この記事の読者は累積3208人です。
 
学者とマスコミはグルで頭脳支配
366005 新型コロナウイルスは偽旗つまり911に於けるタワービルに突っ込んだ飛行機であり、実際は5Gが犯人
 
momoko ( 40 福岡 教師 ) 21/04/08 PM03 【印刷用へ
リンク

新型コロナウイルスは偽旗つまり911に於けるタワービルに突っ込んだ飛行機であり、実際は5Gが犯人 
 
 
(拡散希望)新型コロナウイルス肺炎とは5G肺炎 
(日本を憂えての手記)

(序章)

(1年前にイタリアで以下のことが発見されていたが、何故か内密にされていた。外部にこの情報を漏らすことが厳しく禁じれられていた)

 How Italian Doctors Disobeyed WHO And Discovered The Secrets Of Coronavirus (イタリアの医師たちがWHOに背いてコロナウイルスの秘密を発見した方法) - Health - Nairaland

(1) (Reply) How Italian Doctors Disobeyed WHO And Discovered The Secrets Of Coronavirus by Raphkriz(m): 4:51pm On May 25, 2020

友人たちよ、コロナウイルスはWHOが私たちに信じさせているようなウイルスでは決してなく、全ての生きとし生けるものにワクチンを接種し、多くの人々を暗殺し、生きとし生けるものを支配し、世界の人口を減らしたいがための(詐欺)なのだ。
イタリアの医師たちは、世界保健機構(WHO)に従わず、コロナウイルスの死者の検死を行った。

そして、コロナウイルスとは安全な弱毒なウイルスであり、死をもたらすものは5Gであることを発見した。これが原因で血栓ができ、死に至るのです。

それは「播種性血管内凝固」(Thrombosis)に他なりません。

そして、その戦い方、つまりその治療法は、「抗生物質、抗炎症剤、抗凝固剤」である。

この世界的にセンセーショナルなニュースは、イタリアの医師がコヴィド-19で作られた死体を検死して出したものである。

イタリアの病理学者によれば、他にも "人工呼吸器や集中治療室は必要なかった"

したがって、イタリアでは治療法の変更を行いました。

この治療法は、中国はすでに知っていましたが、世界制覇のため内密にしていました。

この情報をご家族、ご近所、お知り合い、ご友人、お勤め先、同僚、一般の方々にお伝えください。

もしCovid-19に感染したら(Covid-19はマスコミが造ったもので実際は有りません。真実は5Gに曝されたら)……彼らが信じさせているようなウイルスではなく、細菌であり...炎症と低酸素を生み出す5G電磁波で増幅されたものであり、彼らがすべきことはアスピリン100mg(バイアスピリン1錠)とApronaxまたはParacetamol(抗生物質)を飲むことだけです。

5Gが血栓を引き起こし、体に血栓症を発症させ、血液が流れず、心臓や肺に酸素が供給されず、その結果、呼吸ができずにすぐに死んでしまうことが明らかになりました。

イタリアでは、医師がWHOの手順に従わず、コヴィド-19で死亡したとされる死体を検死した。死体を切断して手足などを開いてみると、静脈が拡張して血液が凝固し、すべての静脈や動脈が血栓で満たされていて、血液が正常に流れず、脳や心臓、肺を中心としたすべての臓器に酸素が行き渡らず、患者は絶命してしまってました。

これを発見したイタリア保健省は、直ちにコロナウイルス治療のプロトコルを変更し......患者にアスピリン100mg(バイアスピリン1錠)とアプロナックス(抗生物質)を投与し始めました。

そして、この新しい方法により、1日で14,000人以上の患者を帰宅させることができたのです。

イタリアでは、すでに数十万人単位の死者が出ており、深刻な混乱状態にありましたが、常識を覆したのです。

これでWHOは、多くの死者を隠蔽し、世界の多くの国の経済を崩壊させたとして、世界的に訴えられることになるだろう。遺体を解剖せずに火葬したり、すぐに埋めたりする命令を出し、汚染度が高いというレッテルを貼った理由もわかってきた。
 
  List
  この記事は ブログ1 ブログ2 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_366005
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
366071 「コロナ脳」は、自分の頭でモノを考えられなくなった現代社会の同調圧力が生み出した 佐藤有志 21/04/11 AM01

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献


『るいネット』は、48年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp