思考は育まれない ゲン 04/12/17 PM02
82473 実現思考に導くには旧観念無用!の共認が鍵 佐藤祥司 04/12/13 AM02
82465 対象を鮮明にすること 立石裕美 04/12/12 PM11
82235 社会=構造理論自体が超越思考の対象になる 土山惣一郎 04/12/08 AM02
82233 観念機能とは超越思考による実現回路である 笠原光 04/12/08 AM01
19560 構造認識の理解 庄恵三 01/12/28 AM00
19218 絶望的な感覚が生まれたが、しかし。 佐藤賢志 01/12/23 AM00
19164 人類の宿命課題 岡本誠 01/12/22 AM01
19150 答えを待つ→答えを共有への転換 田野健 01/12/22 AM00
19148 思考の職人 田野健 01/12/21 PM11
19089 果てしない… ゲン 01/12/21 PM01

  [戻る]  


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、42年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp