原始人類の婚姻様式と男女和合充足
105335 アイヌの川は女性
 
岡本誠 ( 52 経営管理 ) 06/02/08 AM01 【印刷用へ
ネイティブ・アメリカンは、女性を大地だという(5144)。
アイヌも同様に考えており、特にサケやマスなど貴重な食料を得ていた「川」は女性に見立てられて、川の各所は人体部位名で表されていた。

水源を「ペッ・キタィ」(pet-kitay 川の頭)とよび、川の中流を「ペッ・ラントム(pet-rantom 川の胸)、川の曲り角を「しットク」(sittok 肘)、幾重にも屈曲して流れている場所を「かンカン」(kankan 腸)あるいは「よシペ」(yospe 腸)、川口を「ォ」(o 陰部)とよぶ。

川は人間の肉体と同様夏やせもする。「さッテク・ナィ」(sattek-nay)とか「さッテクペッ」(sattek-pet)とよび「やせ細った川」を指す。川の水が夏になって枯れて細々と流れている状態を川の夏やせと考えたのである。川はまた眠りもする。樺太では川底を「なィ・イニタラ」(nay-initara 川・枕)という。川はまた死にもする。それで古川を「らィ・ペッ」(ray-pet 死んだ・川)という。

また生殖行為も営むので、二つの川が合流しているのを見て「ウとマム・ペッ」(u-tumam-pet お互いを・抱いている・川、抱き合っている川)とか、「オうコッナィ」(o-u-kot-nay 陰部を・おたがい・につけている・川、交尾している川)とかいって、各地にその地名がある。

生殖の結果、川は子を生み、親子連れで山野を歩くと考えられており、二つの川がある場合、大きい方を「ポろペッ」(大きい川、実は親川と訳すのが正しい)とか、「おンペッ」(老いたる川すなわち親川)とよび、小さい方を「ぽンペッ」(小さい川、子川)とよぶ。本流を「し・ペッ」(si-pet 親・川)、支流を「も・ペッ」(mo-pet 子・川)とよぶのも、そういう考え方のあらわれである。

川を生き物と考えていた他に、もう一つ注意すべきことは、川は海から陸に上がって、村のそばを通って、山の奥へ入り込んで行く生物だということ。現在の我々とは全く反対なのである。

例えば、「オまンペッ」(oman-pet 山奥に行っている川)、「しノマンペッ」(sino-oman-pet ずうっと山奥に行っている川)など。我々が川の出発点と考えている「水源」や「みなもと」は、帰着点と考えて「ペてトク」(pet-etok 川の行く先)とか、「ペッキタィ」(pet-kitay 川の頭のてっぺん)と名づけている。また我々が川の合流するところを落合と名づけているのに対し、「ペてウコピ」(pet-e-uko-opi-i 川が・そこで・互いに・別れて行く・所)という。

アイヌはもともと海岸線に沿って川のそばに点々として部落を作っていた。そして内陸の交通は主として川によっていたのである。部落の近くを流れている川をさかのぼってサケやマスの類をとったり、クマやシカをとったりして暮らしていたところから、川は海からさかのぼって山へ行くものという考え方が生まれてきたのであろう。人間の口が、体内へ食物が入って行く入口であるように、川の口もまたサケやマスなどが海から川の体内(あるいは陸の体内)へ入り込んで行く入口だったのである。

川口のことを別に「オ」(o)ともいって、女性の陰部を指している。女性の性器は、アイヌの物語の中でよく「ら・タ・アン・パロ」(ra-ta-an-paro 下方・に・ある・その口)といわれるように、やはり物の入り込む入口の意味である。また「オむナィ」(O-mu-nay 陰部・ふさがる・川)は、海が荒れると砂が溜まって川口のふさがる川をいい、物が中に入って行かれぬという考え方をあらわしている。
(参考:智里真志保著『アイヌ語入門』)

このような集団共認は、とりわけ女性自身の川(川に限らず森羅万象)への同化能力を高めただろうし、その高さゆえに集団全体が女性への期待を込めてそう命名したとも考えられる。「女性は大地」という共認は、(とりわけ生存圧力を主な外圧とした時代)生命を生み育てる性と同一視され、根源的な共認だったのだろう。

しかし収束不全の現代、女性は同化対象を見失い「役割」が見えなくなっている。るいネットでは、人類史(さらにはサル・生物史)をさかのぼって、「充足存在」という、より本質的な概念が提起されている。重要なことは、このような概念=事実認識を共認形成すること。そして同化対象を獲得し「役割」へと固定すること。ここからしか性の再生も子育て集団も再生されないように思う。
 
 
  この記事は 5144 に対する返信です。
 この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_105335

 この記事に対する返信とトラックバック
アイヌの川は女性 「これからは探求の時代」 16/08/14 PM11
本格追求シリーズ1 人類の”性”の本質を探る<人類にとって性とは?(2) 極限時代の人類の性(前半)> 「共同体社会と人類婚姻史」 09/10/21 PM08
縄文:祭りの主宰者は女性だった 「縄文と古代文明を探求しよう!」 08/04/17 PM09
縄文時代:女性の役割〜育てる能力を生かした!−栽培 「縄文と古代文明を探求しよう!」 07/06/25 PM04
146094 アイヌの人々の名前には二つと同じものがない 佐藤晴彦 07/03/01 AM00
アイヌから学んだ文字の力 「共同体社会と人類婚姻史」 07/02/27 PM10

  [戻る]  


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp