企業を共同体化するには?
101337 集団統合の新たな仕組み:対面会議を超えて、全てをネットへ
 
四方勢至 ( 60代 編集 ) 05/11/24 AM00 【印刷用へ
サル〜人類を貫いて、6000年前ぐらいまでは十全に機能していた対面共認(および会議という様式)が、欠陥だらけとも云える様な機能不全に陥った根本原因は、6000年前頃に人類が単一集団社会を超えた多重集団社会に突入した点に求められる。
対面共認は、互いに顔の見える範囲の単一集団においては、(他に移れる集団など存在しないことも相まって)十全に機能していた。しかし、集団と集団がぶつかり、ひしめき合う複層社会では、集団が抱える課題の難易度(or未明度)が高くなると共に、成員間に課題意識の温度差が生じる。
それでも序列圧力が強ければ、上意下達という形で、対面共認はそれなりに機能する。そして、より重要な共認形成の場である会議は、御前会議に姿を変える。しかし、顔の見えない地方や各部門では、会議という場は中央や他部門にとって密室空間そのものとなり、劣化共認や私的共認の温床となる。その上、課題の未明度が高くなればなるほど(or末端部門に下りれば下りるほど)誰も答えを出せなくなり、成員の会議へのもたれ合いやぶら下がりが常態化してゆく。

これらの欠陥を突破する場は、全社(劇場)会議orネット会議以外にはない。全成員が一堂(or一板)に集まれば、密室化を完全に防げるし、10人では答えを出せなくても50人なら答えを出せる(更に、50人では答えを出せなくても300人なら答えを出せる)度合いが高くなるからである。とりわけ、ネット会議は、成員の課題意識の温度差(という歴然たる事実)を包摂したまま、(問題意識の高い2〜3割が率先して発信することによって)共認を形成してゆき、次第に全成員を巻き込んでゆくことが可能な力を持っている。従って、全社会議やネット会議によって、対面会議の欠陥の大半は、突破されるだろう。

しかし、社内で全員参加のネット会議が形成され、定着したとしても、それだけでは不十分である。なぜなら、現代(とりわけ、’04年以降)は、誰もが心底に収束不全を刻印され、「どうする?」という答えを求めて社会収束してゆく時代であり、社内のネット会議だけでは、社会的な広がりが感じられないからである。
いつの時代でも、最強の活力(引力とも云える)を生み出すのは、可能性収束の力であるが、現代、それが社会的な役割への可能性収束力であるとすれば、広く社会に向かって発信し、社会的共認を形成してゆく場が不可欠になる。その場が、社会に開かれたインターネットであることは、云うまでもない。
従って、類グループがそうであったように、おそらく社内のネット会議は、「答えを出せる」もっと広い社会的な統合サイトとリンクして、はじめて十全に機能するのではないかと思う。
 
 
  この記事は 101335 に対する返信です。
 この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_101337

 この記事に対する返信とトラックバック
289441 発信と受信がされてこその社内ネット 川口愛香 14/04/19 PM03
283051 企業が社会的統合サイトとリンクする必要度は高まリ続けている 柳瀬尚弘 13/11/05 AM01
257829 "発信”する気があるから、"アンテナ”が働く 三輪歩未 11/10/19 PM01
「企業を共同体に変えるには?」7〜集団統合の新たな仕組み:対面会議を超えて、全てをネットへ〜 「これからは共同体の時代」 09/11/05 PM09
217210 インターネットの統合 関谷啓太郎 09/10/14 PM11
仕事で成果をあげるには!? ?仕事がうまくいくには? 「路上で世直し なんで屋【関西】」 09/05/11 AM04
仕事で成果をあげるには!? ?仕事がうまくいくには? 「路上で世直し なんで屋【関西】」 09/05/11 AM04
204535 ネットによる指揮系統の撤廃がもたらす、社会統合サイト実現への可能性 内山竜太郎 09/04/16 PM11
198382 投稿は、最優先の仕事。 佐藤賢志 09/01/27 PM05
192084 指揮系統があるから、全体を捨象し、皆に迷惑をかける 福田尚正 08/11/13 AM10
192049 トラブルの根底に指揮系統あり。全てをネットへ 喜田育樹 08/11/12 PM10
191317 成員の課題意識の温度差って・・・ 匿名希望 08/11/02 PM07
146759 社会に応えていく共認統合体、そのすごさ。 木村明子 07/03/09 AM05
110368 “言葉の時代”=“ネットの時代”の到来 ジャック・ダニエル 06/04/27 PM02
108250 貫徹する圧力を作り出せるか?がカギ 谷光美紀 06/03/29 PM07
107831 共同体になるための一番のボトルネックはトップ? 高橋可奈 06/03/22 PM11
107642 事実を開き出すことは成功への第一歩 熊澤敬輔 06/03/19 AM00
107529 人材育成とコーチング ハリケーンミキサー 06/03/17 PM01
107496 「るいネット」とは事実追及の場 ごろごろ 06/03/16 PM11
107220 すべてを社会空間に開いていくことが、私権原理を解体していくカギになる 匿名希望 06/03/12 AM01
105708 発信は期待! 三輪歩未 06/02/14 PM05
105609 共同体と共認ネットワークは同時進行で作る必要がある 坂本日出夫 06/02/12 PM07
105232 「根回し」は死語になる 大河明日 06/02/06 AM11
104780 ネットに投稿するだけなら 廻神泰郎 06/01/29 AM07
矛盾を感じる。 「瞬間の集積」 06/01/20 AM01
104046 一集団を超えた場 渡邊真也 06/01/15 PM00
102677 同類圧力を創り出せれば統合できる 喜田育樹 05/12/15 PM11
102240 ネット投稿の心得 嶺山志保 05/12/08 PM09
102139 企業(社員)の活力を上げるには、社会に答えを出せる企業を創ること 三浦弘之 05/12/07 PM01
102091 認識が進化するるいネットのお陰で、今後仕事がますます面白くなる! 足立晴彦 05/12/06 PM01
101971 共認時代における勝ち組の条件 鈴木隆史 05/12/03 PM11
101904 情報開示の在り方が問われている 松井英仁 05/12/03 AM07
101845 事実の追求が全て リバーバンク 05/12/02 PM01
101841 “みんな”について 越見源 05/12/02 PM00
101830 社内掲示板と社会統合サイトとの融合は画期的! 加来野浩史 05/12/02 AM02
101808 会議(集団)を超えるNETの世界への期待 原田昭雄 05/12/01 PM10
101804 ネットと対面の判断 渡邊真也 05/12/01 PM10
101772 これからの親和共認の形とは? 猪原裕子 05/12/01 AM11
101770 共認圧力形成の壁 今西美貴 05/12/01 AM10
101759 人類史上初!本来の社会言語を作っていくスタートラインに立った!! 佐藤祥司 05/12/01 AM01
会社って何? 「なんでや相談館。」 05/11/30 PM10
101713 人類史最初の私的共認とは? 安西伸大 05/11/30 PM03
101709 実現可能性を感じるネット 安西伸大 05/11/30 PM02
101701 密室を突破する 丸山桂 05/11/30 AM09
101682 会議からネットにかわって 司光博 05/11/30 AM00
101673 これは共認社会の実現を射程に入れた実践規範だ。 佐藤賢志 05/11/29 PM11
101657 独立露店の未明課題も、全てをネットへ 矢ヶ崎裕 05/11/29 PM08
101625 対面会議の限界と共認社会に適した会議形態 中野泰宏 05/11/29 AM02
101601 なんでや劇場を、ネット中継出来ないでしょうか? チーフ 05/11/28 PM11
101595 密室から抜け出す。 猪原裕子 05/11/28 PM10
11/23 第51回 なんでや劇場 議事録 「新しい露店主のカタチ〜充足発信〜」 05/11/28 PM04
101528 社内掲示板の成功は、るいネットあってのもの! 西田美和 05/11/27 PM07
101508 社外に開かれたネット会議に期待! 積満也 05/11/27 AM10
まずは、構造を知る事〜11.23劇場会議の感想〜 「なんで屋さん♪みわつん(*^-^)かおりん(^-^*)」 05/11/25 PM02
まずは、構造を知る事〜11.23劇場会議の感想〜 「なんで屋さん♪みわつん(*^-^)かおりん(^-^*)」 05/11/25 PM02
みんな、の中にさらに可能性を求める。 「〜恋愛の行方〜」 05/11/24 AM02

  [戻る]  


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、45年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp