市場は環境を守れない、社会を統合できない
125250 「日本の食料自給率40%、廃棄率25%」
 
毛針田万作 ( 47 釣師 ) 06/07/08 PM04 【印刷用へ
こんなデータがあります。

>2002年の日本の食料自給率はカロリーベースで40%。つまり、消費した食料のうち国内で作られたのは4割、残り6割は海外からの輸入である。日本は世界の農産物貿易額の1割を占める食料輸入大国なのだ。

 この数値、試算が始まった1960年の79%から下がり続けている。不測の事態に備えるという「食料安全保障」の観点はもちろん、国内の農水産業の存続という点からも幾度となく自給率の向上は叫ばれてきたが、改善は見られない。

 その一方で、期限切れ食品等の廃棄、飲食店や家庭における調理ロスや食べ残しといった、生産・消費の各段階における「食料ロス(食料廃棄)」の問題がある。国民一人一日当りに供給される食料は約2650キロ・カロリー(農水省資料)。そのうち実際に摂取されるのは約1950キロ・カロリー(厚生省資料)。この差の約700キロ・カロリー、なんと25%以上を廃棄しているというのだ。

 食料自給率が低く、食料輸入大国である我々がこころすべきことは、食料のムダを省くこと。その上で廃棄物の再生利用など資源の有効利用に向けて積極的に取り組むことである。そしてまず何よりも、一人ひとりが「食」に対して襟を正すことが求められているのではないか。 

リンク
 
 
  この記事は 125249 に対する返信です。
 この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_125250

 この記事に対する返信とトラックバック
193375 農業界の実力をどう評価する?「自給率」に代わる新指標(新たな概念)が今必要! 芝田琢也 08/11/27 PM10
141273 食糧自給率に自給自足分は反映されてるの? 立石裕美 06/12/29 PM11
食料自給率が下がったのなんで?〜♪レッツ☆バトン♪〜 「新しい「農」のかたち」 06/12/26 PM11
139890 「食べれる物を捨てている」 あまりにももったいない話! 川田宏子 06/12/11 PM10
食料事情においても、早急なる認識転換を求められている 「Financial Journal」 06/10/21 PM05
134770 自給率の根拠 爺婆 06/10/19 PM00
「食」の汚染の恐怖!中国では・・・ 「新しい「農」のかたち 〜 食を考える秋  『自然食って何?』」 06/09/14 PM10
125289 Re:「日本の食料自給率40%、廃棄率25%」 日浦雅俊 06/07/08 PM10

  [戻る]  


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

「合同板」必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
追求のススメ1.未知なる世界への収束と追求(1)
追求のススメ1.未知なる世界への収束と追求(2)
追求のススメ1.未知なる世界への収束と追求(3)
追求のススメ1.未知なる世界への収束と追求(4)
追求のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
追求のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
追求のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
追求のススメ3.追求力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
追求のススメ3.追求力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、41年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp