生命原理・自然の摂理
170352 食べれば食べるほど疲れる
 
新谷仁 ( 30 ハガキ職人 ) 08/02/04 PM03 【印刷用へ
エコロジカル・ヘルシーショップ三友 桧垣史郎氏の記事を引用します。
リンク

===================

ある焼き肉チェーンの新聞広告に「牛肉を食べると元気になる。」と書いてありました。しかし、この新聞広告は間違いで肉を食べると元気は出なくなります。2003年2月24日に放送された『世界まる見え!テレビ特捜部』でチーターの子育ての様子をルポしていました。その中で、チーターが猟場にしている草原が乾期に入り、エサとなる草食動物が草のある地域へ移動をし、猟場からいなくなった為、チーター親子が獲物を捕れず食べ物に苦慮する様子を伝えていました。
チーターが草食動物を追わずにエサのない現在の地域を離れない理由は、肉食が原因と言っていました。肉など動物性食品を消化するには相当のエネルギーを必要とします。そのため移動(運動)に使うエネルギーがないので、草食動物のいる場所に移動できず、エサのない猟場に留まっているということです。その証拠にライオンなどの肉食獣は普段でも動くことはあまりなくほとんどの時間をゴロンと寝て過ごします。特にライオンは、チーターよりも休む時間が長く、1日に体を動かすのはわずか2時間程度だそうです。それに比べ動物性のものを食べない草食動物は元気です。動きも機敏です。
エルウィン・フォン・ベルツ(注)がドイツから来日し、人力車の車夫の体力に驚いたことが記録に残っています。東京から日光までを馬の場合は、途中で馬を6回取り替えて14時間かかったのに対し、車夫は同じ距離を1人で14時間半で走りました。そのことに驚いたベルツは車夫の食事を調べました。その結果、栄養学とはかけ離れた食事を摂っていたので栄養学に添い肉などを与えました。栄養学に添う食事は車夫を3日で疲れさせ走れなくさせました。そして元の食事に戻すと元のように元気に走れるようになったそうです。肉を食べない日本食の方が体力がつくという実例です。肉食動物でさえ肉を食べると元気がなくなるのですから、穀菜食の人間が食べればなおさらです。だから、新聞広告は「牛肉を食べると元気が出なくなる。」と訂正すべきです。
「スポーツ栄養学の権威であるサンタモニカのベルンド・フレッドランダー医博はこういっている。『エネルギー不足を訴えるスポーツ選手が多いのですが、その原因の十中八、九は蛋白質のとりすぎです。蛋白質の消化には多量のエネルギーを要します。そのため、筋肉を作ったり、筋肉の高い活動量を長時間維持したり、怪我から身を守る集中力を保ったりするのに必要なエネルギーが、大部分消化のほうに回されているのです。(中略)私はプロフットボールチームの食事指導を行ったことがありますが、彼らの大好物は特大ステーキと小山のようなアイスクリームでした。それを野菜中心の、量より質の食事に変えたのですが、選手たちはスタミナがついたうえに動きも機敏になり、怪我も目に見えて減りました。』」(『豊かさの栄養学』丸元淑生 著・新潮文庫・P.106〜107)

昔、日本が裕福ではなかった頃、動物性食品をあまり摂らない粗食で胃腸に負担をかけない食事だったのですが裕福になるに従い動物性食品を摂る機会が多くなり、食事以外にもおやつやコーヒー、牛乳、清涼飲料水などを四六時中、口にするようになりました。このような状態では胃腸は休む暇はありません。動物は体で使うエネルギーの大半を食べたものを消化するために使います。常に物を食べているとエネルギーは常に消化活動に使われ免疫活動に使われるエネルギーがなくなり病気に罹りやすくなります。大食家や裕福な社会ほど病人が多いことはこのことで裏付けられます。
食事を摂らないで病気を治す断食というものがあります。先ほども書きましたが人や動物は食物を消化することにエネルギーのほとんどを使っています。そのため物を食べると免疫活動に使うエネルギーが少なくなります。そこで食物を食べなければ消化活動をしませんのでエネルギーのほとんどを免疫活動にまわすことが出来ます。断食はこのようなメカニズムで病気を治しているのです。「野生の動物は病気にかかったり、けがをしたりすると、ものを食べずにいるか、熱を出す、もしくはその両方の断食と発熱によって身体を治しているのです。これが自然の治癒力です。」(『東洋の智恵は長寿の智恵』渡辺昇一・石原結實 著・PHP 研究所・P.37)というように野生動物も病気になれば何も食べずに断食をしてエネルギーを治療にまわします。しかし、人間は病気になれば医者でさえ「栄養のある物を摂りゆっくり休みなさい。」と言います。栄養価の高い物ほど消化にエネルギーを必要とします。特に動物性食品の消化には必要以上のエネルギーを必要とします。だから、「病気になれば食べるものを控えて寝なさい。」が正しいのです。
「消化という作業は、胃腸に想像以上に大きな負担をかけるものなのである。当たりまえの食事をしていてさえそうなのだから、肉食をすると、胃腸の負担は何倍も大きくなる。蛋白質は、そのまま蛋白質になるのではなく、いったん炭水化物に還元されてから、改めて体蛋白につくり変えられる。本来ならば必要のない『炭水化物への還元』という余計な作業を負わされるので、肉食に偏った食事の消化作用においては胃腸の疲労度はそれだけ大きくなる。」(『クスリをいっさい使わないで病気を治す本』森下敬一 著・三笠書房・P.26)

引用終わり
==================
食事を取らないということは、不健康なことだとこれまで教えられてきたが、過剰に「食べる」ことによって消化のためのエネルギーが必要になり、内臓で食べ物を消化するための食事という、浪費のための浪費をくり返し返していたのかもしれない。1日3食が「健康」という現代の常識は、実は全く根拠が無いのではないか?
 
 
 
 この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_170352

 この記事に対する返信とトラックバック
279717 現代の食生活は、猿→人類の消化能力では対応できないシロモノ。 匿名希望 13/07/31 PM09
176005 思い当たるフシがあります 匿名希望 08/05/09 AM10
175910 確かに食べ疲れする\(◎o◎)/! 三浦由衣 08/05/08 AM08
170965 食べたくて食べている感じがする食事 佐藤英幸 08/02/16 AM05

  [戻る]  


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp