新しい男女関係(→婚姻制)の模索
14754 性規範の土台をなすもの
 
岩井裕介 ( 29 再開発プランナー ) 01/10/27 PM11 【印刷用へ
最近の皆さんの投稿を参考に、性の規範に関して考えていることです。

まず、北岡さんと吉岡さんの「猥談」についての論議から、

>古来の日本の性を相手だけではなく「周り」と楽しむ例として、卑猥な会話を挙げてらっしゃいますますが、これが規範の役目をしていたとは思えないのですが・・・。幾らおおらかな性が尊重されたとしてもこのような会話はタブー視されてしかるべきではないでしょうか?<
14612『性の開放が果たしてキーワードなのか?』匿名希望)

吉岡さんの例に出された近世の村落共同体において、おおらかな猥談の成立していた背景を考えるに、互いに子どもの頃からなんでも知っているし、隠してもしようがないという関係状況にあったことを想起する必要があります。

つまりそこでは、一切において秘匿、隠匿が不要な集団であったがゆえに、日常的なオープンな会話(共認圧力)が規範として効力を持っていたということではないでしょうか。そこにおいては、隠しておくことこそが、タブー視の対象ではなかったかと想像されます。

こうした「秘匿の必要のないオープンな日常関係」が、性そのものを大切にする風土、共通認識、規範を形成する土台として必要なのではないか、と考えています。

その意味において、以下の意見は的を得ているように思います。

>そんな性を語り合える仲間をつくる、性さえさらけ出せる関係を作るというのは、性の相手に心を開くのと、さして変わらない原理なのかも知れません。<
14639『話して共有する』吉岡摩哉さん)

「秘匿の必要のないオープンな日常関係」があってこそ、おおらかな性が成り立ちうるのであって、その土台を欠いた性の自由、開放は無秩序な性に陥るしかないのではないかと思います。
また、逆に言えば、性の規範に反すること、性的自我からくる規範破りは、必然的に秘匿、隠匿を必要とする構造にあるとするならば、性規範の基本はまずオープンであること(←これと性の「自由」とは別物)に求められるのではないでしょうか。

(※この性の秘匿、隠匿の問題は、現在、新しい社会統合NWで議論されている問題と多少なりとも関連(14707『匿名の性犯罪 』石野潤さんなど)するかもしれません。)
 
 
  この記事は 14641 に対する返信です。
 この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_14754

 この記事に対する返信とトラックバック
14844 踏み込まないのではなく、関わる方向で無くしていく 吉岡摩哉 01/10/30 AM00

  [戻る]  


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
超国家・超市場論1 新しいまつり場は、国家と市場を超えられるか?
超国家・超市場論2 闘争(能力)適応 と 共生(取引)適応
超国家・超市場論3 置かれた環境を貫く 闘争圧力を把握せよ
超国家・超市場論4 同類闘争の圧力と共認統合の限界
超国家・超市場論5 私権闘争・掠奪闘争をどう止揚・統合するのか?
超国家・超市場論6 生存圧力に基づく同類闘争から、同類圧力に基づく同類闘争=認識競争へ
超国家・超市場論7 私権闘争を統合した 力の序列共認
超国家・超市場論8 国家(力の序列共認)と その統合限界
超国家・超市場論9 私権闘争の抜け道が、交換取引の場=市場である
超国家・超市場論10 何をするにもお金がかかる社会
超国家・超市場論11 市場は社会を統合する機能を持たない
超国家・超市場論12 市場の拡大限界は、国家の統合限界でもある
超国家・超市場論13 人類の新たな活力源=圧力源
超国家・超市場論14 外向収束⇒認識収束に応える『認識形成の場』
超国家・超市場論15 『認識形成の場』こそ、新しい社会統合機構の中核である
超国家・超市場論16 ゼロから、自分たちの『場』を作る活動
超国家・超市場論17 新しい社会統合機構が、国家機関を吸収・解体する
超国家・超市場論18 認識形成の『場』を構築することこそ、真の社会活動である
超国家・超市場論19 もう、傍観者=インテリ統合階級は、要らない
超国家・超市場論20 認識形成は遊びではない、生産活動である。
超国家・超市場論21 『認識形成の場』が、なぜ有料化されるべきなのか?
超国家・超市場論22 お金は、現実の必要度を測るモノサシ
超国家・超市場論23 『必要か、必要でないか』という真っ当な判断の土俵が出来てゆく
超国家・超市場論24 必要か否かの『判断の土俵』が、国家と市場を呑み込み、解体し、再統合してゆく
超国家・超市場論28 新しい可能性が顕在化するとは、どういうことか?
超国家・超市場論29 新しい『場』は、古い評価指標の洗礼を受けて、はじめて顕在化する
超国家・超市場論30 実現の論理
判断の土俵と解体・再統合 大学の例
判断の土俵とは、人々の潜在思念が作り出した共認圧力の場
『必要か否か』が環境問題に対する基底的な答えになる
社会統合組織の史的総括 国家と教団
社会統合組織の史的総括 市場と演場
大衆の期待の変化に応じて統合力も変わってゆく
マイナス原因構造とプラス実現構造という両輪
支配階級の私有権は絶対不可侵だが、庶民の私有権は剥奪され得る

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp