アメリカ→官邸→マスコミによる支配
152191 横滑りだらけのBPO新委員会
 
たっぴ ( 31 会社員 ) 07/05/21 AM01 【印刷用へ
『1990年半ば以降、「報道被害」が多発する現状を受けて、一般市民からマスコミへの風当たりは非常に強くなってきた。司法の世界でも「表現の自由」よりメディアによる「報道被害」の問題を重視する傾向が強まっている。』(151982)
2007年1月下旬以降、納豆ダイエット法を紹介したテレビ番組の放送内容に関連し、マスコミ界もさすがに上記潮流を無視できない状況下になった。
マスコミ内部の監視圧力を高める為に、「放送倫理・番組向上機構(BPO、2003年7月の発足)」内に、新たに【放送倫理検証委員会】を2007年5月12日付で設立することを明らかにした。

要するに、新たな行政処分を盛り込んだ放送法改正案に反対するマスコミ界のポーズであり、行政処分を逃れる逃げ道である。

2007年5月10日21時10分 読売新聞より以下『 』内は引用リンク
『番組捏造(ねつぞう)の審理などを行う「放送倫理検証委員会」には、評論家の立花隆さんら10人の委員で構成。委員長には、川端和治・大宮法科大学院大学教授が就任する。

委員会では、番組に虚偽の疑いがあるとの指摘があった場合に審理を開始。放送倫理上の問題があれば勧告を行い、1か月以内に再発防止計画を提出するよう放送局に求める権限も持つ。専門家で構成する特別調査チームを設置したり、当該放送局に外部調査委員会を設けさせ、調査するよう勧告したりもできる。

 飽戸理事長は「BPOは裁判所のような処罰を与える機関ではない」としながらも、民放連の広瀬道貞会長は「勧告は命令と取ってもらっていい。違反した場合には(民放連の)会員資格停止や除名に結びつく」と、検証委員会の実効性を強調した。』

このBPO内の機関が本当に上手い事機能するかは極めて怪しいと思った。司法の監視圧力を交わす為の一時措置でしかない。

BPOのサイトリンクより、以下引用
【放送倫理検証委員会 委員長】プロフィール
川端和治氏(かわばたよしはる)
弁護士、大宮法科大学院大学教授
1945年12月生まれ。68年東京大学法学部卒業。70年弁護士登録。現在、朝日新聞社コンプライアンス委員会社外委員    

朝日新聞社コンプライアンス委員会社外委員ということらしいが、朝日新聞社内の何処を法令遵守していたのだろうか?
昨今の朝日関連の問題を垣間見るに、この委員会も単なる飾り物であるように思えてならない。

更には、【放送倫理検証委員会の委員】には、市川森一、上滝徹也、里中満智子に吉岡と既存(BPO)の「放送番組委員会」リンクからの横滑りが十人中四人というのも視聴者を愚弄するものだ。
この旧委員会が機能していれば新組織はいらなかったはずなのに、なぜ無能な委員が再選なのか疑問だ。

放送倫理・番組向上機構(BPO)内の委員の構成は、マスコミにゆかりのある人物ばかりであり、委員長になる学者もマスコミ御用学者が多い。このような状況下で、まともに放送倫理を検証できるとは思えない。第三者機関としての役割をまっとうするには到底遠い存在ではないか?

放送法改正に反対声明 BPOの有識者委員 朝日新聞
リンク
『テレビは「みんなが自由な考えを自由に交わしあえる言葉の広場」だとし、放送法でしばるのではなく、「みんなの広場の問題はみんなの知恵と力で何とかしていくのが一番」と訴えた。』との事であるが、みんなの広場であるならば、いち早くその特権的身分を解体するのが早道のように思う。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
参考ブログ
マスコミ不信日記
これはひどい!論功行賞と横滑りだらけのBPO新委員会(前) リンク
これはひどい!論功行賞と横滑りだらけのBPO新委員会(後)リンク
 
 
  この記事は 151982 に対する返信です。
 この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_152191

 この記事に対する返信とトラックバック
207372 テレビの「やらせ」「捏造」問題に対するBPOの見解に愕然 匿名希望 09/05/25 AM08
158638 TBS不二家捏造報道は「勘違い」・・・BPO委員会判定 遊撃手 07/08/10 PM10
154129 「アメとムチ」の放送法改正案 行方は参院選次第? 猛獣王S 07/06/11 PM09
なるほど!エントリと安倍パロディ紹介 「喜八ログ」 07/06/10 AM11
153446 テレ朝が横領疑惑報道で週刊現代を提訴 たっぴ 07/06/03 PM07
152340 やらせ・捏造が繰り返されるマスコミの業界体質 黙照禅 07/05/23 AM00

  [戻る]  


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
新しい潮流1 社会捨象→不全捨象の充足基調(’70・’80年代)
新しい潮流2 私権統合の崩壊と社会収束の潮流(’90・’00年代)
新しい潮流3 社会不全⇒認識欠乏の蓄積
新しい潮流4 言葉それ自体が引力を持ち得ない時代
新しい潮流5 実現派は仲間収束から社会収束へ
新しい潮流6 解脱仲間から認識仲間への逆転
仲間圧力と認識仲間
新しい潮流は、新しい人間関係を必要としている
市場社会の、カタワの「集団」
本当は、「集団」に入ったのではなく、社会に出たのだ
古い人間関係は、影が薄くなるばかり
関係パラダイムの逆転1
関係パラダイムの逆転2
活力源は、脱集団の『みんな期待』に応えること
収束不全発の適応可能性の探索、その深くて強い引力
充足基調から探索基調への転換
'90年代の危機感と変革期待の行方
秩序収束と答え探索の綱引き
潮流2:戦後日本の意識潮流
潮流3:’70年、豊かさの実現と充足志向
潮流6:’95年、私権原理の崩壊と目先の秩序収束
潮流9:経済破局を突き抜けてゆく充足・安定・保守の潮流
今後10年間は充足⇒活力を上げれば勝てる 
「日本人はいつ物を考え出すのか?」(1) 共認充足が最大の活力源。'10年代はそれだけで勝てる
市場時代の共認非充足の代償充足⇒解脱(芸能)埋没
'70年〜現代 収束不全⇒本能的な秩序収束⇒課題収束⇒認識収束
現代〜近未来 対象への同化こそが新しい認識を生み出す
大学生が授業に出るのはなんで?
「やりがい」に潜む社会的欠乏
カリスマ 〜自分たちが共認できる価値観への評価収束〜 
仲間収束 2:一人でできない子
「働きたいから働こう」という意識
快美欠乏に替わって、認識の統合が最高価値になった。
判断の土俵とは、人々の潜在思念が作り出した共認圧力の場
『必要か否か』が環境問題に対する基底的な答えになる
芸能か、認識形成か

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp