この記事の読者は累積2028人です。
 
アメリカ:闇の支配構造と略奪戦争
361867 2020年の選挙はトランプ大統領が宣言した「国家非常事態」のもとで行われ、それは選挙と選挙運動のインフラ不正アクセスへの罠だった
 
小川泰文 ( 32 新潟 会社員 ) 20/11/18 PM10 【印刷用へ
リンク
より引用です。

トランプ大統領は、2018年9月12日に「米国の選挙で外国の干渉が発生した場合に特定の制裁を課すための大統領命令」に署名し国家非常事態を宣言。これは現在も続いており、今後、何が起きるかを理解するための重要なポイントだと言うマイクさん。

今回の不正は、カナダのDominionとスペインのScytl*(ソフトウェア会社 )なので、この大統領命令の外国の干渉に当てはまる。*TGP(The Gateway Pundit)によるとScytlはジョージ・ソロスと民主党に繋がっていてビル・ゲイツも株を所有。

Great Game Indiaは、米国連邦選挙委員会のTrey Trainor議長は、2020年の米国大統領選挙は違法であると考えているとレポート。

トランプ大統領の2018年の大統領命令が米国司法省に、大統領選挙で外国の干渉を支援または隠蔽した個人、または企業のすべての資産を差し押さえる権限を与えているのを人々は見落としていると語るマイクさん。

これには、大統領選のフェイクニュースやプロパガンダを流したものも含むと書かれているらしく、CNN, The New York Times, The Washington Post, MSNBCも対象下に。

マイクさんの予測ではフェインステイン上院議員とシフ上院議員らを含む約80%の民主党議員が対象になるだろうと。

マイクさんは、大統領命令に書かれている「報告された選挙の結果を変更すること」に注意!と。これはまさにビッグ・テックやフェイクニュース・メディアがやったこと。ただの犯罪ではなく反逆罪になる。大統領命令により、文字通り政府は一夜で今回の不正に関与していたすべての人、企業、組織の資産を差し押さえることができると。

下の動画で、不正選挙詐欺の「驚異的な統計的証拠」と「驚異的な証人の証言」があり、外国の干渉についても確かな証拠があると語るシドニー・パウエル弁護士。

シドニーさんは上の動画で、ドミニオンはウゴ・チャベスが不正投票で勝利するためにベネズエラで作られた。ドミニオンは中国、ベネズエラ、キューバが資金提供していて証拠はしっかりある。またシドニーさんはトランプ大統領はランドスライド(地滑り的勝利、大勝利)していたと。始終ポーカーフェイスで語るシドニーさん、悪者をガッツリ、徹底的に退治する気迫がヒシヒシ伝わりました。

テキサス州共和党ルイー・ゴーマート議員は、米軍がScytlのサーバーファームを襲撃したと述べた。

この襲撃はCIAのドイツ・フランクフルトにあるサーバーファームを標的にし、それはウィキリークスの文書からも確認できる。

ドイツの日刊紙「Süddeutsche Zeitung」はこの建物にCIAエージェント、NSAスパイ、軍のシークレットサービスの本部になっていて広大なネットワークがあることを報じていた。このためCIAはサーバー襲撃作戦から完全に排除された。

米国の大統領選挙の不正は中共や外国のグローバル主義らによって実行されたことは明確。

不正操作した投票システム会社がカナダ、スペインに加え、CIAのリアルタイム不正操作は、ドイツ、そしておそらくセルビアにあるサーバーを使い、中国、ベネズエラ(富裕層の人たちが投資した噂があるとか)以外に3〜4カ国が関与したことになる。

マイクさんが今後トランプ大統領がすぐに実行できる4つのことを挙げている。

 1)2020年の選挙を盗もうとしていた民主党、ディープステイトの資産をすべて差し押さえ逮捕可能。

 2)ビッグ・テック企業やメディアのすべての宣伝機関を没収可能。これには twitter.com,YouTube.com, Facebook.comなどのドメイン名の取得が含まれる可能性あり。

 3)不正選挙の圧倒的な証拠を明らかにすることで民主党を永遠に打ち負かすことが可能。そしてそれは将来的に投票者IDシステムが全国で求められることになるだろう。

 4)トランプ大統領は、優秀なリーダーとして2期目の大統領の座を確固たるものとする。

再集計や投票の認証はもはや重要ではない。
トランプ大統領はすでにこの選挙で勝利を収めた。
 
  List
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_361867
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献


『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp