この記事の読者は累積11863人です。
 
心の本体=共認機能の形成過程
361066 快感回路の原点?〜くすぐり遊び〜
 
女の職場話 20/10/18 AM09 【印刷用へ
こんばんは☆

子どもって、くすぐられるのが大好きですよね☆

「こちょこちょして☆」ってねだってくるのに、こちょこちょしたら身もだえして避けようとする、でもそのこと自体をむっちゃ喜んでて、本気では避けてない。なんだか挑発されてる気分になるので、こっちもわざとジラしたり、不意打ちをかけたりしちゃいます♪

その行為、やり取り全てが充足ですよね(*^^*)

前回、セックスでイケない女(不感症)も増えている><。。と書きましたが、そういう女性には「自分はくすぐられても、くすぐったくないタイプなんです〜」と言う人も多いとか。

理由はいろいろあるみたいですが、幼少期になんだか「くすぐったがる=負け」のような気がして、我慢してるうちに感じなくなったとか。くすぐったがる時の変顔を見られるのが嫌だとか。

なんだか、もったいないし、感覚(本能)に蓋をしてしまっている感じ。

今回は、幼児期のくすぐり遊びが、いかに情緒の発達に大事で、子どもの成長に欠かせないか。スキンシップ充足が大事とはよく言われますが、それは単に身体、肌が触れているというだけではない、心のやりとり(情動の共有)、共感が伴うものであることがよく分かる論文から紹介します。(スマホやテレビを見ながらおっぱいでは、充足できないということとも繋がります。)

男女間の「性」ではないけれど、「毛のないオラウータン」である人類(特に女)が、進化の過程で可能性収束した密着充足、性機能(快感機能)進化の土台になるものだと思います。

続きはこちら♪⇒リンク
 
  List
  この記事は 360921 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_361066
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献


『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp