原始人類の婚姻様式と男女和合充足
17452 生物の一種としての人間
 
蘆原健吾 ( 30代前半 広報 ) 01/11/29 PM10 【印刷用へ
私も、現在の性規範がどうあるべきか、ということを考える前に、人類の多くがユダヤ・キリスト教の規範の影響を受ける以前の性規範についてや、本能として持っている人間の性の本質をもっとしりたいと思います。

いくら規範をつくっても、生物としての人間の本質とかけ離れたものだったら、充足できないし、結局受け入れられない、単なるお題目になってしまうでしょうから。

こういうことを言うと、「現代人は原始人とは違ってもっと高等だ」「知性も理性もあるので動物とは根本的に違う。だから動物のことは参考にならない」、「生物学的還元主義者だ!」と揶揄されることが多いのですが、私は、次のような根拠で、実現論で行われているように、始原人類、さらに遡ってサルの性のあり方を参考にしてみるのは、大いに意味のあることだと思っています。

最大の根拠は、ほ乳類の脳構造の共通性です。基本的に脳の構造は人類もサルも犬も猫もほぼ共通性です。

 リンク

脳幹、小脳、中脳、視床、大脳辺縁系、このへんまでは脊椎動物でまして哺乳類であれば、大きさは違へどほとんど構造と働きは共通です。人間といえども、その古い(?)脳に、大脳新皮質という新しい脳がぬり重ねられてできているわけです(発生段階においてもそういう形成のされ方をします)。

大脳、特に前頭葉の発達が人間に顕著である、という点が特殊なだけです。

肉体の制御と生命の維持(自律神経)や、本能レベルの性欲、怒りやおびえなどの感情など、生命としての基本的な働き、私たちの欠乏や行動を陰で律しているのは、実はこの古い脳です。また、大脳新皮質で組み立てられた情報も、ほとんど全てが、この大脳辺縁系以下の古い脳にフィードバックされます。

「人間には知性がある、理性がある、社会性がある。だから動物とは全く違う」という言説をよく耳にしますが、知性も理性も脳のほんの表層での事であって、たいていは、原始の脳の欲求を後付で説明(言い訳?)しているに過ぎません。

古い脳から発せられる欠乏や情動の整序を行うのがもっぱら前頭葉の働きです。ゆえに、古い脳の影響を受けない純粋な理性など存在しないわけです。

未開部族と呼ばれている人々の多くは、たいてい、「自然に生かしてもらっている」という自然観・人間観を持っているのですが、どうもユダヤ・キリスト教以降、人間は他の生物から一線を画する特別な生き物だ(神に似せて創造された特別な存在)という人間観が無意識に前提とされているような気がしてなりません。それが、過剰に人間の理性を特別視する価値観に繋がっているのではないでしょうか。

ちょっと話がそれましたが、ユダヤ・キリスト教では、「セックスは罪」とされています。徹底的に性を抑圧対象とするこの価値観は、高樋さんがこの掲示板で指摘されている<廃用萎縮>を進めていったのではないかと容易に推定されます。<廃用萎縮>はすでに2000年以上前から起こっているのではないか?この仮説にたつとすると、ユダヤ・キリスト教の影響を受ける前の性に対する捉え方を見直してみることが、非常に重要な意味を持ってくると思うのです。みなさんはどうお考えになりますか?
 
 
  この記事は 17319 に対する返信です。
 この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_17452

 この記事に対する返信とトラックバック
17671 人間の特別性・再考 高樋昇 01/12/02 PM05
17501 人間はどこまで特別か? 高樋昇 01/11/30 AM06
17484 RE:生物の一種としての人間 柳瀬尚弘 01/11/30 AM00

  [戻る]  


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp