この記事の読者は累積34036人です。
 
生物の起源と歴史
361086 環境電流と電気合成生態系 〜電気を食べる生物はいつからいたのか?〜
 
ブログ 生物史から、自然の摂理を読み解く 20/10/19 AM00 【印刷用へ
>熱水噴出孔から噴き出す熱水には、電子を放出しやすい硫化水素や水素が多く含まれ、放出された電子が熱水噴出孔の硫化水素の中を移動する事で電気が流れ、それにより持続的にエネルギーが供給されていたと考えられています。<「最初の生命は、深海の熱水活動域で電気をエネルギー源として生まれた」
前回 「電子だけを食べて生きる電気生命体」〜電気エネルギーと生物〜 に引き続き、生物と電気エネルギーはどんな関係があるのか? 今回は、環境電流というもの、環境電流に影響を受けている可能性のある生態系(電気合成生態系)に 続きはこちら
 
  List
  この記事は 360886 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_361086
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献


『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp