この記事の読者は累積12427人です。
 
日本人と縄文体質
363538 縄文人が最も念じていたのは自然の摂理への同化、同一化であり、翡翠とはその中の”再生”を身に着ける最大の象徴だった
 
ブログ 縄文と古代文明を探求しよう! 21/01/13 AM00 【印刷用へ
縄文時代を貫通して重宝されたのは黒曜石と翡翠です。黒曜石はナイフや刀としての道具として用途は明快ですが、翡翠は装飾品として狭義に捉えられてしまいがちです。しかし翡翠は産地が限られているにも関わらず北海道から沖縄まで広く遺跡として分布しており、相応な役割があったものと推察されます。
それは贈り物でもあり、さらに縄文人の精神世界に密接に関わる何かがあったものと思われます。縄文時代を通じて念じていたものがあると思われます。
下記の記事の中にそれは“再生”というキーワードで書かれていました。これは翡翠に限らず 続きはこちら
 
  List
  この記事は 363370 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_363538
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献


『るいネット』は、48年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp