この記事の読者は累積12451人です。
 
私権原理から共認原理への大転換
361062 縄文体質は未来を拓く(最終回)〜眠っている縄文体質はいつ、何をきっかけに表出するか。BIがきっかけにはなるが、本質は別のところにある。
 
ブログ 縄文と古代文明を探求しよう! 20/10/18 AM00 【印刷用へ
最終回はこのシリーズをダイジェストしてみます。各回の記事のエッセンスを抜き出しました。シリーズを通してBIが縄文体質=日本人の活力再生に一役を与える事は示唆してきましたが、シリーズの締めとして、BIはきっかけにはなるが、やはり本質は別のところ、つまり集団のあり方や人としての生き方、観念と心(共認)の整合などもっと深い地平にありそうです。性の再生や解放がBIだけでは語り切れないのはそこかもしれません。次のシリーズに向けて新たな課題です。
自然”・“職人気質”・“仲間意識”・ “はたらく”・“性”・  続きはこちら
 
  List
  この記事は 360991 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_361062
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
361212 コロナ禍でも変わらぬ、日本の秋の色合い 持国天 20/10/23 PM08

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献


『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp