企業を共同体化するには?
101334 対面会議の欠陥
 
四方勢至 ( 60代 編集 ) 05/11/24 AM00 【印刷用へ
対面(円形)会議の原型は、一日or半日後に迫った決戦を前にした臨戦会議だと考えられる。そこでは、成員の末端まで闘争課題が共認されており、その緊迫した空気の中では誰一人、ソッポを向いている者は居ないし、切迫した時間の中では、方針を決められないまま会議に(指揮官)がもたれかかりor(兵士が)ブラ下がっていることは許されない。
現在、これに近いのが、定型課題を処理する(報告し、決断し、指示する)臨戦会合=ミーティングである。注:現在は定型化された日常課題を処理する為に、定例化(定時化)されているケースが多いが、本来は臨戦会合も必要に応じて召集されるべきものである。

しかし、現在全ての企業は、序列社会から共認社会への大転換の渦中に存在しており、どの部門でも課題の未明度が数段階、高くなっている。従って、臨戦会合では答えを出すことのできない未明課題を扱う為の会議が、どんどん増えてきた。従って、現在の(臨戦会合を除く)会議は、未明度の高い課題を突破する為にあると云って良いだろう。
ところが、未明課題となると、何日までに答えを出せるという確信を持てないので、たいてい期限は在って無いようなものになり、臨戦性(切迫感や緊迫感)が大幅に後退してしまう。
もっと問題なのは、未明課題になればなるほど、成員の課題意識が低くなり、殆ど発言が出てこなくなるという事実である。これは、会議の生命とも大前提とも云うべき、末端までの課題共認が(極めて低いレベルでしか)成立していないということであり、会議としては致命的である。

課題共認(闘争共認)が充分に成立していない会議の場は、親和共認に支配される。闘争共認機能が形成された真猿以前の、原猿状態に後退すると云った方が良いかも知れない。
そして、親和空間では、仲間意識に基づく『排除のタブー』が強く働く。その結果、一人でも後ろ向きで重い成員が居ると、場全体が重くなり、場を活性化させることが困難になる。あるいは、最も課題意識の低い成員に合わせてゆくことになり、当初の課題(テーマ)がどんどん下方に劣化収束してゆく。こうなると、雑談と変わらなくなる。(注:但し、闘争共認は親和共認という土台の上に形成されるので、緊迫度の高い会議でも、時折、雑談的or親和的な間があった方が、全体として活性化する。)

もっとも、そんな状態にまで成るのは、無圧力に近い一部の共同体ぐらいのもので、一般には、会議に向けて全社からの強い課題圧力が働いており、雑談だけで終る訳にはいかない。ところが、未明課題なので、下はもちろん、指揮官さえも答えを出せないことが多い。しかし、未明課題を突破するべく、会議という場だけは与えられている。こうなると、上も下も必然的に会議にもたれかかりorぶら下がってゆくことになる。
あるいは、そもそも課題圧力は加えられていても課題共認が充分成立していないので、答えを出せない指揮官が何を云っても、笛吹けど踊らずで、結局、ただの説教会議にズリ落ち、ひたすら退屈で重苦しい場に成り果ててしまう。(それに比べたら、まだしも雑談で盛り上がっている「会議?」の方が、マシである。)
 
 
  この記事は 101282 に対する返信です。
 この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_101334

 この記事に対する返信とトラックバック
299664 時間を決めないミーティングは犯罪的 匿名希望 14/12/29 PM03
294076 ミーティング廃止で、仕事の進め方が全く変わってきた! 矢ヶ崎裕 14/08/18 PM07
256291 「ノルマ撤廃」「会議禁止」「営業ロープレ廃止」〜改革を進めるキリンビール大阪支社 平川要 11/09/01 PM01
251499 現状認識8割、可能性は現状認識あってこそ機能する! 岩井宏之 11/05/16 PM02
251403 話し合いが雑談になってしまうのはなんで? 足立景 11/05/14 PM10
217939 「会議とは、答えを出す場」という思い込み 根木貴大 09/10/23 PM08
「企業を共同体に変えるには?」5〜対面会議の欠陥〜 「これからは探求の時代」 09/10/22 PM11
211410 闘争仲間と解脱仲間の関係 大脇正嗣 09/07/24 PM00
189053 問題は実はシンプルでした とみー 08/10/06 PM06
仕事が増えてるって、ホント!?〜仕事1日12時間以上28%首都圏関西圏サラリーマン〜 「毎日のありがとう☆.。.:*・゜」 06/11/27 PM06
仕事が増えてるって、ホント!?〜仕事1日12時間以上28%首都圏関西圏サラリーマン〜 「毎日のありがとう☆.。.:*・゜」 06/11/27 PM06
対面会議の欠陥〜その1〜 「これからは探求の時代」 06/10/31 PM11
103421 同化度が仕事の勝負を決める時代。同化対象の劣化は致命的。 一力広明 05/12/31 PM09
全ての企業は答えを求めている 「開放空間「THE ROTEN」」 05/12/26 AM08
103143 未明課題ほどわくわくするのはなぜ? 吉村信子 05/12/25 AM10
102115 赤い糸で結ばれた共同体企業とネット会議 小林有吾 05/12/06 PM11
102097 「闘争」と「親和」を捉えなおす 矢野悟 05/12/06 PM03
101979 全てをネットへ⇒「統合サイト」による社会統合 西谷文宏 05/12/04 AM00
101949 「答えが出そうかどうか」という見通し 田中素 05/12/03 PM10
101918 体制改革後の感想 呉珍之 05/12/03 PM03
101862 みんな発ミーティング YS-11 05/12/02 PM04
101843 その場(対面会議)はなんとか凌げてこれたから…。 毛針田万作 05/12/02 PM00
101790 新認識の発信が共認社会の生命線 藤澤仁 05/12/01 PM07
101690 「答えがないので劣化収束」は現代意識潮流を読み解くキー概念 山澤貴志 05/11/30 AM02
101627 「どうする?」を求める人々にとっては、答えだけでは物足りないのか? 塩貝弘一郎 05/11/29 AM03
101617 会議は懐疑をうむ 家村和宏 05/11/29 AM01
101577 対面共認の欠陥を認識することは重要 藤田公一 05/11/28 PM07
101335 民主主義=会議という固定観念 四方勢至 05/11/24 AM00

  [戻る]  


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
超国家・超市場論1 新しいまつり場は、国家と市場を超えられるか?
超国家・超市場論2 闘争(能力)適応 と 共生(取引)適応
超国家・超市場論3 置かれた環境を貫く 闘争圧力を把握せよ
超国家・超市場論4 同類闘争の圧力と共認統合の限界
超国家・超市場論5 私権闘争・掠奪闘争をどう止揚・統合するのか?
超国家・超市場論6 生存圧力に基づく同類闘争から、同類圧力に基づく同類闘争=認識競争へ
超国家・超市場論7 私権闘争を統合した 力の序列共認
超国家・超市場論8 国家(力の序列共認)と その統合限界
超国家・超市場論9 私権闘争の抜け道が、交換取引の場=市場である
超国家・超市場論10 何をするにもお金がかかる社会
超国家・超市場論11 市場は社会を統合する機能を持たない
超国家・超市場論12 市場の拡大限界は、国家の統合限界でもある
超国家・超市場論13 人類の新たな活力源=圧力源
超国家・超市場論14 外向収束⇒認識収束に応える『認識形成の場』
超国家・超市場論15 『認識形成の場』こそ、新しい社会統合機構の中核である
超国家・超市場論16 ゼロから、自分たちの『場』を作る活動
超国家・超市場論17 新しい社会統合機構が、国家機関を吸収・解体する
超国家・超市場論18 認識形成の『場』を構築することこそ、真の社会活動である
超国家・超市場論19 もう、傍観者=インテリ統合階級は、要らない
超国家・超市場論20 認識形成は遊びではない、生産活動である。
超国家・超市場論21 『認識形成の場』が、なぜ有料化されるべきなのか?
超国家・超市場論22 お金は、現実の必要度を測るモノサシ
超国家・超市場論23 『必要か、必要でないか』という真っ当な判断の土俵が出来てゆく
超国家・超市場論24 必要か否かの『判断の土俵』が、国家と市場を呑み込み、解体し、再統合してゆく
超国家・超市場論28 新しい可能性が顕在化するとは、どういうことか?
超国家・超市場論29 新しい『場』は、古い評価指標の洗礼を受けて、はじめて顕在化する
超国家・超市場論30 実現の論理
判断の土俵と解体・再統合 大学の例
判断の土俵とは、人々の潜在思念が作り出した共認圧力の場
『必要か否か』が環境問題に対する基底的な答えになる
社会統合組織の史的総括 国家と教団
社会統合組織の史的総括 市場と演場
大衆の期待の変化に応じて統合力も変わってゆく
マイナス原因構造とプラス実現構造という両輪
支配階級の私有権は絶対不可侵だが、庶民の私有権は剥奪され得る

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp