原始共同体社会
135924 『贈与』という同類間の緊張緩和システム
 
ゲン ( 29 ) 06/10/29 PM11 【印刷用へ
■構成

@ 「栽培」「牧畜」という生産様式の獲得に伴い、食糧事情が比較的安定した集団は更なる人口増加⇒集団規模を肥大させていくことになる。

A 集団規模拡大に伴い、他部族集団との接触頻度が増加。そこに、人類集団間の緊張圧力が働き始める。生活様式も違う、言語も通じない他部族集団との接触に、どのように対応していったのか?

B 戦争勃発?⇒人類は約499万年間の「極限時代」を「自我(自己中)」を徹底的に封鎖した『共同体集団』として生き抜いてきた(集団内の共認充足が全て)。そのような歴史的背景を背負ってきている単位集団が、同類同士の緊張圧力が働き始めると同時に、戦争に突入していったとは考えづらい。

C 集団同士の「争い」を避ける方向=友好関係を結んでいったのではないか。その形態の一つに『贈与』がある。『贈与』とは、自らの集団にとってだけではなく相手集団にとっても最も価値の高いであろう物を贈る行為(黒曜石・翡翠・琥珀)。そのような物を隣接集団へ贈ることによって、集団間に働く緊張圧力を緩和していた。

D 「共同体集団」間での『戦争勃発』は、ありえない。それでは、人類が戦争を起こす引き金になったのは一体何なのか?戦争を始めた最初の集団は「遊牧集団」である。「牧畜」から派生した「遊牧」という生産様式は、これまでの人類の生活様式と一体何が異なっているのだろうか。それが「戦争が勃発した原因」の解明ポイントとなる。

■補足

@1万年前〜1千年前までの人口増加率は50.13%/千年(千年あたり1.5倍)

C  黒曜石⇒「道具」の原材料。
 翡翠・琥珀⇒「装飾品」の原材料
<『交易』と『贈与』の違い>(1455114552
原始共同体の自給性は非常に高い。よって、生活必需品の「交換・交易」ではなく、その部族にとって最高の価値として認められる品を相手に贈る。「贈与」は反対給付を要求していない。また、「交換・交易」であるならば、特定の部族間でのやり取りに留まるのが普通であり、贈与物(黒曜石・翡翠・琥珀etc・・・)のこれほどまでの広域かつ多方面の広がりを説明できない。
 
 
  この記事は 14552 に対する返信です。
 この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_135924

 この記事に対する返信とトラックバック
224764 集団内で用いた共認原理を集団外にも適応し争いを回避 303 10/01/21 AM09
170189 黒曜石・翡翠・貝殻など実用性のないもの価値を共認できたのはなんで? 松下晃典 08/02/02 AM10
150657 極限状態の飢餓 坂本伸一 07/04/30 PM11
149769 贈与は相手発☆ 中北千奈美 07/04/19 PM11
137657 贈与なのか?交換なのか? 匿名希望 06/11/16 PM11
137614 贈与に繋がる未開部族の生活 小暮 勇午 06/11/16 PM06
136187 「贈与」=「交易の起源」は自我私権を前提にした学者の誤認 KOU 06/11/02 AM00
136084 共に充足できる共認原理・・贈り物 浦野てる代 06/11/01 AM00
136007 集団内規範の外部適用 1【贈与】 川井孝浩 06/10/30 PM10

  [戻る]  


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、45年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp