学者とマスコミが人類を破滅に導く
176646 『緑の革命』って、何?
 
小圷敏文 ( 壮年 建築士 ) 08/05/17 AM00 【印刷用へ
>「緑の革命」の始まりは、「赤の革命」に対抗するためのものであった。中国において、1949年に共産党が権力を握ると、地方の農民組合が土地を取り戻し、借金を帳消しにし、富を再分配するように促した。それに啓発されたアジア新興諸国の農民運動も、共産党が浸透し、土地を取り戻し、それを基盤として平等な農村を作ろうと、もりあがった。この運動に対抗し、この政治状況を「安定化」させるための手段として、アメリカの財団、アメリカ国際開発局、世界銀行などが、共産主義の魅力を抑えるために集結し「緑の革命」が導入された。【緑の革命 リンク

●農法・環境に関する問題

緑の革命で使われるのは、HYV種(High Yielding Varieties高収量品種)です。収量は増えますが、その分大量のバイオマスを消費します。つまり、在来種よりも大量の化学肥料や灌漑用水が必要となります。

高   ┌───────┐
収   ↓       │
量─→化学肥料多投   │
品   ↓       │    *現代農法の
種  作物の弱体化←─土の疲弊←─「単一作物連作」
の   ↓       ↑    も同様の悪循環をもたらす
連  農薬多用     │
作   │       │
    └───────┘

農薬の多用は、土中微生物やミミズなどの生息を阻害しますので物質循環(168675 154017 154020 154027 154032 145351)が阻害されるということと、遺伝子操作作物は圃場周辺の野生植物との交雑などのリスク(3590 163744)が増えるという意味での環境問題を孕みます。

●政府開発援助(ODA)の問題性

高収量品種(ex.F1種)の連作は、化学肥料を大量に必要とするので悪循環構造構造に陥ります。そして、F1種は一代限りで種取りができませんので、継続的に「化学肥料」「農薬」「F1種」を投入せざるを得ません。

これらに、圃場整備や水資源確保・道路整備などのインフラ整備が政府開発援助(ODA)の紐付きでなされます。農業機械の購入までを含めれば、被援助国は返済不能となります。

>1979年以降、「融資の効果を阻害するような政治状態の国」には、「政策改善」を条件にした(コンディショナリティ (Conditionality) )融資を行うようになった。この際に、対象国に課せられる要求のことを「構造調整計画 (SAP) (Structural adjustment) 」と呼ぶ。このIMFの構造調整プログラムにより、アフリカや南米、アジアなどの発展途上国では、様々な経済問題(失業など)が発生し、社会が混乱に陥った。【国際通貨基金IMF(Wikipedia)リンク】より抜粋

さらりとした表現ですが、政府開発援助(ODA)の問題性を端的に述べていると思います。これが「緑の革命」の実態です。

----------------------------------------
【緑の革命に関するインデックス】

162240 「緑の革命」の事例:
│    貧しい国を助けたいという善意と情熱だけでは、
│    市場派に利用され片棒を担ぐ事になる
├●176529 【図解】「緑の革命の本質とは」
├●175476 現地人が語る「緑の革命の暴力」の実態B
││     〜食肉問題〜
│└●175477 現地人が語る「緑の革命の暴力」の実態C
│      〜「一人一人主義」の欺瞞〜
├●175292 ODAが利子つきの援助って知ってましたか?
│└●175330 ODAは人材と資源の搾取
│ └●175467 現地人が語る「緑の革命の暴力」の実態@
│       〜“HYVs”と「飢餓輸出」〜
├●165898 「小規模多品種作物農法」の可能性
├●163644 「自らの存在基盤を破壊する奇妙な技術だ」
├●162623 自然循環に反するF1種子
│----------------------------------------
├◆【世界銀行】
│├★169267 一枚岩になれない金融資本家たち
│└●167844 アメリカ崩壊後の世界〜中南米
│ ├●167914 アメリカ崩壊後の世界〜ロシア
│ └●167497 米国支配から離脱した南米7カ国 その1
│----------------------------------------
├◆【IMF(国際通貨基金)】
│├●174168 危機をむかえたIMF
│├●169968 IMF(国際通貨基金)の実態
│└●167363 『エコノミック・ヒットマン』
│        ジョン・パーキンス著
│       「〜途上国を食い物にするアメリカ〜」
│----------------------------------------
├●175327 「途上国で貧困や飢餓が無くならない
 │     のはなんで?」【露店お題】
 └●176105 食糧問題(格差は何故できたのか?)デモ
----------------------------------------
 
 
  この記事は 162240 に対する返信です。
 この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_176646

 この記事に対する返信とトラックバック
297040 インドで農民10万人が自殺 匿名希望 14/10/26 AM03
295498 インドの貧困は緑の革命とGM種子によってつくりだされた 山澤貴志 14/09/17 PM11
266279 「農業の復活」は今や「自給自足」の課題(1) 田野健 12/07/07 PM00
221767 緑の革命がメキシコで誕生したわけ 金獅子のシキ 09/12/12 AM09
農への関心が高まっているのはなんで?−1 「危機感」発の関心 「路上で世直し なんで屋【関西】」 09/11/27 AM04
「オレのモノなんだから、それをどうしようが、オレの勝手だろ」…この原理が世界を破滅に導く元凶 「新しい「農」のかたち」 09/03/29 AM05
「食とグローバリズム」生産国の現状 「新しい「農」のかたち」 09/03/19 PM09
アメリカにとって「食糧」は軍事力と並ぶ戦略物資の一つである 「新しい「農」のかたち」 09/02/28 AM11
農林畜産複合経営は楽しくてリスクも分散 「新しい「農」のかたち」 09/02/08 AM01
新グラセオ 第3章 グローバリズムがもたらす食糧危機?【巨大アグリ企業モンサントの世界戦略】 「新しい「農」のかたち」 08/11/26 PM01
食糧危機!!新しい農のかたちとは?! 3章グローバリズムがもたらす食糧危機? 資源の危機〜水の枯渇、土壌汚染 「新しい「農」のかたち」 08/11/25 AM00
貧困と飢餓が起こる真の原因構造(世銀が貧困と飢餓を拡大させた) 「にほん民族解放戦線^o^」 08/10/04 AM02
188649 緑の革命を受け入れた国 フィリピン 2U 08/10/02 PM04
「地球温暖化」を口実にしたグローバル企業の寡占化を世銀が推進…というシナリオ 「にほん民族解放戦線^o^」 08/07/28 PM09
社会企業家が示唆する日本の役割 「金貸しは、国家を相手に金を貸す」 08/06/03 AM02
177920 メディアは「アフリカ」「アフリカ」と騒ぎすぎ。国際金融資本→世銀→マスコミはいったい何を狙っているのか? tanvool 08/05/30 PM06

  [戻る]  


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、42年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp