この記事の読者は累積1441人です。
 
新しい共認勢力
358898 おめでとう、スウェーデン。そして、ありがとう。その中で我々のほうはただ退化していく
 
匿名希望h ( 中年 福岡 技術者 ) 20/07/31 PM08 【印刷用へ
スウェーデンのコロナの関する記事を読んでいると、いかに我々はマスコミに洗脳されているか・・・。
表題の記事がInDeepさんに記載されています。引用させて頂きます。
リンク
(以下途中から引用)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「嫌いだったものが好きになった」ことが嬉しくて
(途中から引用)
スウエーデン国家の「人々を弾圧しない」という態度と、そして、それを受ける国民の態度は、尊敬に値するとしか言えないものであり、スウェーデンという国と、その人々はこの世界で最も私たちが参考にしなければならない人たちだと知ることになりました。

他の多くの国や地域が「間違った価値観で命というものを評価」する中で、スウェーデンは、新型コロナウイルスに対して多数の死者が出る中でも、人々の生活をいっさい変えずに突き進みました。
(途中略)

そして、現在、スウェーデンは新型コロナウイルスでの死者がほぽ出ない毎日に戻っていて、この後はわからないとはいえ、「パンデミックは終わった状態」となっています。

これは、7月に入ってすぐの頃の以下の記事でも取り上げましたけれど、基本的には同じように、もはや脅威がほとんど存在しないまま現在に至っています。
(途中略)

それは、スウェーデンが結果として、新型コロナウイルスの対策に成功したから褒めているのではないのです。

仮に、スウェーデンの「何もしない」という対策が失敗して、とんでもない数の人々が感染し、亡くなったとしても、「それでもその方法を貫いていたなら」、私はさらに感動したと思います。

「人間は、どんな理由の下でも、誰にも束縛されるべきではない」というスウェーデン国家の考え方に感動したのです。死が問題ではなく、「人間の魂」の問題です。
(途中略)

いずれにしましても、スウェーデンの「何もしない」というやり方は、この数カ月のあいだ、欧米諸国などから、ボロクソに言われ続けてきました。

たとえば、すでにスウェーデンでの新型コロナウイルスの新たな感染者数も、死者数もほぼ落ち着いていた1ヵ月ほど前でさえ、米のニューズウィークは、以下のようにスウェーデンを公式の報道で罵っていました。タイトルに「後悔?」とあるあたりに「悪意」を感じられると思います。

スウェーデンが「集団免疫戦略」を後悔? 感染率、死亡率で世界最悪レベル

新型コロナウイルス対策でロックダウン(都市封鎖)を行わず、集団免疫戦略を取るスウェーデンで6月17日、約1カ月ぶりに1日の死者が100人を超えた。19日時点で感染者数は5万6043人、死者数は5053人に上る。人口100万人当たりで換算すると、感染者数も死者数もアメリカに並び世界最高レベルに達している。 (Newsweek 2020/06/23)

政治や報道の人々などを含むエリートたちの思想の根底にあることは、「人民などは押さえつければいい」ということであることが、この記事のタイトルでもよくわかります。エリートは「自由という観念が最も嫌いな集団」であるのかもしれません。

何しろ、ロックダウンに感染抑制の効果など何もないことがわかっていたこの 6月下旬の時点で、このようなことを書いているのです。

ニューズウィークが「スウェーデンの感染率、死亡率は世界最悪レベル」と記事にした後の展開は以下のようになっていて、どの主要国よりも抑制に成功しています。

あるいは、以下の記事に書いたような「悔しさ」もあるのかもしれません。

なぜ多くの欧米メディアは「スウェーデンの何もしない対策」を否定したがるのか。それは「自分たちはロックダウンで苦労しているのに日々楽しく暮らしているスウェーデンが許せない」という心理的葛藤である模様
In Deep 2020/05/05
(途中略)

科学的にロックダウンや行動の制限に意味がないことがはっきりしている今でも、それを再開したり、強化するという行動の真意には、「もっと人類を退化させる」という目的と、「さらに人々の健康と免疫を低下させる」という意図があると今は思っています。

その後、どうしようとしてるのかは知らないですが、こういうのを陰謀論云々と言われてしまったら、それまでですが、「実効的な意味がないのがすでに明白なのになぜ?」ということに関して、メディアも政治家たちも誰も何も言いません。

マスクや過剰な消毒もそうですけれど、人類の退化と免疫低下を目的とする巨大なプロジェクトの一端と思わざるを得ない部分はそのあたりにあります。

このような時代だからこそ、多くの人々に、

・真の健康とは何か
・生きているということの幸せの意味は何か
ということを今いちど考えていただきたいようには思います。

そして、現代の西洋医学の観念全体に対して言いたいことは、「人間は機械ではない」ということです。

人間は、精神と身体と常在菌が常に直結しており、そして、人間というのは「人と人のコミュニケーションから成立する生き物」であり、そして、人間というのは、あらゆるバクテリアや微生物たちと共生して生きており、ビタミンDやメラトニンなど、多くの生命のために必要な要素を太陽からいただいている。

生命体としては、基本的にそれだけのことです。
そして、いつか死ぬ。この「いつか死ぬ」という部分を必死で否定するのが現代医学です。「死ぬほど苦しみながらでも生きやがれ!」
という西洋医学の理念は、果たして正しいでしょうか?
(引用終わり)
 
  List
  この記事は 358283 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_358898
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
359106 パニック障害の人はできるだけ「マスクを避けたほうが望ましい」医学的理由。そして私は、子どもや若者たちの胸腺が萎縮した病的な社会の出現を懸念している 匿名希望h 20/08/08 PM07

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献


『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp