アメリカ:闇の支配構造と略奪戦争
135655 中国は北朝鮮の地下資源を凄い勢いで吸いこんでいる
 
匿名希望 06/10/27 AM11 【印刷用へ
現在中国は北朝鮮の豊富な地下資源を手中に収めている。

以下は「朝鮮族ネット」(リンク)さんの過去ニュース記事からの引用です。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
>中国が北朝鮮の地下資源を真空清掃機のように吸いこんでいる。 中国税関統計によると北朝鮮の鉄鋼輸出は 2003年 4670万ドル水準で 2004年は7590万ドル水準に増えた。 鉱物性燃料の輸出は前年より 200% 増えた 5310万ドルだった。 その他の鉱物の輸出も 6011万ドルで、 2003年より 155% 増えた。 '現金のない' 北朝鮮の不如意な事情も、中国の資源吸収に有利に作用する。

>北朝鮮も積極的=北朝鮮江原道のある発電所は、中国遼寧省と 2005年に鉱物出荷契約をした。 発電所稼動設備を提供すれば、亜鉛、金、鉛を 3つの鉱山で掘らせてくれるというのだ。 黄海道 H鉄鋼企業も中国大連の D 有限公司と 2005年下半期に資源出荷契約をした。 製鉄所稼動のための設備を与えれば鉄鉱石を掘って加工、鋼材と鋼板、線材などの鉄鋼製品に引き替えるというのだ。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

また、北朝鮮の資源規模についても次のように書かれている。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
>北朝鮮には 220種余り以上の有用鉱物がある。 このうち埋蔵量と生産量を考慮して経済性がある鉱物だけでも 43種だ。 このうち南北の埋蔵量の比較が可能な鉱物 20種を 2004年の韓国の経常価格で単純評価すると、北朝鮮が 2287兆ウォン、韓国が 95兆ウォンだ。 北朝鮮が韓国の 20倍を越える資源を持っているということになる。

>北朝鮮の鉱物は世界記録も持っている。 咸鏡北道茂山鉄鉱はアジア最大の露天鉱山だ。 タングステン、モリブデン、ニッケル、マンガン、コバルト、タンタル、ジルコニウム、ベリリウムなど '鉄の仲間'と呼ばれる金属工業の核心原料が豊かだ。 このうちタングステンは埋蔵量 66万トンで世界 2位。. 耐火物原料で代表的な非金属鉱物であるマグネサイト鉱は埋蔵量 36億トンで世界 1位だ。 金・銀鉱は日帝時代から朝鮮半島が '産金国'という評価を聞くほどに幅広く分布している。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

北朝鮮の地下資源が豊富であることについては、るいネットでも過去に紹介されていましたが、それを中国がもの凄い勢いで吸い取っていることを知り、中国の北朝鮮との蜜月ぶりの理由とその利権をアメリカに奪われたくないという関係が明らかになった気がします。
 
 
  この記事は 135129 に対する返信です。
 この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_135655

 この記事に対する返信とトラックバック
136210 中国経済の見通しと抱える問題点 阪本剛 06/11/02 PM00

  [戻る]  


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp