市場は環境を守れない、社会を統合できない
168589 新潟県中越地震は地中へのCO2注入が引き起こした人災か!?
 
おおさかじょん ( 20代♂ ) 08/01/06 PM07 【印刷用へ
>Klose氏によると、地中に二酸化炭素を注入するという最近の技術も危険だという。[日本語版編集部:日本では新潟県長岡市で実証実験が行なわれていた。]

168414でも触れられている、新潟県長岡市で2003年7月から始められた「CO2地中貯留試験」。地中へのCO2注入が新潟県中越地震を引き起こした疑いが強という説が、『【仮説】巨大地震は水素核融合で起きる!』(2007年 工学社)に詳しく述べられている。

著者の山本寛氏は、ヤマハ発動機鰍ナモーターサイクルの開発や品質管理を務めた元エンジニアで、エンジンの燃焼に関する論文や燃料電池に関する解説記事を発表する一方で、「常温核融合」に興味を持って情報収集を行ない、【地震は、地殻に含まれる「水」が周りの金属と反応して発生する「原子状水素ガス」が核融合して起こる爆発である】との仮説に辿り着いた。

この仮説を用いれば、地下への水およびCO2の注入が地震を引き起こす危険性が高いことを説明できるだけでなく、未だに実用化の目途が立たない地震予知技術の確立や、将来的には地震の規模を小さく押さえられる可能性もある。

更には、この「原子状水素」による核融合(原子力発電はウランの「核分裂」を利用している)を実用化できれば、石油や原子力に代わるエネルギー源になり得る可能性を示しているので非常に興味深い。

さて、CO2注入と地震発生との関連についてだが、元来、地震発生の頻度が少ないアメリカ大陸の内陸部でも、近年「群発地震」が起きるようになり、その原因が、天然ガスや石油の生産量上昇を目的とした、ガス田や油田への頻繁な水の注入であり、「地球温暖化対策」としてCO2を地中に注入することも地震発生を誘発する危険性が高いそうだ。

アメリカでは研究機関による、地下への水およびCO2の注入による地震への影響調査が行なわれ、その結果を受けて、地下への水およびCO2の注入に際して事業者が遵守すべき法令を定めている―。

以下は、8章「中越地震はCO2注入による人災か!?」からの抜粋です。
―――――――――――――――――――――――――――――――――
「天然ガス田」に設置された日本の「CO2貯留プラント」

現在世界各国で「地球温暖化ガス」の「CO2」を「海底」または「地中」に貯留することが検討されている。日本においても、財団法人地球環境産業技術研究機構が下記の研究を行なっている。
(中略)
「CO2ガス」は、地下約1100メートルの「帯水層」に、最大19メガパスカルの圧力で1万トン注入された。
注入されたのは「水」ではなく「CO2」ではあるが、注入層が「帯水層」であり、ここにあった「水」は、地中深く押し込まれたと考えられる。つまり、結果的には、「水」が高い圧力で注入されたのと同じである。
注入圧力が19メガパスカルということは1900メートルのダムの高さに相当する。世界一高いダムでも300メートルであり、ダムが地震を誘発するのであれば、帯水層の水を地中深く押し込むこの「CO2地中注入」が地震を誘発する可能性は高い。
「地震核融合説」で地震が発生する可能性が高いのは、「押しやられた水が地中のまだ酸化されていない金属と触れる場所」、つまり「ガス田の前縁」となる。

「CO2注入」によって始まった中越の地震活動

…この図3および図4から、「CO2注入」が始まる以前の中越地方の地震活動は低かったと言えるしかし、2003年7月の「CO2注入」が始まった半年後の2004年1月になると、地震活動が活発化した。(※投稿者注:図3および図4では、2003年の中越地方のM3以上の地震発生は0件、2004年のM3以上の地震発生は5件であり、全て注入井戸から半径20km以内で発生していることが示されている。)
そして、2004年10月23日に「新潟県中越地震」が発生した。

「新潟県中越地震」は「CO2貯留」が引き起こした人災か!?

…この新潟県中越地震は他の地震と比較して次の3つの際立った特徴がある。
(1)「新潟県中越地震」の「余震震源地」の分布が、…「楕円形」である。
半年後に発生した「福岡県西方沖地震」の「余震」が、警固断層に沿った「直線状」に並ぶのと比較して、際立った対照を示している。
(2)「余震」が極めて大きかった。
(3)「余震の数」が他の地震に比較して極めて多い。
以上の点から、「新潟県中越地震」は「CO2注入」によって地下水が地下に押し下げられ、今まで説明してきたメカニズムで地震発生に至ったと推測するに充分な条件を備えている。

「CO2地中貯留」と「新潟県中越地震」の因果関係の究明を!

今まで述べてきたように、「新潟県中越地震」は(財)地球環境産業技術研究機構による「CO2地中貯留」により引き起こされた可能性が高いと著者は考える。
しかし、この地震の発生メカニズムを、「CO2地中貯留」の観点から検討した国および大学の研究機関の報道を見聞したことがない。
地球温暖化対策として今後ますます「CO2地中貯留」のニーズが高まると予想される。国としては、「新潟県中越地震」を事例として「CO2注入」と「地震」の因果関係を究明し、将来に備える必要があると考える。(後略)
―――――――――――――――――――――――――――――――――
 
 
  この記事は 168414 に対する返信です。
 この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_168589

 この記事に対する返信とトラックバック
272344 人間は知らないうちに地震を起こしてしまう@ 2U 13/01/19 PM03
177714 四川大地震は三峡ダム建設による人災の可能性 阪本剛 08/05/28 PM06
二酸化炭素貯留テクノロジーって大丈夫なの? 「地球と気象・地震を考える」 08/02/05 PM11

  [戻る]  


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、43年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp