サル社会を解明しよう
150960 闘争集団の成立 資料編
 
アリンコ ( 27 設計 ) 07/05/04 PM07 【印刷用へ
原猿→真猿への進化過程での集団形態の変遷を示す資料です。

T原猿

1)雌撃退系:ポト(西・中央アフリカ)リンク  
 単独生活を行なう。縄張り侵入者は同性は撃退するが異性は受容し、オス縄張りは複数のメス縄張りを包含。雄は自縄張り内のメスに他の雄が近づくのを撃退(一夫多妻型)。雌も自縄張内に他の雌が近づくのを撃退(母娘関係でも同様)

2)血縁関係にある雌許容系:ショウガラゴ(アフリカ一帯)リンク リンク
 単独生活を行い縄張り様式はポトと同様。ポトと異なる点は、雌同士が血縁(母娘、姉妹)は撃退せず許容、昼は同じ木を寝場所にすることもあるという点。また、若雄は当初縄張りを持たず放浪、老齢オスとの交代などにより縄張り(+メス)を獲得する。

3)雄許容系:ワオキツネザル(マダガスカル)リンク リンク
 数〜20数頭の群れ(母系血縁集団)をなし生活する。同性間には序列があり、最優位の雄は雌たちの近くにいることが多い。雄は、3歳頃になると2〜3頭で他の群れを訪問するようになる。初めは先住雄に追い払われるが、次第にその群に溶け込んでいく。群れ同志は排他的関係にある。

U真猿

4)母系:ニホンザル リンク 
 1つの群れに複数の雄雌を含む複雄複雌型。雌は基本的に一生生まれた群で生活。雄は、4〜5年で生まれた群を離れる。群れの数は10〜70頭前後。
 群れのまとまりの中心は、雌とその子供の血縁関係で、グルーミング等の親和行為の多くは血縁個体間で行なわれる。一方、集団内雄間
には優劣順位システムが存在し、順位の上の雄が多くの雌と交尾を行なう。また、雄間でもマウンティングやグルーミングによる親和行為が認められる。
集団間同士が接触すると、縄張り闘争が行なわれる。闘争に敗れた群れは縄張り縮小され、それまで食べていた食物が食べれなくなる場合もある。

5)父系:チンパンジー リンク リンク
 複雄複雌型。メスは性成熟すると生まれた群れから別の群れに移籍。雄同士は、群れ内では血縁同士であり、結びつきが強いが、その反面、所属以外の雄同士は排斥しあう。
 狩の9割を集団で行い、貢献度に従った肉の分配も観察される。
集団内の雄間には、明確な順位が存在し、順位毎の役割が存在する。
131008

参考文献:「サルの百科」データハウス、
     「ホミニゼーション」京大学術出版会

参考サイト:リンク リンク
 
 
  この記事は 19058 に対する返信です。
 この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_150960

 この記事に対する返信とトラックバック
原猿と真猿の縄張りはどう違う? 「生物史から、自然の摂理を読み解く」 09/07/30 PM07
173031 序列原理の有効性 長谷暢二 08/03/26 PM03

  [戻る]  


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp