社会板・現代板・史論板の検索
( 注目サイト・便利データ・注目書籍の紹介板も含む )
キーワードを入力後、検索ボタンを押して下さい。
番号
題名
投稿者名
掲載区分
 
本文 (半角スペース区切で、複数の単語検索可)
2004.07.01〜現在までの本文 2001.02.01〜2004.06.30の本文

316927
マスコミに支配される社会 16/07/02 PM00
良い情報も、悪い情報も、本当の事を知りたい 井上誠

316926
子育てをどうする? 16/07/02 PM00
頭の回転が速い子供の育て方 す太郎
トラック
バック
次代の活力源は? 16/07/02 AM11
言葉にしたら、もっと伝えられることがある。 男と女の職場話

316924
社員の活力を引き上げるには? 16/07/02 AM10
「思考のスピードが速い」人の頭の使い方−2 植田正治

316923
社員の活力を引き上げるには? 16/07/02 AM10
「思考のスピードが速い」人の頭の使い方−1 植田正治

316922
思考革命:問題意識発から可能性発へ 16/07/02 AM09
「忙しい人」になってはいけない。 中 竜馬

316921
未知なる回路:気・霊感・予知 16/07/02 AM03
人間の脳はどんな宇宙構造よりも複雑であること。そして、その脳の「認知」を支配しているのはその中の「遺伝子」だった 井垣義稀

316919
心の本体=共認機能の形成過程 16/07/02 AM02
絵画の進化段階 多田奨

316918
未知なる回路:気・霊感・予知 16/07/02 AM01
水の不思議〜ブルーソーラーウォーター〜 佐藤祥司

316917
日本を守るのに、右も左もない 16/07/02 AM00
千利休(=聖人ルカ)が茶道を通してキリスト教を広めていた 上前二郎

316916
政治:右傾化の潮流 16/07/02 AM00
司馬遼太郎が神に祭り上げた、テロリスト吉田松陰 2 本田真吾

316915
政治:右傾化の潮流 16/07/02 AM00
司馬遼太郎が神に祭り上げた、テロリスト吉田松陰 1 本田真吾

316914
本能⇒共認機能⇒観念機能 16/07/01 PM11
適応し続けるということ 吉原一生

316913
原発 16/07/01 PM11
チェルノブイリで一部の鳥が放射線に適応している 匿名希望

316912
新資源・新エネルギーの開発は? 16/07/01 PM10
ポルトガルで4日間以上100%再生可能エネルギーのみを使用する記録達成 猛獣王S

316911
脳回路と伝達物質 16/07/01 PM10
「頭がよくなる薬」が見つかる す太郎

316910
未知なる回路:気・霊感・予知 16/07/01 PM10
感情が「理性より賢い」とき 川内麻生

316909
新資源・新エネルギーの開発は? 16/07/01 PM09
どうやってドイツはエネルギー革命を実現したのか? 100%自然エネルギー社会を目指すドイツ企業「juwi」本社を訪ねて聞いてきたB 本田友人

316908
新資源・新エネルギーの開発は? 16/07/01 PM09
どうやってドイツはエネルギー革命を実現したのか? 100%自然エネルギー社会を目指すドイツ企業「juwi」本社を訪ねて聞いてきたA 本田友人

316907
新資源・新エネルギーの開発は? 16/07/01 PM08
本末転倒の巨大バイオマス発電所の建設が進む 匿名希望
 

◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、42年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp