いい女って、何?いい男って、何?
180594 成長するとは何だろう?
 
汚れなき男 ( 28 会社員 ) 08/07/04 PM09 【印刷用へ
成長と聞くと、背が伸びる、点数(偏差値)が上がる、営業成績が伸びる、できないことができるようになるなど、一見自分のための成果というイメージが先行しがちですが、実はこれが大きな間違いだったんだ!ということに気付かされました。

「成長を実感するときはどんなとき?」ということを考えてみてください。

・誰かに褒められたとき
・誰かに喜んでもらえたとき
・数字として表れたとき(点数、偏差値、営業成績、順位、etc)

いろいろ出てきますよね。

これに共通して言えるのは「相手(対象)からの評価を感じられたとき」に成長を実感しているということです。つまり、成長の先に評価、言い換えれば必ず相手や対象がいて初めて成立しているということが見えてきます。

ここまでいくと気付きましたか?先に述べた成長のイメージにあった、成長=自分のための成果とは直結しないものなのです。つまり、成長とは、実は「みんなの期待に応えて評価を得ること」であって、この過程を踏んだ上で(自分の)成長という風につながるのです。だから、自分のために成長したいという発想自体、なにかしっくりこないということがここにあるわけです。

例えば、大学生やフリーターの人たちにに多く見られる、資格収束やSK表をいっぱいにするパターンなどはこの典型と言えます。やはり、自分という意識に拘れすぎた結果、ただの自己満足の世界で終わってしまい、資格やスキルを手に入れたとしても実感に結びつかないため、途中で諦めてしまうか、またすぐ違うものに飛びつくといった現象を生んでしまっています。これは、成長と言う意味を履き違えてしまっているんですね。これでは、もったいない!

では、改めてここで成長するためにはどうする?の答えに行く前に、成長について重要なポイントをもう一度まとめておきます。

成長とは、
@自分ひとりでは成立しません。
Aみんなの役に立つという視点に立った課題や目標を設定した上で、そこに潜むみんな期待に応える行為です。
Bみんなからの評価から充足→活力につながるものです。

ということは、成長するためには
☆みんなの期待☆を掴むことが重要になってきます。

では、みんなの期待を掴むにはどうしたらいいのでしょうか?

それは、「追求思考」と「構造認識」に他なりません。

相手の期待や想いを汲み取るためには、行為、事象、現象など状況に対して「なんで?」を問いかけることが重要なのです。「なんでこうなっているのか?なんでこうなってしまったのか?」を考える過程では、必ず原因→結果や不全⇒収束を整理する必要があります。これを体系化したものこそが、構造認識です。その結果、社会の構造、人々の意識変化が抽出でき、それに対する仮説や予測を提示でき、次の行動の方針や指針を作り上げることができるのです。

成長はみんなで期待に応えたいという想いから生まれてきます。自分という枠にこだわらない、みんなで成長する関係を築いていくことが成長スパイラルの鍵になりそうです。
 
 
  この記事は 180558 に対する返信です。
 この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_180594

 この記事に対する返信とトラックバック
263669 Re:成長するとは何だろう? 渡辺篤史 12/05/01 PM11
247500 女性として成長できた就職活動 はーこ 11/03/19 PM10
247186 成長するって= 男として、女として周りに役に立てるようになる 山田太郎 11/03/15 AM10
247183 「人の役に立てる」→「一緒にやっていきたい仲間がいるかどうか」 マリー 11/03/15 AM08
成長って☆.。.:*・° 「毎日のありがとう☆.。.:*・゜」 11/01/21 PM04
189021 「成長する」とは意味のある失敗を多く経験したかどうか。 〜偶然の成功が本当の失敗〜 橋本宏 08/10/06 AM01
人材育成の本質とは!??〜企業の取組みはどうなっている? 「これからは探求の時代」 08/08/09 PM11

  [戻る]  


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp