この記事の読者は累積33699人です。
 
日本人と縄文体質
361102 日本人の色彩感覚の底流は自然との同化から受け継がれている。
 
ブログ 縄文と古代文明を探求しよう! 20/10/19 PM09 【印刷用へ
日本人の色彩感覚や美意識は、日本とその他の国に大別されるほど、特異な違いがみられます。それは、狭い国土と、辺境の島国により他国の侵略を受けなかったことにより、縄文以来、独自の文化を維持し、その文化を基礎に他国の文化を受けいれ、加工し、独自文化に塗り重ねてきた結果だといえます。
建築様式にしても、機能面の応用に加え、あくまでも美にこだわり続けてきました。 五重の塔の屋根を支える梁構造でも、中国伝来の放射状に伸びる梁構造とは異なり、屋根を支えるという力学的実用性に背を向け、視覚的な美しさを求めて四方に平 続きはこちら
 
  List
  この記事は 360750 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_361102
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献


『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp