密室家庭は人間をダメにする
127010 「子供を叱れない親が増えたのは何で?」を補足
 
衛藤信義 ( 40代 エンジニア ) 06/07/29 PM11 【印刷用へ
>@私権統合が衰弱した結果、(私権)規範が衰弱。結果、親(大人)は拠り所(=答え)を失い、叱る自信が無くなった。

>A私権衰弱により、社会は深層では共認原理に移行したが、結果マスコミ(学校)による共認支配が強まり、「個性第一」「人権第一」といった個人主義思想が刷り込まれた。
結果、親自身も叱るどころか「人それぞれ」→「自分のやりたいことは自分で探しなさい」と自己中化、無責任化した。(あるいは@の言い訳、誤魔化し)

>その結果、家庭は圧力不在の過保護空間と化し、子供達には何の圧力も働かず、自我肥大→集団・社会を対象化できず→学級崩壊や不登校等の秩序崩壊が進行。

「子供を叱れない親が増えたのはなんで?」のお題を補足する意味で、(126870)の投稿を見ると、家庭が圧力不在の過保護空間と化したのは、私権衰弱以前からその遠因があります。

>市場の拡大によって、闘争の場(職場)と生殖の場(家庭)が分断されてしまったが、これは実は、生物史上かつて無かった極めて異常な状態である。
 市場拡大によって職場と家庭が分断され、かつ家庭が絶対不可侵の聖域となったことによって、家庭には何の圧力も働かなくなり、その結果、家庭は子供を教育する資質をほぼ全面的に喪ってしまった。
 サラリーマン家庭が孕む教育不能という問題の深刻さは、当分の間は、まだ農家育ちの祖父母や両親が居たお陰で、顕在化してこなかった。
 しかし、農村から都市への大移動がほぼ終わった'70年以降、その致命的な欠陥が徐々に露呈され始め、とりわけ老人と共に農家時代の諸規範が家庭から消え去った'90年以降、若者たちの間に心の欠陥児が急増し、子供の精神破壊が恐ろしいスピードで進行中である。 (実現論9_2_03)  

家庭という場にかかる圧力構造の変化を把握することで、より根本原因に肉薄することができます。この構造を組み込むと、

@市場の拡大によって、闘争の場(職場)と生殖の場(家庭)が分断され(=生物史上かつて無かった極めて異常な状態)、かつ家庭が絶対不可侵の聖域となったことによって、家庭には何の圧力も働かなくなり、その結果、家庭は子供を教育する資質をほぼ全面的に喪ってしまった。

A私権統合が衰弱した結果、(私権)規範が衰弱。とりわけ老人と共に農家時代の諸規範が家庭から消え去った'90年以降、親(大人)は拠り所(=答え)を失い叱る自信が無くなり、教育不能の問題が顕在化。

B私権衰弱により社会は深層では共認原理に移行したが、結果マスコミ(学校)による共認支配が強まり、「個性第一」「人権第一」といった個人主義思想が刷り込まれた。
結果、親自身も叱るどころか「人それぞれ」→「自分のやりたいことは自分で探しなさい」と自己中化、無責任化した。(あるいは@の言い訳、誤魔化し)

その結果、家庭は圧力不在の過保護空間と化し、子供達には何の圧力も働かず、自我肥大→集団・社会を対象化できず→学級崩壊や不登校等の秩序崩壊が進行。

というようになるでしょうか。

さらに、
>この状況を突破し、秩序を再生するには、私権に代わる新たな圧力=共認圧力が必要であり、そのためには「共認が原点」などの事実に基づく新認識が必要。

に加えて、闘争の場と生殖の場を包摂した集団の再生⇒共同体の再生or生産圧力のもとでの子育て(教育)、というもう一つの突破口も見えてきます。
 
 
  この記事は 126870 に対する返信です。
 この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_127010

 この記事に対する返信とトラックバック
250014 【図解】子供を叱れない親が増えたのは何で? 野上恵里 11/04/22 AM11
子供をしつけるには??ー? 「地域を守る人たち(旧:なんで屋)」 06/10/07 AM04
128840 市場と家庭の関係 斎藤直 06/08/23 PM09
127780 親への圧力の再生が必要 匿名希望 06/08/09 PM08
127775 新たな外圧適応態・収束軸が必要 たっぴ 06/08/09 PM07
127766 子供も家庭から解放? 長谷川文 06/08/09 PM02
127736 家庭をどうする?とは市場をどうする?である。 田野健 06/08/08 PM10
127654 気付かないうちに刷り込まれているのがマスコミによる共認“支配”。 すずかん 06/08/07 AM08
127636 個人主義は行き詰まった。新しい可能性を探さなければいけない。 匿名希望 06/08/06 PM11
127607 根本原因にまで遡って捉えなおすと、次につながりそう♪ オロチョン 06/08/06 PM04
127481 子育ては人類の進化をたどる 東努 06/08/05 AM00
127381 「子供を叱れない親が増えたの何で?」を解決するには、やはり規範共認をもった共同体の再生が必要。 ひろいち 06/08/03 PM10
127307 自己中化するのはなんで? 福田尚正 06/08/03 AM02

  [戻る]  


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、43年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp