古代市場と近代市場
165720 弾圧され続けたユダヤ人による金融市場構築までの流れ
 
西村典綱 ( 27 会社員 ) 07/11/22 PM10 【印刷用へ
現代の金融市場と、その背後で勢力争いをする国際金融資本(ロスチャイルド・ロックフェラーetc)の成立過程や、パレスチナ問題などに代表される戦争問題をおさえる上で、重要なキーワードとなるのが「ユダヤ人」という存在。
その「ユダヤ人」について、歴史的背景(弾圧から金融市場構築に至る流れ)が書かれている記事があったので、以下に紹介します。


田中宇の国際ニュース解説リンク
より以下引用。

」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」

金融の元祖ユダヤ人リンク
2001年2月1日  田中 宇

シェークスピアの「ベニスの商人」に出てくる悪役のユダヤ人シャイロックに象徴されるように、中世ヨーロッパでは多くのユダヤ人が高利貸しを生業としていた。他人に貸した金から利子をとることはキリスト教が禁止していたため、それに手を染めるユダヤ人は欲深い罪人というイメージを持たれていた。

 実はユダヤ教においても、利子の徴収は原則として禁じられていた。むしろ、一神教の元祖であるユダヤ教が利子を禁じたから、そこから派生したキリスト教やイスラム教もまた、利子を禁止したというのが、歴史の順番であろう。とはいえ、キリスト教などは利子の徴収を完全に禁じたのに対し、ユダヤ教は例外として異教徒(外国人)から利子をとることは許していた。

 そのため11世紀に、バチカンのキリスト教会がユダヤ人をほとんどの職業から追放した後、ユダヤ人にとって数少ない収入源として残ったのが、高利貸し(質屋)や金塊の保管人、両替商(貿易決済業)など、利子を取り扱うことが多い金融業であった。教会という中世ヨーロッパの支配者が、ユダヤ人をそのような立場に追い込んだ理由は、社会の共通の敵を設定することで、自らの権力を安定させるためだったと思われる。(記事「聖地争奪戦:一神教の近親憎悪」リンク参照)

 だがその後、ヨーロッパでは貿易の活発化や産業革命を経て、経済の中心が農業から工業に移った。国家の主目的は、大資本をかけて大きな工場を作り、製品を大量生産することで巨額の利益を出せる体制を作ることになった。

 このような近代化が進展した背景には、政治と宗教を分離した宗教改革があった。中世には、キリスト教会が政治権力や司法権をも握っていたが、プロテスタント運動など宗教改革によって、政治権力や司法権は「国家」を握る国王に移り、その後フランス革命などを経て、国民が力を持つようになった。

 ヨーロッパの政教分離は同時に、経済の前提も変えることになった。教会は人々の経済活動に口出しできなくなり、「利子」をとることが悪事ではなくなったのである。ところが、それまで利子が罪悪だっただけに、利子を受け渡ししながら巨額の資金を集め、資本として使うという近代経済の技能は、ほとんどの人々にとって未知のものだった。その技術を持っていたのは、ほかでもないユダヤ人だけであった。

(とはいえ、すべてのユダヤ人が金融業者だったわけではない。中世から近代にかけて、ユダヤ人は東欧に多かったが、彼らのほとんどは職人か行商人、もしくは貧しい農民だった)

▼弾圧から生まれた金融技術

 中世には、弾圧を受けたユダヤ人の移住が何回も起きた。11世紀には、十字軍やイスラム帝国分裂の影響で弾圧された中東のユダヤ人が、ベネチア(ベニス)などに移住した。15世紀には、スペインでキリスト教王国がイスラム王国を倒したことにともなってイスラム王国に協力したユダヤ人への弾圧が強まり、ユダヤ人は全員がキリスト教徒に改宗するか追放されるかの選択を迫られ、多くが北アフリカやトルコ、ベネチアなど地中海沿岸の商業都市に移住した。

 このような移住は、たとえば以前にスペインの金融業界に属していたユダヤ人金融家が、トルコやベネチアに信頼できる同業者がいるという状況を生んだ。彼らはこの離散状態を生かし、遠い町との貿易決済業にたずさわるようになり、為替技術を発達させた。さらに彼らは、貿易商人から毎月いくらかの積立金を徴収し、船が海賊や遭難の被害にあったときの損失を肩代わりするという保険業や、事業のリスクを多人数で分散する株式や債券の考え方を生み出した。

 一方、中世にはユダヤ人だと分かっただけで財産を没収されることがあったので、ユダヤ人にとって自らの名前を書かねばならない記名型の証券は安全ではなかった。そのためユダヤ人の金融業者たちは、無記名の証券(銀行券)を発行・流通させる銀行をヨーロッパ各地で運営していた。この技術は、やがてヨーロッパ諸国が中央銀行を作り、紙幣を発行する際に応用された。

 こうしてみると、銀行、為替、保険、証券、債券といった現在の金融業態のすべてに、ユダヤ人は古くからかかわり、金融システムの構築に貢献したことになる。中央銀行や株式市場ができて、ユダヤ人金融業界内部にあった金融システムを国家が肩代わりしてくれることは、地位が不安定なユダヤ人にとっては資産の安全性を確保できる望ましいことだった。

 彼らはシステムを囲い込むことをせず、積極的なノウハウの提供を行ったが、それは自分たちのルールを世界に通用させることにつながった。はるか後の現在まで、ユダヤ人の銀行や証券会社が金融市場を牛耳ったり、中央銀行の決定に影響を与えたりできるのは、この「創業者利得」から考えて、歴史的必然であるともいえる。シャイロックに象徴されるベニスの商人とその同僚たちがいなかったら、現在のような金融ビジネスは生まれなかっただろう。

〜後略〜

以上、引用終わり。

」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」

キリスト教や国家からの弾圧を受け、金融業くらいしか職に就けず、定住もままならなかったユダヤ人。その後、国家が市場に積極的に加担するようになり(農業→工業の発展)、市場の急拡大に伴って、その国家に寄生する形で金融業(為替、株式、保険など)を発展、拡大させていく。

そして市場が金融市場と一体となって拡大していく過程で、その金融市場(紙幣の発行含む)を完全に牛耳る形で資産を拡大していき、その流れの中から今の国際金融資本家と呼ばれる人たちが誕生していったということのようです。
 
 
 
 この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_165720

 この記事に対する返信とトラックバック
「お金の本質に迫る!」7 〜ユダヤ人による金融市場の構築〜 「金貸しは、国家を相手に金を貸す」 10/02/27 AM02
「お金の本質に迫る!」7 〜ユダヤ人による金融市場の構築〜 「金貸しは、国家を相手に金を貸す」 10/02/27 AM00
226887 文化が花開く時 まるも 10/02/20 PM10
226886 サロン参加しました ocean 10/02/20 PM10
なぜユダヤ人は金融業に特化していったのか? 「縄文と古代文明を探求しよう!」 09/02/21 AM01
なんで屋サロンの意外な魅力 「路上で世直し なんで屋【関西】」 09/02/17 AM11
なんでユダヤ人を追究するのか? 「縄文と古代文明を探求しよう!」 08/12/25 PM08
189284 ユダヤ系財閥のルーツ〜『ベニスの商人』はどこから来たか? 太刀川省治 08/10/09 PM02
英国の覇権の起源はユダヤネットワークだった 「日本を守るのに右も左もない」 08/08/30 PM11
Track-Back (no-title) 「日本を守るのに右も左もない」 08/08/30 PM11
175715 ユダヤ人の移動と覇権国の推移、および近代の革命・・・1 南風小僧☆ 08/05/04 PM06
168412 穀物高騰の裏でファンドマネーが食を操る〜コモディティファンド 猛獣王S 08/01/03 PM08
168259 金儲けの為なら戦争さえ起こす金貸しの実態 ダイ 07/12/31 PM08
167689 商売に長けた民族は、歴史的に虐げられ分割・服属を余儀なくされた歴史を持っている 匿名希望 07/12/24 AM11
167659 バチカンがイスラエルのユダヤ国家論に噛み付く 猛獣王S 07/12/23 PM07
166998 迫害に伴う寄生の遍歴 谷光美紀 07/12/13 PM06
基軸通貨について 金・基軸通貨体制の変遷 「金貸しは、国家を相手に金を貸す」 07/12/06 PM06
165886 国際金融家支配からの脱却 07/11/25 AM02

  [戻る]  


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、42年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp