この記事の読者は累積601人です。
 
もはや学校は終っている
358061 正解思考を脱して、仲間との追求へ
 
女の職場話 20/06/30 PM09 【印刷用へ
こんばんは☆

自分の頭でモノを考えるには?

中高年の自分自身の思考を振り返っても、それを阻んでいるもののひとつに、「正解思考」があると感じています。(学校教育に従順で、優等生な人ほど、陥りやすいのかも・・・)

前回取り上げた「完璧思考」に近いのですが、この「正解思考」は正解ではないこと=マイナス評価を極度に恐れる、というところで余計に厄介かなと思います。
どこかに「正解」があると思い込んでいるので、それが分かるまでは(マイナス評価になるかもしれないから、怖くて)何も発信できないという感じです。

例えば、仲間から何か指摘を受けたときも、「何を言ったら皆は許してくれるのかしら?」といったズレた意識に陥ったり、下手をすれば指摘されたときの自分の感情すら「分からない」と答えるほど、自分を守ろうと潜在思念を封鎖してしまうのです。

正解思考、何が問題でしょうか?どうしたら突破できるでしょうか?
続きはこちら⇒リンク
 
  List
  この記事は 357859 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_358061
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献


『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp