心の本体=共認機能の形成過程
82468 共認回路を再生する場としての露店
 
小圷敏文 ( 壮年 大阪市 建築士 ) 04/12/13 AM00 【印刷用へ

露店でお客を呼び込むとき、大声で呼びかけるだけでは、一向に効果が出ない。そんな時、店構えを変えてみたり、お題カードやその敷物の素材や色調などの設えに工夫を凝らしたりすることが「工夫思考(回路)」であると捉えていた節がある。

先日、なんで屋露店で、声掛をひたすら押さえ、路上に同化して目線で道行く人を追い、目線の合った人にこそ歓迎の意をゼスチャーで示す試みをした。そうすると、過半の人は微笑を返してくれる。気になる人は、何度か振り返り、そのたびに目線と歓迎のジェスチャーを繰り返すと、きびすを返して店先に来てくれることがある。

そこで初めて、言葉(観念)による会話となるが、そこでもかなり控え目に季節の挨拶と露店のメニューを伝えるだけ。そうすると、お客は場の雰囲気から可能性を拾い出して、探索し始める。その間、こちらもお客を肯定視し、同化・応合してお客の期待を探索する。

そのような「気」の遣り取りを踏まえた上での会話は、単なる言葉の遣り取りを超えている。まさしく、

>通常言葉によるコミュニケーションと考えられている状態でも、実は言葉以前の共認が多くの部分を支えていることが解ります。また、言葉を発するということは、それ以前に伝えたい内容が意識のなかで(言葉でなくとも)まとまっていることも解ります。(21180

ということを実感できた。

潜在思念が最初に(その場=話しの流れに応じた)大きな方向を発見し、次に(潜在思念の一部である各種の統合律が)大きな構成を見つけ出す。(71464

頭の先っぽでこねくり回す工夫ではなく、潜在思念発の工夫回路の在り処を垣間見たように思う。そんなことに気付けたという意味で、「共認回路を再生する場としての露店」の意義があると痛感・得心した。

 
  List
  この記事は 75157 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_82468
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
108931 肯定視と同化と、ちょっとした揉め事 新大阪駅 06/04/13 PM01
108926 肯定視とは何? 匿名希望 06/04/13 PM01
肯定視が突破口!! 「なんで屋@奈良」 05/06/13 PM10
ありがとう 「あったかい場所」 05/03/24 AM03
リクルートスーツと肯定視とアイコンタクト 「なんで屋の出来事」 05/03/02 PM11
83801 「共認回路を再生する場としての露店」は肯定視によって成り立っている 鈴木龍也 05/01/09 AM02
83628 お客は“動き”の背後にある意識を感じ取る 西村秀彦 05/01/05 PM01
83290 カード売りは「自分からみんな」へ充足構造を転換させる 山澤貴志 04/12/28 PM06
83289 カード売りは本源探索や新観念探索の可能性収束を顕在化させる仕事 山澤貴志 04/12/28 PM06
82867 路上で共認回路再生! 藤田公一 04/12/20 PM01
82665 肯定視の中身を考えてゆくと、まだまだ自分発だったことに気が付いた 佐藤晴彦 04/12/16 PM09

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

「合同板」必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、48年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp