アメリカ→官邸→マスコミによる支配
100988 アメリカはもはや張子の虎でしかない
 
雪竹恭一 ( 38 営業 ) 05/11/17 PM09 【印刷用へ
先日のなんでや劇場で、アメリカはもはや張子の虎でしかないことを再認識した。世界情勢を客観的に見るというという観点では、これは非常に重要な認識である。客観的な状況認識に塗り替えさえすれば、政治家やマスコミのアメリカべったりの姿勢はおかしいということが明確になってくるし、アメリカ支配から脱却する可能性も見えてくると思う。

張子の虎であると言える理由は、もはや先進国では力の原理は通用しなくなっているにも関わらず、アメリカだけが見せかけの力の原理を頼みにしているという理由だ。根本的には力の原理が衰弱し、序列原理では統合できなくなってしまったという現実を捨象し、自らに都合の良い観念(自由と民主主義⇒強いアメリカ⇒テロとの戦い等)に安直に寄りすがってゴリ押しを図ろうとするという点では、偽者であり、実は張子の虎と言っていい。実効力のない偽者の観念に頼って侵略やゴリ押しを繰り返すから、世界中で反米意識や民族意識が高まるばかりである。本当に力の原理が通用するのなら、反米意識や民族意識などは力でねじ伏せることができるはずであり、力でゴリ押しをすればするほど、反発が出てくるというのは、もはやアメリカが張子の虎であることの証明であろう。

力の原理の衰弱は、日本を含めて先進国共通の構造であるが、アメリカはいち早く豊かさを実現した分、力の原理の衰弱もいち早く顕在化した国であると見ていいだろう。例えば、‘60〜70年代のベトナム戦争でアメリカが負けた理由も、根本的には力の原理ではアメリカ軍の活力を持続させることができなかったからであり、‘80年代に貿易赤字、財政赤字という双子の赤字が問題になったのも、力の原理では経済活力を維持できなくなったからである。いつ頃を転換点と見るかは詳細な分析が必要だが、社会秩序も経済もガタガタになり、‘80年代に入ってレーガンが「強いアメリカ」ということをスローガンにせざるを得なかったことを考えると、既に‘60〜70年代には相当力の原理は衰弱していたと考えていいだろう。その後は軍備に力を入れたり、日本やECに対して自分のところに都合のいいように市場開放の圧力を加えたりしてきたが、一向に双子の赤字も社会秩序も回復する気配はなく、むしろ悪化する一方である。ブッシュ政権になって、さらに「強いアメリカ」のスローガンは強まったが、実態は、力の原理の衰弱に伴ってアメリカの活力は衰弱する一方である。そもそも、力の原理が衰弱して活力が衰弱する一方である国が、力でゴリ押しできる訳がない。(無理やりゴリ押ししようとしても国民、軍隊がついてこず、負けるであろう。)

冷静に考えれば、もはやアメリカはゴリ押しする力の基盤を失っていることは見えてくるはずだ。アメリカべったりでないと生きてゆけないというのは、敗戦コンプレックスか何かで凝り固まった旧い状況認識にしか過ぎない。政治家やマスコミのゴマカシに踊らされることなく、客観的な状況認識に塗り替えてゆく必要がある。
 
 
  この記事は 100808 に対する返信です。
 この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_100988

 この記事に対する返信とトラックバック
218618 アメリカって? 匿名希望 09/10/31 PM07
218551 これからの日本はどのような方向に進むべきか 匿名希望 09/10/30 PM10
185107 アメリカの経済・財政を支える日本 ビビビのねずみ男 08/09/08 AM10
175776 共認運動 IN USA 大森義也 08/05/05 PM08
アメリカで病気になったら? 「Financial Journal」 07/04/26 AM00
147631 アメリカはもはや限界(所詮張子の虎に過ぎない) 猛獣王S 07/03/21 AM00
142825 どうなる?日本 ageyaki 07/01/20 AM02
136783 あのキッシンジャーがイラク戦争に関与している? 大西敏博 06/11/07 PM11
127610 本源性を導く観念・認識を 匿名希望 06/08/06 PM06
127601 事実共認による民族の統合 加藤俊治 06/08/06 PM01
127582 もはやアメリカには本当の力はない korokoro 06/08/06 AM02
120385 武器は事実 西知子 06/06/13 AM00
109601 アメリカはもはや張子の虎でしかない…のか? 匿名希望 06/04/23 PM10
106947 共認圧力でアメリカ支配から脱却! 中瀬由貴 06/03/08 AM00
カビの増殖がアメリカと中国を崩壊に導く 「開放空間「THE ROTEN」」 06/02/15 PM09
カビの増殖がアメリカと中国を崩壊に導く 「開放空間「THE ROTEN」」 06/02/15 PM09
105249 '05アメリカの貯蓄率がマイナスに 冨田彰男 06/02/06 PM07
105078 国際共認のもとでの日本とアメリカとの関係。 匿名希望 06/02/03 PM02
「米国産牛肉の輸入を再び全面禁止」に対するブッシュの対応 「開放空間「THE ROTEN」」 06/01/25 AM07
BSE検査官問題を反撃にきっかけに 「開放空間「THE ROTEN」」 06/01/21 PM05
103789 旧観念と序列秩序の悪循環から構造認識による統合へ 鈴木龍也 06/01/08 PM09
102546 大統領選挙選に対する不正疑惑⇒不正・欺瞞を暴くことが、アメリカの力を失墜させる@ 西谷文宏 05/12/13 PM11
101803 観念論に終始する小泉政権に存在理由はない 酒井裕志 05/12/01 PM10
101432 力の原理の限界 上山昇良 05/11/25 PM10
101364 日米安全保障条約の欺瞞 西谷文宏 05/11/24 PM08
101244 なんでや劇場が面白いのはなんで? 木村明子 05/11/22 AM06
戦争と言えば、アメリカ! 「〜恋愛の行方〜」 05/11/20 AM00

  [戻る]  


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、42年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp