この記事の読者は累積11752人です。
 
新しい男女関係(→婚姻制)の模索
361951 女の身体はめんどくさい!?
 
女の職場話 20/11/22 AM09 【印刷用へ
40代に突入して、体もちょっとずつトーンダウンというか、無理をすると後に響くし、不調は放っておいたらもっと悪くなる…という、緩やかな下り坂を感じます。。。

そんな中、女性ならではの毎月の生理もしんどいな〜、そもそも40過ぎてほとんど妊娠の可能性もないのに、なんで閉経まで(だいたい50歳前後)の10年近く、まだ生理と付き合わねばならないのか??なんて思ったのです。

そこで、ブログにはよく登場してもらう(笑)、うちの現小5の長男に上記の質問をしてみました!
そしたら…!

「ワンチャン(ス)狙いだよ!」
「子どもができる可能性はゼロじゃないし…誰かが産めるかもしれないじゃない」

(◎_◎;)
確かに!!! 40代でももちろん妊娠可能性はあるし、経産婦だったら今までの経験を生かしてよりよい子育てが出来そう…。

そういう面もさることながら、人類という種の適応の問題として、真剣に応えてくれる長男から気づかせてもらったのは、「自分の女の体を、本当に『種を存続させるための女のカラダ』と思ってなくて、単なる自分の都合で振り回せる肉体」と思っていたということ!! 

まさしく「個人の身体」と思っていて、心=共認は集団が原点であるのに、身体は自分のものだと思っていた!!!

だから「好き勝手生きるのに都合の悪い、めんどくさい生理」と思っていたΣ(゚д゚lll)

私自身このブログや実現塾でいろいろ学ばせてもらって、「男女同権は女の敵」361621とかわかっていたのに、まだまだ観念支配されていました…。学校や親や、マスコミの「女の体はめんどくさい」と洗脳されて、進化の歴史の中で生き延びようと可能性収束してきた「女の身体」のことをわかってなかった…。

改めて男女同権、その観念がどれだけ生命原理に反するか、固定したいと思います!

気になる続きはコチラ☆→リンク
 
  List
  この記事は 361736 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_361951
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
362114 女の笑顔が集団の空気をつくる 女の職場話 20/11/28 PM03

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献


『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp