この記事の読者は累積15382人です。
 
アメリカ:闇の支配構造と略奪戦争
363974 現在、米国は軍事暫定政権下、機密解除は水面下で進行中(吉田繁治氏)
 
匿名希望 21/01/26 AM09 【印刷用へ
210125 ビジネス知識源リンク:ソ連の崩壊に類似する、米国のトランプ革命 より抜粋。

大統領令による緊急事態は、一旦、24日で終了しますが、20日の就任式は、ワシントンDCの真の所有者(バチカン法王庁)を想定すると、「仮想的なもの」だったことが明らかになってきました。
就任式は、ピークでは6万人の軍に包囲されたワシントンDC特別区(1辺が10マイル)での海外の管理下である「株式会社アメリカ」の最後となる第46代のCEOになるものでした。その株はシティを通じて融資したバチカン法王庁がもっていました。連邦議会とホワイトハウスも、約200年、驚きますが、バチカンの所有物だったのです。(注)これは、イタリアからは独立している法王庁があるバチカン公国、スイスからは治外法権のBIS(国際決済銀行:バーゼル)とおなじような「法人」の形態です。

【現在の政府】◎トランプ在任中の、海外・国内からの脅威を理由とする国家緊急事態法(FEMA:フィーマ)の発動より、政権の移行は延期され、大統領が決定するまでの間は、軍事暫定政権です。
米国は、インディアンから、マンハッタン島を24ドルで買った国です(1626年:当時はオランダ領。その後、1664年の蘭英戦争で英国領。1783年の独立戦争で米国の首都になった(1年間だけの短期首都))。
現在、米国の50州をカバーしているのは、国防長官代行クリストファー・C・ミラーをヘッドとする「軍事暫定政権」です。今回のFEMA下では、軍事暫定政権が反乱法(=DS派の逮捕)、軍事、国家安全保障を実行します。国家権力のシンボルである核のボタンもトランプがもっているという。

バイデンは、法的(形式的)かつ実質的に、50州の大統領ではない。ペンタゴン(米軍総司令部)は、ミラー長官代行とともに、影の国家(DS)のひどい腐敗を知っているので、トランプ側についています。軍は、内部が腐っていないときは、「米国の正義」のために命をかけます。
反乱法は1月14日に、トランプによって発動されていました(メディアは報じていず、国民は知りません)。

【デクラスは、水面下(DE-CLAS=NSA(国家安全保障局)の機密解除)】就任式があった20日以降の軍事活動の展開は、まだ水面下です。

■1. 2017年1月の就任以来、トランプは次々に、世界の大統領と首相を屈服させてきた
【国際的な指導者たち】トランプの武器は、NSAにファイルされた「機密情報と動画」でした。武力は使わず、世界の多くのトップが犯してきた「死刑に相当する重大犯罪の数々」を暴くことによって、でした。欧州の宗教的指導、王家と貴族、政治家、国際金融資本、多国籍企業のCEOたちです。主流派メディアは、それを知ることなく報じることはできなかたのです。
この間、トランプは13回の暗殺未遂を受けたという。ドルの通貨システムに手を付けたリンカーンと、FRBではなく政府通貨を作ったケネディは暗殺されています。理由は、R家の通貨発行利益を阻害するからです。
犯罪の中身は、「この世のものと思えない、おぞましいもの」でした。全部が、世界で100万人(米国内で80万人:平均年齢13歳)とされる児童誘拐と、麻薬的な医薬(アドレノクロム)にからむものです。
以下の3つの動画に、概要が収録されています。Qアノニマスの組織が編集したものでしょう。
2021年1月まで、21年間も密かに、しかし綿密に、実行のタイムラインが準備された戦略です。なお、これと同じ詳細情報は、NSAが、公式のファィルとしてもっています(20万ページの極秘ファイル)。Qアノンは、政府のNSAの別動隊であったことも、明らかにされると考えています。
▼トランプの機密行動のビデオレター(2017年〜2020年6月)「世界では、隠された、何かが起こっている。それは、メディアから得るのではなく、自分の目で見るしかない」
リンク
リンク
リンク

◎すべてのデクラス(de-classification:機密開示のビデオレター):約1時間30分
リンク 
R家、宗教的指導者、西欧の王室と貴族、政治的リーダー、多国籍企業のCEOの、積年の、児童**にからむ悪事を暴いたものです。全部が、デクラスとして予告されたことの概要です。これらが、2020大統領選挙の不正の後を待って、デ・クラス(国家機密の解除)して公開が計画されていたものの全貌です。

【国内のDS派(影の国家組織)】元大統領、副大統領を筆頭にして、米国内に巣くったDS派(政治家、上級官僚、知事、市長、判事)を一掃する機会にしたのが、トランプ側が2018年から予想していた「2020大統領選挙での大規模な組織的不正」でした。トランプ側は、これに罠をしかけ、自ら進んで罠にかかってくるのを待っていたのです。2021年1月20日からの、NSAのファイルの「DE-CLAS(デクラス:機密解除)」は、現在、水面下で行われています。見ておくと、2021年3月からの、世界で展開される大きなことがわかるでしょう。最大のものは、通貨です。

米ドルはゴールドや国の資産に立脚したQFS(クォンタム・フィナンシャル・システム:量子金融システム)のマネーになっていくからです。この金融システムでは、R家(金融の奥の院)が裏から支配してきた中央銀行システムでの、通貨発行利益での国民所得からの搾取ができなくなるのです。いわば、14%くらいの社会福祉用の消費税以外の所得税は、要らなくなるのです。政府は、「発行した国債残×金利率=国債の金利」の支払いに、所得税を充ててきたからです。それが、無償で国債を買った中央銀行の利益であり、約100間、BISにおいて、世界の中央銀行を統括してきたR家の利益でした。端的に言えば、「所得税のほとんど=R家」の利益でした。国民からの、究極の搾取構造が、中央銀行システムでした。
 
  List
  この記事は 363715 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_363974
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
364143 米国情勢。議会、軍、メディアの状況(吉田繁治氏) 匿名希望 21/02/01 PM08
364075 米国の状況を把握する一つのネタ元となっている「Qアノン」とは何か 蔵端敏博 21/01/29 PM11
363996 アメリカ時間24日夜、ディープステートのおひざ元のワシントンDCで停電 本田真吾 21/01/26 PM10

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献


『るいネット』は、48年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp