この記事の読者は累積1545人です。
 
マスコミに支配される社会
361928 2020大統領選の実態
 
匿名希望 20/11/21 PM00 【印刷用へ
リンクより


* * *
オーストラリアの警察が目覚め始めている。ピーター・リトルという男性が動画(4:00~)で言っている。
「政府はコロナの統計を認めた。もう一つ1967年から天候を人工的に操作する事を政府が認めていた事が明らかになった。気象変動は自然だけではなく人工的に操作されていたのだ。70名の警察内部告発者が出てきて、今回のコロナの嘘に関しても警察官達も嫌気がさしていて、暴動の警備に立ち会うのももう嫌なのだ。これは陰謀論ではない。アレクサンダー・クーニー・シニアによって指揮されたニュー・サウスウェールス州の70名の署名のある6ページの証言があり、これを警察に提出する。ヴィクトリアは人類史上最も長いロックダウンを強いられている。この書類は爆弾的告発になる!我々は立ち向かう!」

フランスでも皆が一丸となって立ち向かっている姿が見られています。(7:00~動画) 良い傾向です。

大統領選の投票問題について:動画1:(8:50~9:54あたり) 投票箱からの収集はUSPS(郵便局の従業員)しか収集してはいけないはずだが彼らは明らかに制服を着ていない。動画2:(10:35~12:10) こちらの方は車のライセンス・ナンバーなども撮影していますので証拠がもっとはっきりします。不正の収集がここでも起きています。通行人の女性は、目の前で不正が起きているのに全く気づかずに「なんで撮影しているの?」と録画の方を気にしています。この様な目覚めていない女性を見るとがっかりします。

(中略)
ケンタッキー州のライブ中継の映像でも問題が発覚した。最初の画像を見ると上のライブ中継の投票数と下のCNNの中継結果が同じ数字になっていますが、一瞬コメンテーターの顔がアップにされた次の瞬間、投票数が変わってしまっている。民主党は560票上がっているのに対し、共和党は560票下がったのだ!同じ数字だけ移動された。共和党は0.1%下がっている。ソフトウェアが操作しているという事だ。下のCNNの数字を見ると変わっていないのが分かる。ハマー、スコアカードとドミニオンという名前のソフトウェアがあるようだが、この最後のはナンシー・ペロシにリンクしているのだ。電子的に投票を盗んでいるのだ。

 一瞬コメンテーターの顔がアップにされた次の瞬間、投票数が変わってしまっている。

連邦検察官シドニー・パウエルがFoxNewsで報道「この不正操作された投票数に関して、裁判所に今訴訟を申し出ています。ロシア疑惑から始まり、これはクーデターです。バイデン のラップトップにも暴露された内容しかり、この大掛かりな詐欺を暴く必要があります。トランプ大統領は、これに強く立ち向かって行かなければなりません。」(マイケル・フリンの弁護士:フリンは、トランプ大統領に国家安全保障問題担当大統領補佐官に任命されていたがロシア疑惑で起訴となっていた。しかし2020年5月FBIの捜査担当者に不正があったとして司法省は起訴を取り下げた。)

(中略)

トランプは実は史上最大級のおとり捜査を仕掛けていた。このおとり捜査では、監視カメラで全ての投票場をモニターしており、投票用紙には透かしも入っており、QIS(量子情報科学)のチップも入っていた。スティーブ・ピチェニク博士の証言の動画→(先日こちらのブログで紹介したもの)

ヒラリーの時と同様にバイデン にとっても束の間の喜びとなる。フランク・パヴォン神父もこう発言している。「バイデンは勝利していない。まだどちらも勝利していない。メディアの無知、民主党の無知がアメリカの国民を騙そうとしている。メディアが報道したからと言ってバイデンが法的に勝利を獲得した事にはならない。

有権者が大統領候補者に票を投じる「一般投票」は11月3日に終了した。この後12月15日に、各州で選挙人団が集会し「選挙人投票」が行われる。最終的には2021年の1月6日に公式となるのだ。それまでは確定ではない。報道ではprojected winnerという言葉を使っているはずだ。これは「推定された勝利者」という意味で、一つの意見にすぎない。

メディアはどうか勝手な報道をするのをやめて下さい。」
 
  List
  この記事は 361696 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_361928
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献


『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp