アメリカ→官邸→マスコミによる支配
180575 ロスチャイルドのメディアによる世論支配(CO2温暖化)
 
yooten 08/07/04 PM04 【印刷用へ
CO2地球温暖化のプロパガンダ資金は、どこから出たのか?
このプロパガンダは、メディアを使って大々的にキャンペーンを張り、人々を洗脳してきた。その裏には原子力を推進し、排出権取引で儲けようとする国際金融資本家とその血族や手下達が動いている。

まずメディアの資金の流れを見てみる。

以下、あべよしひろ講演会講義録リンクより引用。
------------------------------------------------------------------
世界的な複合メディア企業・コーポレーションの代表取締役でメディア王と呼ばれるルパード・マードックの経済顧問は、ロスチャイルド社のアーウィン・ステルザーです。
ルパード・マードックは次々とメディアを買収してきました。この資金の出所がロスチャイルドなのです。

・1969年 英国大衆紙サンを買収
・1976年 ニューヨーク・ポストを買収
・1981年 英国高級紙タイムズとサンデー・タイムズを買収
・1984年 20世紀フォックスを買収
・1986年 FOXテレビを創設
・1987年 ザ・ヘラルドとウィークリー・タイムズを買収
・1987年 フィナンシャル・タイムズの20%の株を保有
・1990年 英国の衛星放送局BスカイBの40%の株を保有
・1995年 ネオコン雑誌ザ・ウィークリー・スタンダードを創刊
・1996年 ニュース専門のケーブルテレビFOXニュースを設立
・2003年 米国最大の衛星放送局ディレクTVを経営するヒューズ・エレクトロニクス
      の34%の株を保有
・2007年 ウォールストリート・ジャーナルの発行元ダウ・ジョーンズを買収

これは本当かどうか確認できていませんが、Jew Watchというサイトによれば、既存メディアの96%がロスチャイルド家の資本傘下にあるそうです。
------------------------------------------------------------------

世論を洗脳するために、まずメディアを完全に支配し、そしてこのメディアを使って、CO2地球温暖化をプロパガンダとして推し進めた。
このキャンペーンの中心人物であるアル・ゴアの資金源もまた同様にロスチャイルド関係の富豪から出ている。

以下、同引用。
------------------------------------------------------------------
環境問題も非常に深刻な状態になっています。
・森林破壊 ・砂漠化 ・資源枯渇 ・大気汚染 ・水質汚染
・土壌汚染 ・食糧不足 ・水不足 ・地球温暖化 ・etc.
ただ、この『地球温暖化サバイバル・ハンドブック』という本はイギリス本家の御曹司デヴィッド・デ・ロスチャイルドが書いていますが、「地球温暖化は二酸化炭素が原因」というのは非常に怪しい説です。

アル・ゴアの「不都合な真実」
地球温暖化=二酸化炭素説は、アル・ゴアの『不都合な真実』によって定着した感がありますが、このアル・ゴアの活動資金はジェイコブ・ロスチャイルドの友人、大富豪のマーク・リッチが提供してきました。
リッチはジョージ・ソロスの資金源であり、国際的な鉱物業者であり、武器・麻薬商人であります。ユダヤ・マフィア「パープル・ギャング」のボスでもあります。
(中略)
ちなみにアル・ゴアの父親は、ソ連に利権を持つユダヤの政商アーマンド・ハマーの企業オクシデンタル石油の副社長でした。アーマンド・ハマーは米国共産党の創設者の息子です。アル・ゴアの娘カレナは、ジェイコブ・シフの曾孫アンドリュー・N・シフと結婚しています。
『不都合な真実』の成果で、その危険性とコスト高ゆえ衰退しかけていた原発が息を吹き返しました。
------------------------------------------------------------------
以上、引用。

国際金融資本家達は、現在が共認社会へ移行していることはよく分かっている。彼らは、ウソであれ「共認を支配した方が勝ち」だと思っている。
彼らは、騙しのプロであることを忘れてはならない。

「メディア・マスコミから発信される情報は、事実なのか?」常にこの視点が現在必要となれている。
 
 
  この記事は 180483 に対する返信です。
 この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_180575

 この記事に対する返信とトラックバック
253964 原子力産業のしくみもロスチャイルドが作った(起) 猛獣王S 11/07/04 PM11
182608 金貸しに対抗するための最大の武器は「事実」 清水昌広 08/08/02 PM10
182602 個人ではなく皆で結集し力へ 澤根和治 08/08/02 PM10
182067 「米発電10年で再生可能エネに転換…ゴア氏提案」〜米国は存亡の機、人類の将来が危険 猛獣王S 08/07/25 PM05
180835 温暖化防止の裏側 阿部佳容子 08/07/09 AM00

  [戻る]  


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、42年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp