環境破壊
162240 「緑の革命」の事例: 貧しい国を助けたいという善意と情熱だけでは、市場派に利用され片棒を担ぐ事になる
 
麻丘東出 ( 47 環境コンサルタント ) 07/09/28 AM01 【印刷用へ
国際市場を牛耳る国際資本家が、農業の世界を支配し、目先の表層観念に収束した人を利用して起こした「緑の革命」についての記事を紹介します。

『オルタナティブ通信「既に世界帝国は完成している」2007年09月18日』リンク より引用
--------------------------------------------------------------
日本のジャイカ等、国連機関による経済支援が貧しい国をさらに貧しくし、国連が1000人で済む餓死者を10万人に増加させてきた。

 ロックフェラーの経営する世界最大の穀物商社カーギルと提携した化学企業モンサント社が、国連と協力し推進してきた「緑の革命」が餓死の原因である。

 「国連と一体化」して、カーギル=ロックフェラーは食糧を増産するという名目で、世界中の貧しい国々に単位面積あたりの収穫量が増加するという大豆の種子等と、農薬、化学肥料をセットにし大量に売り付けてきた。この種子は水を大量に必要とするため、井戸を掘る事業もセットにされていた。それ等の購入費用は貧しい国に借金として残った。日本の海外青年協力隊などが、井戸掘り、農薬の使い方の「指導」を世界中で行った。

 種子は単年度しか使えず、収穫された大豆を再び翌年植えても発芽しないように、カーギルは遺伝子組換えを行っていた。毎年貧しい国は、カーギル=モンサントにお金を支払って種子を買わなくてはならなくなった。農薬、化学肥料とセットにしてである。カーギルの金儲けのための遺伝子組換えであった。貧しい国の借金は増える一方になった。

 しかし、食糧が増産出来たのはわずかに数年であった。井戸から汲み上げた水には塩分が含まれ、化学肥料の残留と一体化して数年で畑は塩まみれ、残留肥料、農薬まみれになり、耕作出来ない状態になった。農民は農薬によるガンでバタバタ倒れて行った。カーギルの売った農薬DDT等は、人体に危険な発ガン物質が含まれるため、先進国では販売を禁止され、在庫としてカーギルの倉庫に売れ残っていた「毒」であった。

 貧しい国の今までわずかでも食糧を生み出していた畑は、塩害等で砂漠に変わって行った。貧しい国には餓死者が大量に発生した。

 貧しい国には、農薬、化学肥料、種子、井戸掘りの費用が莫大な借金として残った。借金だらけの政府は、ガンに犯された農民への医療と食糧補助を打ち切った。死者はさらに増加した。

 これが「国連による経済支援」の実態である。「国連の仮面」の下にカーギルが居た。

 カーギルとモンサントだけが、数千万人の農民の死と引き替えに莫大な利益を上げた。農薬、化学肥料の使用法の指導、井戸掘り支援を「善意」で行った日本の海外青年協力隊、ジャイカの若者達は、その無知と国連への「盲信」のために「貧しい国に哀れみをかける殺人部隊」となった。貧しい国を助けたいという善意と情熱では、カーギルやモンサントには「歯が立たない」。

 これが悪名高い「緑の革命」である。

 農薬、化学肥料を大量に使う農業は、その肥料が比較的「安全」な物であっても土壌を悪化させ、10数年で土壌の悪化とその回復のために耕作を止めなくてはならなくなる。現在、米国でもこうして土壌悪化した休耕地を持つ農民への生活支援のために、莫大な補助金を政府が投入する結果になっている。

 カーギルの副社長であったドウェイン・アンドリース等が、カーギル退社後、ドレフュス=ADM(アーチャー・ダニエルズ・ミッドランド)社の最高経営責任者に就任する等、長年カナダで活動するADMとカーギルは一体化して来た。ソ連=ロシア領土であったウクライナ等から、エネルギー、食糧等を密輸して来たウクライナ・マフィア=ドレフュスは、ウィスキー帝国ブロンフマン一族と一体化しつつ、世界最大の穀物商社カーギルとも一体化して来た(この点は、拙稿「今後100年世界を支配する者」、また「ゴルバチョフ1〜5」を参照下さい)。

 このカーギル=ADMが推進した「緑の革命」の化学肥料は、ウクライナ経由でカナダのアルバータ州に密輸されてくる、旧ソ連の天然ガスから作られていた。カーギルの子会社であるアルバータ州のカナディアン・エイティ・エイト・エナジー社は、エネルギー企業の名前を持つ化学肥料会社である。

 ここで生産される化学肥料は、海路で米国、貧しいメキシコ、ブラジル等、南米諸国、さらにはアフリカ、インド等に「販売」されて来た。この化学肥料を運ぶ船舶が「死を運ぶ」船である事は既述の通りであった。

 カーギルは、アルバータから輸送されてくる「ウクライナ産」化学肥料を輸出入する「専用港」をミネアポリスに建設した。カーギルの化学肥料のため「だけ」の専用港を莫大な費用をかけて建設する程、膨大な量の化学肥料が製造販売され、莫大な利益を上げた事をこれは示している。

 旧ソ連との密輸こそ、カーギル=ADMの「生命線」であった事をこれは示している。

 この「生命線」は、カーギル=ADMに何をもたらしたのか。

 カーギルはカナダ最大の牧草生産会社=食肉業者に成長し、同時に、単独で世界の穀物流通の50%以上を独占する巨大企業に成長した。そこにADMが加わると、このカナダのウクライナ・マフィアは世界の穀物流通の7割以上を「単独」で独占すると言う、「世界の支配者」に成長した。その支配力の源泉が、種子、農薬、化学肥料の販売独占である。人間の命の源である食糧を、地球上で単独で7割以上を独占する等、もはや「世界帝国の独裁者」としか呼び様が無い。化学肥料も農薬も石油化学製品であり、世界の石油王ロックフェラーにのみ可能であった帝国建設と言える。

 なお、農薬はカナダのウィスキー帝国ブロンフマンの経営する、化学企業デュポン社が提供している。
---------------------------------------------------------------
 
 
  この記事は 161149 に対する返信です。
 この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_162240

 この記事に対する返信とトラックバック
297449 緑の革命〜まとめ投稿集〜 ほっとれもん 14/11/03 PM11
アメリカの食糧戦略の本質は「共認支配」にある1〜「食の確保」は集団にとって本来最も根底的な課題である 「にほん民族解放戦線^o^」 13/02/03 PM01
ODA…そしてIMF・世界銀行の真の意図とは…? 「にほん民族解放戦線^o^」 12/11/07 PM10
世銀・IMFは「援助」のためなどではなく、途上国から徹底して収奪し尽くすために存在する 「にほん民族解放戦線^o^」 12/04/19 PM11
257339 遺伝子組み換え大豆の栽培により南米では出生障害が続出している 佐藤祥司 11/10/03 PM03
世界食糧デー:飢餓人口9億2500万人〜“金貸し”が世界の格差を拡大し貧困と飢餓を創り出している 「にほん民族解放戦線^o^」 10/10/19 AM00
239514 自給自足体制の復活〜緑の革命のあとに見直されたのは伝統農法〜 みのり 10/10/17 PM04
『援助じゃアフリカは発展しない』ダンビサ・モヨ 「にほん民族解放戦線^o^」 10/09/14 AM04
シリーズ「市場は環境を守れない、社会を統合できない」4〜市場支配のための「緑の革命」 「金貸しは、国家を相手に金を貸す」 10/07/03 PM06
シリーズ投稿 新グランドセオリーの紹介「農から始まる日本の再生」その@〜途上国を飢餓に陥れた「緑の革命」 「路上で世直し なんで屋【関西】」 10/07/03 PM03
233771 なぜ、人を殺してまで利益を出す必要性があるのか? 越見太士 10/06/26 PM09
213214 『世界から貧しさをなくす30の方法』田中優(編集)著
「日本のODAの実態」
蘆原健吾 09/08/19 PM09
農業で生きようとしている農家のための政策を! 「にほん民族解放戦線^o^」 09/08/16 PM11
211340 EUでは「Abolish Money!」(貨幣を廃止せよ!)のデモだ たつまき 09/07/23 AM04
210918 途上国はどのようにして食糧輸入国に転落していったのか tanvool 09/07/16 PM10
207690 「農林10号」と「緑の革命」を結ぶ「GHQ・アメリカ合衆国農務省天然資源局」(1) 小圷敏文 09/05/29 AM10
「オレのモノなんだから、それをどうしようが、オレの勝手だろ」…この原理が世界を破滅に導く元凶 「新しい「農」のかたち」 09/03/29 AM05
「オレのモノなんだから、それをどうしようが、オレの勝手だろ」…この原理が世界を破滅に導く元凶 「新しい「農」のかたち」 09/03/29 AM05
203015 世界の穀物シェアの4割を握るほどの巨大な株式非公開の企業 匿名希望 09/03/27 PM10
「食とグローバリズム」生産国の現状 「新しい「農」のかたち」 09/03/19 PM09
アメリカにとって「食糧」は軍事力と並ぶ戦略物資の一つである 「新しい「農」のかたち」 09/02/28 AM11
アメリカにとって「食糧」は軍事力と並ぶ戦略物資の一つである 「新しい「農」のかたち」 09/02/28 AM11
199166 「緑の革命」の研究開発 芝田琢也 09/02/07 AM05
新グラセオ 第3章 グローバリズムがもたらす食糧危機?【巨大アグリ企業モンサントの世界戦略】 「新しい「農」のかたち」 08/11/26 PM01
新グラセオ 第3章 グローバリズムがもたらす食糧危機?【巨大アグリ企業モンサントの世界戦略】 「新しい「農」のかたち」 08/11/26 PM01
食糧危機 3章 グローバリズムがもたらす食糧危機?【緑の革命の負の遺産】 「新しい「農」のかたち」 08/11/24 PM10
食糧問題:リンク集(動画&テキスト) 「にほん民族解放戦線^o^」 08/10/11 AM04
貧困と飢餓が起こる真の原因構造(世銀が貧困と飢餓を拡大させた) 「にほん民族解放戦線^o^」 08/10/04 AM02
貧困と飢餓が起こる真の原因構造(世銀が貧困と飢餓を拡大させた) 「にほん民族解放戦線^o^」 08/10/02 PM05
貧困と飢餓が起こる真の原因構造(世銀が貧困と飢餓を拡大させた) 「にほん民族解放戦線^o^」 08/10/02 PM05
188669 市場の無理矢理拡大の背景に、『国連』の存在がある! 匿名希望 08/10/02 PM05
188215 国連と緑の革命 おかけん 08/09/30 PM10
184161 貧困国からの搾取構造〜ユニリーバの策略〜 匿名希望 08/08/28 PM05
182999 また米産牛肉禁輸のひき肉が混入!!〜ロックフェラー系のカーギル社ドッジシティー工場からこれで3回目 猛獣王S 08/08/09 PM07
182531 アメリカによる「平和のための食糧援助」 辻一洋 08/08/01 PM07
「地球温暖化」を口実にしたグローバル企業の寡占化を世銀が推進…というシナリオ 「にほん民族解放戦線^o^」 08/07/28 PM09
『緑の帝国』−世界銀行とグリーン・ネオリベラリズム 「にほん民族解放戦線^o^」 08/07/25 PM11
181123 食糧の支配者恐るべし! 匿名希望 08/07/13 AM03
『緑の帝国』−世界銀行とグリーン・ネオリベラリズム 「にほん民族解放戦線^o^」 08/06/26 PM11
“緑の革命”は、バリ島の伝統農法にはかなわない 「新しい「農」のかたち」 08/06/20 PM10
戦略物資として食糧を捉えているアメリカにとって、世界的な食糧高騰も飢餓も新たなビジネスチャンスでしかない 「新しい「農」のかたち」 08/06/05 AM03
を口実にしたグローバル企業の寡占化を世銀が推進…という最悪のシナリオ 「にほん民族解放戦線^o^」 08/05/28 PM01
を口実にしたグローバル企業の寡占化を世銀が推進…という最悪のストーリー 「にほん民族解放戦線^o^」 08/05/28 PM01
を口実にしたグローバル企業の寡占化を世銀が推進…という最悪のストーリー 「にほん民族解放戦線^o^」 08/05/28 PM01
177274 善意の裏 安部真未 08/05/23 PM08
176646 『緑の革命』って、何? 小圷敏文 08/05/17 AM00
175476 現地人が語る「緑の革命の暴力」の実態B〜食肉問題〜 tanvool 08/04/30 PM06
175292 ODAが利子つきの援助って知ってましたか? ゆる 08/04/27 PM04
TBSもアメリカによる食糧支配に斬りこんだ? 「にほん民族解放戦線^o^」 08/02/16 PM10
『エコノミック・ヒットマン』 「にほん民族解放戦線^o^」 08/01/15 PM10
『エコノミック・ヒットマン』 「にほん民族解放戦線^o^」 08/01/11 AM00
168250 ビル・ゲイツやロックフェラーの目論みは種子を独占することで人間支配 猛獣王S 07/12/31 PM05
165898 「小規模多品種作物農法」の可能性 center_axis 07/11/25 AM08
164633 グローバリゼーションの搾取構造は、植民地のプランテーションと同じ tanvool 07/11/03 PM00
グローバリゼーションは完全なダブスタ。「貿易の自由化」も「民営化」も搾取のための詭弁 「にほん民族解放戦線^o^」 07/10/25 PM09
164027 第二の緑の革命を迎えるインドの農業 Silentservice 07/10/24 AM01
163882 「遺伝子組換え種子」に関し金儲けのために嘘を付き、インド他から告訴されたロックフェラーのカーギル=モンサント社 猛獣王S 07/10/20 PM11
グローバリゼーションは完全なダブスタ。「貿易の自由化」も「民営化」も搾取のための詭弁 「にほん民族解放戦線^o^」 07/10/20 PM10
163644 「自らの存在基盤を破壊する奇妙な技術だ」 福島健 07/10/17 PM10
NHKスペシャル「ライスショック」参考になるかも? 「新しい「農」のかたち」 07/10/16 PM08
163154 みんなの共認で勝つ 米澤祐介 07/10/10 AM08
162897 多くのNGOやNPOは観念(頭)を充足させているだけで、なんの解決ももたらさない。 特命リサーチX 07/10/06 PM10
162710 市場原理では餓死者が出ようが出まいが関係ない 磯貝朋広 07/10/04 PM02
162671 自分達が生きていくための食料を作らせない負のシステム 江岸元 07/10/03 PM11
162643 RE:貧しい国を助けたいという善意と情熱だけでは、市場派の片棒を担ぐ事になる。/『全体的、統合的』事実追究の必要!! 山田真寛 07/10/03 PM05
162623 自然循環に反するF1種子 村田貞雄 07/10/03 AM08
162612 緑の原爆 aqua 07/10/03 AM01
162328 反国際資本家への動き:日本の食文化から見る 復讐の叫び 07/09/29 AM09

  [戻る]  


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、42年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp