この記事の読者は累積44679人です。
 
人類の起源と人類の拡散
352827 世界の血液型因子(A・B・O)の分布図
 
ブログ 共同体社会と人類婚姻史 20/01/15 AM00 【印刷用へ
「知識の泉Haru’sトリビア★世界の血液型とその分布を知ろう!」リンクから転載。

血液型因子分布の世界平均は、 A23% B11% O66%

A型因子の分布図
A型は北欧から西ヨーロッパにかけてに多く、 A型の最も多い地域は北スカンジナビア、特にモンタナのブラツクフットインディアン(30-35%)、オーストラリア原住民(多くのグループが40-53%です)、ラップ人か、サミィの人々(50-90%)です。

B型因子の分布図
 B血液が最も多いのは中央のアジアで、比較的多いのがアフリカです。少ないのがアメリカ大陸とオーストラリアです。

O型因子の分布図
O血液型は世界中で一番多く、分布比率が100%に近いのが中南米の原住民、オーストラリア原住民と西欧(特にケルト族の先祖がいる人口における)です。 O型が少ないの東欧と中央アジアで、そこで多いのがB型です。 続きはこちら
 
  List
  この記事は 352666 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_352827
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献


『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp