健康と食と医
127197 水は生命の統合を担っている
 
冨田彰男 ( 42 経営管理 ) 06/08/01 PM07 【印刷用へ
人類の身体の70%を占める水。全ての生命が水を必要とするということは、水が生命の統合を担う重要な機能を担っているということです。

水の分子は2個の小さな水素原子が(ミッキーマウスの耳のように)偏って大きな酸素原子に結合しています。その結果、水分子全体ではマイナス電子の分布に偏りが生じ、水素原子が結合している部分(ミッキーマウスの頭の方)はプラスの電気、水素原子が結合していない部分はマイナスの電気に分極します。この構造は電気双極子と呼ばれます。

磁石がN極とS極に分かれるのと同じ構造で(磁石の場合は磁気双極子と呼ばれます)、水も磁石のような性質を帯びます。水の中では、水分子のプラス部分とマイナス部分が互いにくっついては離れ、離れてはくっついています。水の表面張力は他のどんな液体よりも強いのは、水分子同士が互いに強く引き合っているからです。

身体を形成する細胞質もほとんどは水です。細胞質の水の中で、タンパク質分子から成る細胞骨格やリン脂質分子からなる細胞膜が縦横に張り巡らされていますが、一個一個のタンパク質分子・リン脂質分子が小さな電気双極子で、それが秩序立って並んでいるために、細胞膜も細胞骨格も大きな電気双極子となります。

この大きな電気双極子の周りを、小さな電気双極子である水分子が取り囲んでいます。鉄粉の中に磁石を置くと、磁石のN極とS極の磁場に引きつけられて鉄粉が秩序立って並び変わりますが、それと同様に、水分子がプラスマイナスの電気力に導かれて、細胞膜や細胞骨格の周辺では規則正しく並びます。逆に、たくさんの水の分子が一方向にそろえば、水自体が大きな電気双極子となり、細胞骨格に影響を与えることもできます。細胞と細胞の間の隙間も水で満たされ、ここでも細胞膜という大きな電気双極子の影響を受けて、無数の水分子が動的な秩序(場)を形成しています。

とりわけ、頭蓋骨で覆われた脳内は、膨大な数の脳細胞の間を縫うようにして水分子が秩序正しく凝集した場を形成しています。外界からの刺激が電気信号として脳内まで入ってくると細胞膜や細胞骨格などが分極し、それに同調する形で水分子が一斉に向きをそろえる、つまり水分子が集団として秩序だった運動をすることになります。また、水分子が協働的に運動(分極)することで、その分極が脳全体に広がり、脳全体が一つの統合された働きをするものと考えられます。こうして無数の水分子が協働して働く場を形成しているからこそ、脳や身体全体が統合的に機能しているのではないかと考えられます。(参考「脳と心の量子論」講談社ブルーバックス)


 
 
  この記事は 127027 に対する返信です。
 この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_127197

 この記事に対する返信とトラックバック
127302 生命の起源は、タンパク質と水の電気的双極構造にあるのでは? 冨田彰男 06/08/03 AM02

  [戻る]  


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、45年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp