いい女って、何?いい男って、何?
160248 いつもいてくれてありがとう
 
今村恵 ( 25 母 ) 07/09/01 PM11 【印刷用へ
今まで25年間生きてきて、数え切れないほどの出会いがありました。
1度出会ったきりもう二度と会わない人、長年続く関係の人、幾度となく途切れながらまたつながる人、記憶に鮮明に残っている人、記憶の片隅にしまったままの人、本当にたくさんの人との縁があります。

1年前に私は娘を産みました。
自分の体の一部だったものが一人の人間として私の目の前に現れ、出会いました。私は彼女に出会って初めて、心から、「いつもいてくれてありがとう」という気持ちを実感することができました。

今までもたくさんの人に感謝しながら生きてきましたが、人に感謝する場面をイメージしてみるとたいてい、自分が助けられたり教えてもらったり守ってもらったり、実質的にせよ精神的にせよ「何かをしてもらって」→「ありがとう」というものでした。
もちろん何かをしてもらって感謝することも大切ですが、娘に出会ってから、毎日目が覚めて隣で呼吸してくれていることが本当に幸せで、「あぁ今日も元気に生きてくれている」と安堵し、彼女がこの世に存在していることが心底ありがたくて幸せで、彼女をこの世に与えてくれたすべての人や事象に対し感謝できるようになりました。

これまで出会った人たち、また直接出会っていなくても私が生きるために衣食住や教育を与えてくれた人たち、見えないところで私の生活を守ってくれている人たち、つまりはこの世に存在する(した)すべての人や事象のおかげで今の自分がありこうやって娘を抱きしめていられると思うと、大げさかもしれませんが世界中のすべてのものに感謝したくなります。

こんな気持ちになってから、家族、友達、先生、近所の人など今まで出会った人や新しい気持ちで新しく出会った人、この先出会うかもしれない人たちみんなに感謝し、人との縁をよりいっそう大切にしていこうと思えるようになりました。
最近こんなことを友達や娘を預けている保育所の先生に話して「ほんとにいてくれてありがとう」と伝えると、みんな「大げさすぎる」とか「よくそんな恥ずかしいこと真剣に言えるなぁ」と笑いましたが、「こちらこそありがとう」と言ってくれ、あたたかい気持ちになりました。
 
 
 
 この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_160248

 この記事に対する返信とトラックバック
207692 くすのきになりたい 匿名希望 09/05/29 AM10
191916 子育ての充足イメージ☆ ヒヨコ丸 08/11/11 AM00
177957 深く、長く、感じることができる、「存在への感謝」 西田美和 08/05/30 PM11
「ありがとう」の日☆.。.:*・° 「毎日のありがとう☆.。.:*・゜」 08/01/18 AM02
なんで屋@伊丹より〜「いつもいてくれてありがとう」 「路上で世直し なんで屋【関西】」 07/12/11 PM04
’いつもいてくれてありがとう’の想い☆ 「毎日のありがとう☆.。.:*・゜」 07/09/21 PM08
161353 子供は社会の宝 後藤美奈子 07/09/15 PM05
160302 赤ちゃんとお母さん 谷光美紀 07/09/02 PM06

  [戻る]  


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp