私権社会の婚姻制
101608 『女が全てを決める島』
 
田中修 ( 26才 会社員 ) 05/11/28 PM11 【印刷用へ
今月創刊された「クーリエ・ジャポン」に古代アフリカ伝統の「母権制」を貫くビジャゴス諸島の記事が掲載されていましたので、少し長くなりますが一部抜粋して投稿します。彼らの暮らしぶりが感じれとれて面白いと思います。

________________________________


『男にとっても「究極の理想郷」〜女がすべてを決める島〜』

 あたりに澄んだ日の光が差し込むころ、キンタが目を覚まし、伸びをした。そろそろカシューナッツを採りに行く時間だ。カシューナッツは米と交換できるだけでなく、実をつぶして果汁を搾り、発酵させ蒸留酒を造ることもできる。ほかにも、畑の種まきの時期を見定め、夫エステボの仕事の段取りもしなければならない。9歳、6歳、8ヶ月という3人の子供たちの世話も、彼女の仕事である、
 キンタ・アウグスト(26)は「女たちの村会」の第一議長。15日ごとに村人の討議を取り仕切っている。夫のエステボは彼女の秘書。女性たちの発言を一つずつノートに書き取っている。

■男はすべての面で女に劣る

 キンタとエステボが一緒に暮らし始めたのは8年前。キンタは、エステボの逞しい体、やさしい性格、そして性器に惹かれたという。彼女の弁によると「セックスなしには、人は幸福になれないから」
 一方エステボは、知性と責任感の強さがキンタの魅力だと語る。「道理をわきまえているし、僕がすべきことを的確に示してくれる。彼女のおかげで、お腹が減ったときも食べるものに困りません。少しでも彼女の支えになれれば、といつも思っています。僕は本当に幸せです。」

 動植物の楽園といわれるビジャゴス諸島。3万3000人の人々が額に汗して働き、暮らしている。赤土の壁と藁葺き屋根の家には、電気も水道もない。彼らは警戒心が強く、なかなか打ち解けようとしない。よそ者が土地を訪れるのを嫌い、伝統的な精霊信仰を続けている。母権社会を維持できたのも、彼らが閉鎖的なうえ、ギニアビサウのなかでも僻地に暮らしていたからだろう。

■「山盛りご飯」が愛の証

 「ビジャゴスでは、女がパートナーの男を選ぶ」と、20世紀初頭にこの地を訪れたオーストリアの人類学者フーゴ・アードルフ・ベルナツィークが記している。
 「女が思春期に達し、部族の一員として認められると、その女は炊きたてのご飯を山盛りにして好きな男の家の前に置く。これがプロポーズなのだ。男はそれを食べ、女の家へと引っ越す。また、ある日、男の持ち物がすべて家の外に出されていれば、それは出て行けという意味なのだ。」
 古代アフリカでは、女性が社会的に高い位置を占める母権制の社会が主流であった。紀元前1世紀の歴史家、ディオドロスの著作にも「アフリカとエジプトの男は、いかなる場合も妻に服従しなければならない」という記述がある。
 
 「守護神ニンドが男を作ったのは、椰子の実を集めたり、畑の草を取ったり、サルを追い払ったり、魚を獲ったりして、女を助けるためです」とネトは語る。「賢さや強さの点で、僕たちは女にかないません。もちろん、リーダーになり、集団を組織したがるような男もいますが、まさか”一家の長”になろうとまでは思わないでしょう。これがこの土地のしきたりなのです」
 
■成人式に男の扱い方を学ぶ

 朝、エティコガに、祭司を務める5人の女が集まっていた。秘儀「藁切り」を執り行うのだ。藁切りは、少女たちの成人式とも言うべき通過儀礼である。少女たちは森で藁を刈り、その藁で神殿を覆い、その後、女長老から先祖伝来の知恵を授かる、祭司の女たちは、精霊の言葉に耳を傾け、女王を指名する任務を担っている。
 精霊が体内に入ったので、少女ドミンガは口がきけない。精霊が彼女の体のなかで、先祖を敬う心、村のしきたり、男の扱い方などを教えているのだ。ドミンガは、先祖とニンドの神に誓いをたてる。一家の長として働き、家族の健康に気を配り、家族が法を犯すことのないようにと。誓いには、自分と将来生まれる子供の命をかけているという。
 
 明日は祭りの日。ベリタは、祭りに合わせて髪を編み込んだ。祭りでは、女だけが伝統の踊りを踊ることが許されている。(中略)この地では、女が男をダンスに誘う。女がそばにいないと、男は不安でたまらなくなる。男たちには、手取り足取り教えてくれる母親のような存在がどうしても必要なのだ。女なしでは、男はどう踊ればいいのかもわからない。ベリタと仲間の女の子たちは、腰を振って踊り、歌い明かす。

 彼女たちは、この地で生まれたことを喜んでいる。人々を指導すること、集団を組織すること、そして一家の長になることが好きなのだ。16〜20歳の若さだが、皆、逞しくて賢そうに見える。すでに何人かには子供がいる。男は生まれつきふがいない生き物なので、彼らに屈することは断じてありえない、と語る。
 彼女たちには、怖いものなど何もない。蛇も、毒針をもつエイも、先祖たちの霊も、守護神のニンドすら、恐れるに足らないという。この世界を7日間でつくたニンドから、ギニアビサウの対岸、つまりゲバ川の河口の先に広がる大オランゴ島地域に賜ったのは自分たち、つまり女だと確信しているからだ。
 
 
 
 この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_101608

 この記事に対する返信とトラックバック
男にとっても「究極の理想郷」〜女がすべてを決める島〜 「共同体社会と人類婚姻史」 18/05/17 PM09

  [戻る]  


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
新しい潮流1 社会捨象→不全捨象の充足基調(’70・’80年代)
新しい潮流2 私権統合の崩壊と社会収束の潮流(’90・’00年代)
新しい潮流3 社会不全⇒認識欠乏の蓄積
新しい潮流4 言葉それ自体が引力を持ち得ない時代
新しい潮流5 実現派は仲間収束から社会収束へ
新しい潮流6 解脱仲間から認識仲間への逆転
仲間圧力と認識仲間
新しい潮流は、新しい人間関係を必要としている
市場社会の、カタワの「集団」
本当は、「集団」に入ったのではなく、社会に出たのだ
古い人間関係は、影が薄くなるばかり
関係パラダイムの逆転1
関係パラダイムの逆転2
活力源は、脱集団の『みんな期待』に応えること
収束不全発の適応可能性の探索、その深くて強い引力
充足基調から探索基調への転換
'90年代の危機感と変革期待の行方
秩序収束と答え探索の綱引き
潮流2:戦後日本の意識潮流
潮流3:’70年、豊かさの実現と充足志向
潮流6:’95年、私権原理の崩壊と目先の秩序収束
潮流9:経済破局を突き抜けてゆく充足・安定・保守の潮流
今後10年間は充足⇒活力を上げれば勝てる 
「日本人はいつ物を考え出すのか?」(1) 共認充足が最大の活力源。'10年代はそれだけで勝てる
市場時代の共認非充足の代償充足⇒解脱(芸能)埋没
'70年〜現代 収束不全⇒本能的な秩序収束⇒課題収束⇒認識収束
現代〜近未来 対象への同化こそが新しい認識を生み出す
大学生が授業に出るのはなんで?
「やりがい」に潜む社会的欠乏
カリスマ 〜自分たちが共認できる価値観への評価収束〜 
仲間収束 2:一人でできない子
「働きたいから働こう」という意識
快美欠乏に替わって、認識の統合が最高価値になった。
判断の土俵とは、人々の潜在思念が作り出した共認圧力の場
『必要か否か』が環境問題に対する基底的な答えになる
芸能か、認識形成か

『るいネット』は、45年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp