収束不全:やりたいことが見つからない
165258 生きる=外圧適応=充足
 
 稲 花 ( 26 ..._〆(゚▽゚*) ) 07/11/14 PM06 【印刷用へ
>人間は外圧を取り除くために必死になってきたのかと思っていました。でも実は、外圧がゼロでは生きていけなくて、逆に程よい外圧があったほうが生きやすい、なんて不思議な感じがするけれども、そうなんだと思いました。

生物史を細胞段階から勉強していくと「外圧を取り除くため」というよりも「外圧に適応するため」ということが、生物進化のどの段階でも繰り返されていることがよくわかります。

なんとなくですが、そこには、外圧をなくして楽になろうっていう感覚よりも、外圧を真正面から受け止め何とか生き抜こうとする本能的でプラス方向の収束を感じます。
さらに、豊かになった現在では感じにくいことですが、極限時代の人類にとっては外圧に適応すること・生きること・充足しあうことは同義だったのではないでしょうか。


生きるってことは常に変化していく外圧を克服、適応していくことではなでしょうか。逆にいえば外圧がない(環境の変化がない、期待がない)という状態はなんのために生きているかわからない状態・生きることに充足を感じられない状態であり、それを捉えにくい状況になってきているからこそ「イミの探索」に向かうのかもしれませんね。
 
 
  この記事は 165018 に対する返信です。
 この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_165258

 この記事に対する返信とトラックバック
181300 楽処の楽は真の楽に非ず 倭民 08/07/15 PM10
165354 同類圧力を受けとめるためには ryujinkeizou 07/11/16 AM02

  [戻る]  


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
現代の神官=社会統合階級の欺瞞
個人主義者の詭弁 個人と自我
個人主義の責任捨象と言い逃れ
共認回路と自我回路
規範意識の形成の土台は? 
力の論理と共認機能
自我の源泉は、共認の部分否定にある
序列闘争は、共認されている
自我ではなく、共認こそ原点である
自我とは?(フロイトとラカン)
規範回路と観念回路の断層
我思う、故に我あり
漱石をねじ曲げる「奴隷」たちへ
「自我=エゴ」を制御するもの
相手尊重の意識の原点は?
歴史無視の表層的個人主義はウンザリ
共認充足がなければ生きられない
共認回路の特殊性
共認回路は個体境界を越えて情報を統合する
「自分らしさ」を理解できない人々
「心の豊かさ」に感じる胡散臭さ
規範の形成を阻んでいるもの
自己実現の「非」実現性
自我回路より共認回路の方が充足できる
“自我心理学”から“共認心理学”へ
あらゆる圧力を排除する個人主義
人類の本性は共同性にあるA
原始時代に自己中はいなかった
全体主義を生み出した犯人は、自己中
潮流1:共認原理と私権原理
私権時代から共認時代への大転換

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp