社会板・現代板・史論板の検索
( 注目サイト・便利データ・注目書籍の紹介板も含む )
キーワードを入力後、検索ボタンを押して下さい。
番号
題名
投稿者名
掲載区分
 
本文 (半角スペース区切で、複数の単語検索可)
2004.07.01〜現在までの本文 2001.02.01〜2004.06.30の本文

326769
地震・噴火・気象 17/05/25 AM02
浮遊する黒色酸化鉄粒子が大気を加熱 立川久

326768
人類の起源と人類の拡散 17/05/25 AM01
人類と類人猿の分岐はアフリカ起源ではなかった? 稲依小石丸

326767
脳回路と伝達物質 17/05/25 AM00
ほ乳類特有の大脳新皮質は新しくなかった - 遺伝研、定説を覆す証拠を発見 2/2 加藤俊治

326766
脳回路と伝達物質 17/05/25 AM00
ほ乳類特有の大脳新皮質は新しくなかった - 遺伝研、定説を覆す証拠を発見 1/2 加藤俊治

326765
政治:右傾化の潮流 17/05/24 PM11
日本会議と生長の家教団・神社本庁 井上宏

326764
法曹・官憲・役人こそ、社会閉塞の黒幕 17/05/24 PM11
加計疑惑がさく裂しても安倍政権がびくともしない理由(天木直人のブログ) 匿名希望

326763
法曹・官憲・役人こそ、社会閉塞の黒幕 17/05/24 PM11
国連報告者が安倍首相に共謀罪法案を懸念する緊急書簡を送付B 志水満

326762
法曹・官憲・役人こそ、社会閉塞の黒幕 17/05/24 PM10
国連報告者が安倍首相に共謀罪法案を懸念する緊急書簡を送付A 志水満

326760
法曹・官憲・役人こそ、社会閉塞の黒幕 17/05/24 PM10
国連報告者が安倍首相に共謀罪法案を懸念する緊急書簡を送付@ 志水満

326759
法曹・官憲・役人こそ、社会閉塞の黒幕 17/05/24 PM10
「未必の故意による黙示的共謀」って何?〜「共謀罪」強行と併走する裁判指揮 takigawa hayami

326758
素人による創造 17/05/24 PM09
言語能力とは何か。非連続な発想も「整理」から生まれる 匿名希望

326757
素人による創造 17/05/24 PM09
言語能力とは何か。「T字型思考法」で考えを進める。 匿名希望
トラック
バック
次代の活力源は? 17/05/24 PM09
飲食業の常識を覆す未来食堂? 〜ブレない志が人を集める これからは共同体の時代

326755
子育てをどうする? 17/05/24 PM08
父親とは、遊び友達から子供に背中を見せる存在 2/2 加藤俊治

326754
子育てをどうする? 17/05/24 PM08
父親とは、遊び友達から子供に背中を見せる存在 1/2 加藤俊治

326753
社員の活力を引き上げるには? 17/05/24 PM07
効果のある教育訓練と、ムダな教育訓練のちがいとは。 井垣義稀

326752
法曹・官憲・役人こそ、社会閉塞の黒幕 17/05/24 PM07
関連裁判3連勝の「NHKキラー」が教える受信料お断りノウハウA〜NHK問題解決のカギ 惻隠之心

326751
法曹・官憲・役人こそ、社会閉塞の黒幕 17/05/24 PM06
関連裁判3連勝の「NHKキラー」が教える受信料お断りノウハウ@ 惻隠之心

326750
密室家庭は人間をダメにする 17/05/24 PM05
どうしたら潜在思念(体と心)を作動させることができるのか?〜感情が揺さぶられる時〜 彗星

326749
密室家庭は人間をダメにする 17/05/24 PM03
侮辱的な言葉で自尊心を攻撃する毒親 2/2 加藤俊治
 

◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、43年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp