この記事の読者は累積9592人です。
 
新しい共認勢力
364122 トランプさんらの真の目的
 
姜ヨセフ ( 29 東京都 会社員 ) 21/01/31 PM10 【印刷用へ
トランプさんの勝利といった発言を私は繰り返しSNS上で行ってきましたが、その自信は日に日により高まってきているのが今の状況です。今日はそのあたりのことについて少し説明させていただきたいと思います。

リンク
トランプさんの勝利という言葉の定義ですが、単に大統領選挙のみをさしているわけではありません。トランプさんの真の目的が達成されるかどうかという視点で見ており、目的が達成されそうなので「トランプさんの勝利」といった発言を行ってきています。

その真の目的ですが、それは世界の人々の覚醒、洗脳からの目覚めであると私は読んでいます。今のこの世界はディープステートが政治・経済・メディア等のあらゆるところを抑えて、人々は気づかないうちに洗脳されてきました。それを解き放つことがトランプさんらの真の目的であり、その目的達成の為の行動を現在進行形で行っています。その目的達成にやるべきことは大きくは2つです。

一つ目は我々の洗脳を行ってきた側を壊滅させること。2度と同じことができないように徹底的にディープステートをつぶしにかかっています。ここは軍が現在進行形で進めてくださっているようです。

最近、ロスチャイルド家の方の急死というニュースやバチカン関係者の有罪判決といったニュース、イタリア首相の辞職と言ったニュースがメディアでも報じられていますが、これらはこの活動に関連した事象であると考えられます。

その他にも表のメディアは全然報道しないですが、ホワイトハウスの連日の停電や就任式がとっくに終わっているにも関わらずワシントンから撤退しない軍隊といったことなどもこれらを裏付けています。

これらの壊滅作戦がいつ終わるかはわかりませんが、トランプさんらが使っているSNS(ツイッターやFBは使えなくなったので今は主にテレグラム)ではなんらかの作戦がそろそろ終わりになるような発言が昨日あたりから出てきています。(※)

(※)SNSでリンウッド弁護士がフリン将軍に発言したものをある方が翻訳したもの『30(日?)に完了。ハウスクリーニング。WH(ホワイトハウス?)を確保した。最終段階』

「闇の10日間」という言葉が就任式の少し前ぐらいにトランプさんら側から出ていてその時には意味がわからなかったのですが、ホワイトハウスの連日停電及びそれが始まってからそろそろ10日が経過することを考えればこの闇の10日間は軍事作戦を表していると考えられ、昨日のリンウッド弁護士の30に完了・・・は1月30日(明日、日本時間では明後日)にホワイトハウス周辺でのなんらかの軍事作戦が終了する予定なのかなと私は解釈しました。

次に二つ目行うことですが、それはこれらの事実を世界の人々に知らせることです。世界の人々を覚醒させること、洗脳から目覚めさせることです。
洗脳が深いと目覚めた時のショックは大きいです。

ですので、トランプさんらは出来る限りゆっくりと目覚めてほしいと思い、いろいろなヒントを我々に与えてきました。それによって目覚めた人もいますが大半の方はまだ眠ったままです。近いうちに無理やり起こす(真実の暴露)が行われるかなと私は思っています。

「早く起きなさいと」と無理やり起こされるのって結構きついですよね。この私のSNSを見て、何か感じた方は、自分で調べていただき、私と同じようにゆっくりと目覚めてほしいと思っています。私がここ最近、投稿してきたいろいろな記事のシェアなどは自然な目覚めに繋がるかなと思って行ってきたものです。以上が本日、お伝えしたかった内容です。

私のこの話を信じるか信じないかは人それぞれです。少しでも私のこの話が気になった方、今の世の中に何か違和感を感じている方はいろいろと調べてみることをおすすめします。自分の感性に従って、何が真実なのかを見極めていきましょう。
 
  List
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_364122
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
コロナ騒動を操縦して、世界支配を企てていた奴らの反転? 「金貸しは、国家を相手に金を貸す」 21/02/03 PM10

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献


『るいネット』は、48年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp